fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

Web制作事業ハウツー
治療院の集客はなぜ最寄駅がカギ?ホームページでの訴求方法を解説
2019/05/11

マッサージを受ける女性
治療院の数は多く、その競争はますます激しくなっています。お客様に来院してもらうためには、他院との差別化が重要です。

この記事では、最寄駅で一番の治療院になるためのポイントと集客法を紹介します。

目次

治療院への集客を加速させる5つポイント

治療院店内イメージ

具体的な治療院の集客方法の説明をする前に、まず治療院への集客をスムーズにするために、あらかじめ準備しておきたい、集客のポイントを5つご紹介します。

来院すべき理由を伝える

治療院の数はコンビニよりも多いと言われ、クイックマッサージなども含めると店舗数は大幅に増えています。

数が多いだけでなく、「治療院」「整骨院」「整体院」「カイロプラクティック」などと種類も多いため、一般のお客様からすると何を基準にどこを選べばよいのかわかりにくくなっています。

それだけに、自院ならではのメリットをアピールして、他院ではなく自院を選ぶべき理由を説明することが大切です。

どのような悩みを解決できるのかを伝える
治療院を探している人の悩みはさまざまです。

・腰痛に悩んでいる
・膝が痛い
・肩こりを何とかしたい

この悩みを持った人が、その悩みを親身になって解決してくれる治療院を探しています。

その人たちに応えるためには、自院であればどのような悩みを解決できるのかを明確に伝えることがポイントです。

施術法の説明よりお客様にとってのメリットを伝える
他店との差別化を図るために「○○式整体術」「○○式マッサージ」のように施術法をアピールする治療院もありますが、それだけでは集客にはつながりにくいでしょう。

来院するお客様にとって、どのような施術法なのかは、あまり問題ではありません。それよりも、その施術法でつらい痛みや悩みから開放されるかどうかが重要なのです。

ですから、来院すればどのようなメリットがあるのかを伝えると、それがお客様にとって来院すべき理由になります。

競合を調査する

最寄駅で一番の治療院を目指すなら、競合の調査は欠かせません。出来ることなら、一度実際に施術を受けてみて確認するのがオススメです。

競合調査で確認すべきポイント
・施術方法
・価格
・スタッフの人数
・診療時間
・院内の雰囲気
・接客態度

商圏内で競合となる治療院をピックアップして、施術法や価格、スタッフの人数、診療時間などを調べてみましょう。

また、実際に施術を受けて、施術法や院内の雰囲気、接客態度などを確認すると、より具体的に競合治療院の強みと弱みが見えてくるでしょう。

競合が何に特化しているのかも重要
調査する際に特にチェックしたいのが、競合が何に特化しているかです。

たとえば、「腰痛ならあの治療院」と商圏内で認識されている治療院が近くにあれば、そのジャンルで一番になるのは簡単ではありません。

もし、自院で得意なのが腰痛であったとしても、別な切り口にしたほうが一番を目指しやすくなります。

どんな層のお客様が多いのか
商圏内のお客様に目を向けることも大切です。高齢者が多いのか、ビジネスマンが多いのかなどによって、訴求すべきポイントも変わってきます。

お客様目線になって、どのようなニーズがあるのかを探ってみましょう。

他院と差別化する

商圏内の競合を調査したら、それを踏まえて他院との差別化を図りましょう。そのために効果的な方法が、USPを作ることです。

USPとは
USPとは、「Unique Selling Proposition」の略で、「独自の売り」や「独自の強み」という意味です。USPをわかりやすく言うと、「お客様に対して自院だけが約束できる利益」ということになります。

代表的なUSPの例
USPの代表例としては、ドミノピザの「焼きたての熱いピザを30分以内に届けられなければ無料」、QBハウスの「カットの時間は約10分。価格は1080円」などが挙げられます。

このように、他院と差別化できる自院独自の売りを一言で言い表せるようにするのがポイントです。

治療院のUSPの具体例
・1回の施術で腰痛が楽になった人92%
・駅から1番近い治療院
・夜11時まで診療中!お仕事帰りでも楽々

例えば、上記のようなUSPを作れば、自院独自の売りを端的に伝えることができます。

ただし、腰痛を売りにしている競合が多ければ腰痛はUSPになりませんし、夜11時まで診療している治療院が多ければ診療時間はUSPにはなりません。

USPを作る際には、競合よりも優位に立てるポイント、ユーザーのニーズを踏まえて作ることが大切です。

作ったUSPは、そのままチラシやホームページのキャッチフレーズとして使うのがおすすめです。USPがお客様に認知されると、口コミでUSPが広がる効果も期待できます。

ターゲットを明確にする

USPを作ると、それに合わせてターゲットも絞り込まれてきます。

たとえば、「腰痛」をUSPにしたのならデスクワーカーなど腰痛になりがちな人がターゲットとなりますし、「夜11時まで」をUSPにしたのなら仕事帰りのサラリーマンやOLがターゲットになるでしょう。

よりターゲット像を明確にするためには、その人は何歳ぐらいで、どのようなことで悩んでいるのか、どのようなライフスタイルなのか、などについて考えることが必要です。

ターゲット層を明確にするためのペルソナ設定
ペルソナとは架空の顧客像のことで、性別や年齢などの属性はもちろん、職業や家族構成、年収、趣味などについても、あたかも実在する人物のように詳細に設定します。

ペルソナを設定すると、ターゲット像が明確になり、どのようなメッセージを発信すると効果的なのかも見えてくるようになります。

再来院を促進する仕組みを作る

集客というと、どうしても新規客の集客に注目してしまいがちです。しかし、リピート率をどう高めるかが人気治療院になるための重要なポイントになります。

新規顧客獲得はコストがかかる
新規客を獲得するのにかかるコストは、既存客に再来院してもらうのに比べて5倍以上かかるとも言われています。

リピート率を高めれば集客に苦労することもなくなるので、利益率を大きく高めることも可能です。

施術計画を示し来院する重要性を理解してもらう
治療院の場合は、少し調子がよくなると来院しなくなるお客様もいます。このような失客をふせぐためには、きちんと施術計画を示すことが大切です。

最初に問診や検査を行ったら、具体的な施術計画を提示します。

そのうえで、来院するたびに施術の効果、現在の状況、次回施術の内容や期待できる効果をきちんと伝えると、来院することの重要性を理解してもらうことができます。

また、リラクゼーション的なリピート性の高いメニューであれば、会計時に次回の予約を取る、お得な回数券を販売する、会員制にするなどの施策を行うとリピート率を高めることができるでしょう。

具体的な治療院の集客方法

自院のUSPやターゲットを明確にしたら、今度は実際に集客するための方法について、具体的に見ていきましょう。

チラシ

商圏が限定される治療院にとって、配布エリアを細かく設定できるチラシは最適の媒体といえるでしょう。

ターゲットとなる人が多い住宅街などに配布すれば、高い集客効果が期待できます。

チラシにはUSPと来院のメリットを掲載
チラシの冒頭では、まずUSPを掲載しましょう。

たとえば、「夜11時まで診療中!お仕事帰りでも楽々」とUSPを記載したら、その後にターゲットに対して呼びかけると効果的です。

「残業が多くてお疲れのサラリーマン・OLの方へ」のようにすると、対象となる人に「私のことだ」と思ってもらえるので、チラシに注目してもらうことができます。

そのうえで、来院するとどのようなメリットがあるのかを説明しましょう。

信頼性を高めるために、お客様の体験談や感想を掲載
さらに、そのメリットが真実であることの証拠として、お客様の体験談や感想を掲載すると情報に対する信頼性も高まります。

・仕事の疲れが翌日に残らなくなった
・施術を受けた次の日はスッキリ起きられる

例えば、上記のようなお客様の声を掲載すると、チラシを見た人は来院することの効果を、より具体的にイメージしやすくなります。

割引クーポンなどの特典を掲載
チラシに割引クーポンや特典を掲載すると、初回来院を促すのに効果的です。その際は、「○月○日まで」「○○名様限り」のように限定性を訴求すると、より反応率は高まります。

ホームページ

痛みを楽にしてくれる治療院を探す、自分の悩みを解決してくれる治療院を見つけたい、そんなときはスマホやパソコンを使って検索するのが一般的です。

それだけに、治療院の集客にホームページは欠かすことができません。

ホームページでもチラシと同様に、USP、ターゲットへの呼びかけ、来院することのメリット、それが真実であることの証拠となるお客様の声、などを掲載すると高い集客効果が期待できます。

WordPressを使用してホームページを作成する
ホームページは、WordPressなどのCMSを使って作成するのがおすすめです。

WordPressでホームページを作成すれば、パソコンの管理画面からページの作成や更新が簡単にできるようになります。

ブログ機能で情報を提供し、集客につなげる
また、WordPressはブログ機能を備えているのが特徴です。ブログ機能を使って、ターゲットにとって役立つ情報を提供すれば、集客にもつながります。

・肩こりが改善する3分体操
・お風呂でできる腰痛改善マッサージ

このような情報を継続して配信すると、定期的にホームページにアクセスするファンも増えてきます。

「この人はすごいノウハウを持っている」「この人の施術を受けてみたい」と思ってもらえるようになれば、遠方からの集客も期待できるようになります。

ポータルサイト

ポータルサイトをうまく利用すると、コストをかけずに集客することができます。

Googleマイビジネス
Googleマイビジネスは、Googleが実店舗を持つ企業向けに行っている集客サービスで、治療院の名前や住所、マップ、電話番号、ウェブサイト、営業時間、写真、紹介文などを無料で掲載可能です。

Google検索、マップに表示される情報を一元管理でき、治療院の名前で検索されたときに大きく目立たせることができます。

院内の写真を使ってバーチャルツアーをしてもらうこともできるので、治療院の雰囲気を知ってもらうのに効果的です。

エキテン
エキテンは、日本最大級のクチコミサイトで、無料で店舗情報を掲載できます。

駅名や地域名でそのエリアにある治療院を検索できるので、お客様に見つけてもらいやすいというメリットがあります。

掲載できる情報量も多いので、治療院からのお知らせや施術メニュー、クーポンなどを掲載して集客につなげることも可能です。

実際に施術を受けたお客様の口コミが掲載されますので、その口コミ効果での集客も期待できます。

SNS

情報を収集するのにSNSを利用する人も増えており、治療院の集客にSNSは見逃せないものになっています。

Facebook
Facebookは、現実社会でのつながりを背景にネットワークができる傾向が強いため、地域性の高い治療院にはおすすめのSNSです。

Facebookページを利用すると、個人ではなく治療院のページを持つことができます。

ターゲットの役に立つ情報を投稿してホームページに誘導し、アクセス数を増やすことが可能です。また、Facebookページには予約ボタンを設置できる機能もあるので、直接集客につなげることもできます。

LINE@
再来院促進に効果的なSNSがLINE@です。

来院したお客様に友達登録してもらうと、一対一のコミュニケーションだけでなく、クーポンを一斉配信して予約を受け付けることもできるので、高い集客効果が期待できます。

治療院の集客に欠かせない自院のホームページ

治療院の集客を考えるうえで、重要となるのが、自院のホームページの作成と、コンテンツの充実です。しっかりとしたホームページを持つことのメリットを見ていきましょう。

来院前のホームページチェックは当たり前

何も情報を検索せずに、お店にふらっと立ち寄るようなお客様は、今の時代あまり多くありません。

自身が通える範囲にある治療院をネットで検索して、自分の悩みを解決してくれそうな治療院を、ホームページをチェックしながら探すのが一般的です。

そのため、ホームページを持っていないと、そもそも来院の検討すらされないという事態にもなりかねません。

遠方からの来院も期待できる

ホームページ内で、自院の強みや実績、お客様の声などを、継続して掲載することで、それを見た人の来院を期待することができます。

こうしたお客様は、その治療院に対して魅力を感じているため、例え自宅から遠くても、わざわざ足を運んでくれる可能性が高いです。

ホームページのコンテンツを充実させていくことで、遠方からの来院を期待できるのも大きなメリットだと言えます。

そのほかの集客方法との相乗効果を得られる

チラシを配るにしろ、SNSに取り組むにしろ、ホームページがあれば、そこにアクセスを流すことで、自院の魅力をより詳細に伝えることが出来ます。

例えば、チラシだけではスペースに限りがありますが、そこにQRコードを載せることで、チラシからホームページへ誘導することも簡単です。

また、広告の出稿を考えた際も、ホームページがあるとないとでは、広告効果が大きく異なってきます。

(関連記事)
予約がザクザク入るホームページ!治療院集客に欠かせない9ポイント

他院と差別化して最寄駅で一番になろう!

最寄駅で一番の治療院になるためには、競合の状況やお客様のニーズを把握したうえで、USPを作ることがポイントになります。

自院ならではの独自の売りが明確になれば、他院と差別化するのに効果的です。チラシやホームページでUSPをアピールして、最寄駅で一番の治療院になりましょう。

ホームページ制作、集客でお困りでしたら、
弊社の無料相談をご利用下さい。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP