fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

SEOWeb知識
Googleが掲げる『コンテンツイズキング』とは?質の高いコンテンツが勝つ理由
2019/04/06

インターネット検索上位3位の表彰台イラスト
ユーザーが検索した際に、Googleはその検索意図を読み取って最適な検索結果を表示しようとします。
そこで、重要になるのがコンテンツの内容です。
この記事では、Googleが高く評価するコンテンツの質について説明します。

目次

Googleがコンテンツの質を重視する理由

複数の書類を虫眼鏡で覗くイラスト

かつては、Googleのアルゴリズムの精度が高くなかったため、単純にキーワードの多いWebページや被リンクの数だけが多いWebサイトを検索結果に表示していたことがありました。
そのため、検索したキーワードとは関連性の低い広告サイトや内容の薄いWebサイトが検索結果の上位を占めるようなこともあったのです。
このような検索結果を表示していたのでは、Googleの検索エンジンの価値が低くなってユーザーから支持されなくなってしまいます。

そこでGoogleでは2012年に「パンダアップデート」と呼ばれる大規模なアルゴリズムの変更を行いました。
パンダアップデートによって、内容が薄いWebサイト、質の低いWebサイトは検索結果から押し出され、質の高いコンテンツが上位に表示されるようになったのです。

Googleは、「検索品質評価ガイドライン」でコンテンツの「E-A-T」を重視するとアナウンスしています。E-A-Tとは「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness (信頼性)」のことで、これを意識したコンテンツ作成が重要です。

高評価のポイント1:検索ユーザーが求めているコンテンツ

検索結果で上位に表示されるためには、検索するユーザーが必要としている情報であることが大前提になります。
ユーザーは知りたいことや解決したい問題があって、Googleを利用します。
そのため、ユーザーの検索意図に沿った情報を提供するのがポイントです。

たとえば、「金魚 飼い方」で検索した場合、金魚の種類、必要な道具、餌のやり方、水を変えるタイミングなどの情報が充実したWebサイトが上位に表示されることが推測できるでしょう。

このように、上位表示を狙うキーワードで検索する際に、ユーザーはどのような情報を求めているのかを踏まえて、それに合ったコンテンツを掲載するのが重要です。

ユーザーの「知りたい、解決したい」という思いに応えるコンテンツ、特に専門性の高い情報であればGoogleの評価もより高くなります。
また、検索結果はあくまでも相対評価ですので、実際にそのキーワードで検索して競合がどのようなコンテンツを提供しているのかをチェックすると、コンテンツを作るうえで参考になるでしょう。

高評価のポイント2:信頼性の高いコンテンツ

クオリティレベルチェックシートのエクセレント項目にレ点を入れる画像

どれほどユーザーの検索意図に沿ったコンテンツであっても、情報そのものの信頼性が低ければ、高く評価されることはありません。
コンテンツを提供する人物がその分野に詳しい専門家であれば、情報の信頼性は高まります。
たとえば、魚屋さんが書いた「簡単に魚を三枚におろすコツ」という記事は信頼して読むことができるでしょう。
クリーニング屋さんが提供する「自宅でできる洋服のシミ抜き法」も信頼できる情報です。
しかし、これが逆だったら、信頼するのは難しいでしょう。

また、信用できるデータを引用するとコンテンツの信頼性が高まります。
「総務省が行った調査によると」「消費者庁が発表したデータによると」というように政府機関や権威のあるサイトからの引用であることを示すと、Googleからの高評価につながります。

コンテンツのクオリティも重要です。
ユーザーが読んで理解できるか、もっと詳しく説明できる箇所はないかなどの視点でコンテンツを作成すると、Googleからも評価される記事になるでしょう。

高評価のポイント3:オリジナル性の高いコンテンツ

Googleに高く評価されるためには、コンテンツのオリジナル性も重要です。
ありふれたコンテンツでは高く評価されることはなく、意図的に他のサイトのコンテンツをコピーしたようなWebページは評価されないどころかGoogleのペナルティ対象となることもあります。
たとえば、「簡単に魚を三枚におろすコツ」や「自宅でできる洋服のシミ抜き法」という記事には、似たような記事がたくさん存在するはずです。

しかし、自分の体験に基づいた情報や知識に基づいた見解などを記載すればオリジナル性の高い記事となります。
特に、実体験に基づく情報をていねいに紹介すれば、机上の空論でないことが読者にも伝わり、信頼を獲得することができます。
他のWebサイトにはない、新鮮なコンテンツを提供すれば、Googleから高く評価されるでしょう。

高評価のポイント4:被リンクの多いコンテンツ

ハートから人が数珠つなぎに広がっているイラスト

Googleは自然な被リンクの多いコンテンツを高く評価します。
これは、被リンクの多いコンテンツはE-A-Tが充実していると、Googleが判断するからです。
ただし、自作自演で増やした被リンクは、不自然な被リンクとしてGoogleのペナルティ対象となることもあるので注意が必要です。
検索するユーザーにとって役立つコンテンツ、信頼性の高い記事であれば、引用や参照されることも多くなって被リンクされるケースも増えてきます。

特に話題性や速報性の高い記事は、被リンクされる可能性が高いでしょう。
また、SNSなどでコンテンツの内容やURLを告知することで、被リンクを増やす効果が期待できます。
Google Search Consoleを利用すると、自分のWebサイトの被リンクの状況を知ることができます。
どのページへの被リンクが多いのかをチェックして、コンテンツ作りの参考にしましょう。

ユーザーファーストを意識してGoogleに評価されるコンテンツを作ろう!

スマートフォンを操作する微笑む女性

Googleではユーザーファーストを掲げて、検索したユーザーに最適な検索結果を表示するためにアルゴリズムの変更を続けています。
そのため、ユーザーにとって役立つコンテンツを提供することが最良のSEO対策となるのです。

Googleから高評価が得られるよう、ユーザーファーストを意識してコンテンツ作りを進めていきましょう。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP