fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

Web知識マーケティング事業ハウツー
まるわかり!美容系店舗がよく使うクーポン広告のメリット・デメリット
2019/03/30

ネイルサロンの店員

エステサロンやヘアサロンなどビューティ系の店舗のオーナーなら、クーポン広告サイトを検討したことがあるのではないでしょうか。一番有名なホットペッパービューティーと楽天ビューティの特徴や料金体系について紹介します。

目次

クーポン広告サイトのメリットとデメリット

スマートフォンで口コミを見る女性

ビューティ系店舗の集客法には、ホームページやSNS、チラシなどがありますが、見逃せないのがホットペッパービューティーや楽天ビューティなどのクーポン広告サイトです。
ビューティ系店舗の予約サイトとして利用するユーザーが増えているため、メインの集客方法として利用しているサロンも多いでしょう。
ユーザーからすると、掲載店舗が多いうえに、地域ごとのサロンがすぐに見つけられるというメリットがあります。
お得なクーポンを利用して、すぐに予約できる便利さが受けて、利用するユーザーも増えているのです。

口コミやキャンペーン情報などサロンの最新情報を知ることができるのも魅力でしょう。
サロンからすると、集客力の高さが大きなメリットです。
自店のホームページを作って、SEO対策を行ってユーザーに見つけてもらいやすくするためには、手間も時間もかかります。

しかし、クーポン広告サイトを利用すれば、すぐに集客することができます。
クーポン広告サイトのデメリットとしては、掲載費用が高額な点と毎月継続的な広告予算がかかるというのが挙げられるでしょう。
顧客獲得単価が高くなる傾向があるので、その後の囲い込み、リピート創出がポイントになります。

ホットペッパービューティーの特徴

パソコンを使う女性の手

ホットペッパービューティーは、日本最大級のビューティ系クーポン広告サイトで、株式会社リクルートライフスタイルが運営しています。
掲載できる業態は、「ヘアサロン」「エステサロン」「ネイルサロン」「まつげサロン」「リラクサロン」「整体サロン」の6つです。
全国をカバーしているだけに利用するユーザーも多く、年間のネット予約数は約6800万件で、1秒に約2.6人が予約していることになります。
自分に合うサロンを探す場合、インターネットで検索するのがあたりまえになってきました。

たとえば、「地域名ヘアサロン」「地域名エステサロン」のキーワードで検索すると、ホットペッパービューティー系のページが上位を独占します。
このSEO対策の高さもホットペッパービューティーの特徴です。
ほとんどのユーザーは、検索結果の1ページ目しか見ませんので、高い集客効果が期待できます。

また、ホットペッパービューティーに掲載すると、予約・顧客管理システムが利用できるという特徴があります。
ネット予約はもちろん、電話での予約なども、ここで一元管理することが可能です。
顧客管理や売り上げ管理、集計・分析など便利な機能も備えています。

ホットペッパービューティーの料金体系

ホットペッパービューティーの掲載料金は掲載エリアや期間によって異なりますが、次のプランが用意されています。
「プラチナプラン」「バリュープラン」は、検索結果の上位枠に表示されるので注目度が高いプランです。
表示順位はプラチナプランが1~3位、バリュープランが4~5位となっており、多くのユーザーの閲覧が期待できます。
サロンのトップ写真が10種まで掲載できるのも特徴で、お店の魅力を伝えるのに効果的です。
オープン告知やキャンペーン告知、差別化を図りたいサロンにおすすめのプランといえるでしょう。

「シンプルプラン」は中位置に表示されるため、比較的注目度の高いプランです。
表示順位は6~7位とバリュープランの下に表示され、サロンのトップ写真は3種まで掲載可能です。
ある程度予算を抑えてオープン告知やキャンペーン告知を実施したいサロン、新メニューを打ち出したいサロンなどにおすすめのプランといえるでしょう。

「ライトプラン」「ライトSプラン」は、シンプルプランの下位に表示されるプランです。
表示順位はライトプランが8~9位、ライトSプランが10位となっており、サロンのトップ写真は3種まで掲載可能です。
新規客の集客や既存客の予約促進に効果的なプランといえるでしょう。

楽天ビューティの特徴

楽天ビューティは、ホットペッパービューティーに次ぐ大手ビューティ系クーポン広告サイトで、楽天グループが運営しています。
楽天ポイントが使えることもあって、楽天会員を中心に人気を集めています。
楽天グループのシナジー効果が特徴で、総アカウント数1億以上の楽天会員への訴求、楽天市場との合同メルマガなど、楽天ならではの高い集客力が魅力です。
また外部の約600サイトと提携しており、楽天グループ以外のユーザーにもアプローチすることができます。

毎月の掲載料金は無料で、予約のあった場合のみ課金されるという成果型の課金システムになっているのが特徴です。
固定費が0円のため、リスクが少なく費用対効果の高い集客活動ができるのが、楽天ビューティの大きなメリットといえるでしょう。

ただし、ホットペッパービューティーと比べると、サロンの掲載数が少ないという側面があります。
ホットペッパービューティーよりもコストを抑えて告知できますが、ユーザーの目には触れにくくなります。
特に地方の場合は掲載店舗数が少ない傾向があるので、物足りないと感じるユーザーも多いでしょう。

楽天ビューティの料金体系

費用対効果のイメージ

楽天ビューティの料金体系は成果型の課金システムになっています。
登録するための初期費用は5万円ですが、月額費用は無料で利用可能です。

電話予約の場合には1件につき1000円、ネット予約の場合は施術料の15%が成果料金となります。
これ以外に、月300円の電話転送システム料、1分30円の成果通話料が必要です。
仮に、電話で5件、ネットで5件の予約が入り、平均施術料金が6000円の場合には、「電話:1000円×5件=5000円」「ネット:6000円×15%×5件=4500円」で、合計9500円の成果料金となります。

顧客獲得単価が1000円程度なので、費用対効果の高い集客が可能です。
また、オプションとして検索結果に上位表示させるプランも用意されていますが、掲載料金はエリアや期間によって異なります。
固定費がかからないので、ネット予約を始めてみたい、クーポン広告サイトを試してみたいというサロンにおすすめといえるでしょう。

クーポン広告サイト活用のポイント

ホットペッパービューティーと楽天ビューティを紹介しましたが、ホットペッパービューティーのほうが掲載店舗数が多く、検索結果の上位を占めるため、高い集客効果が期待できます。
それだけに、クーポン広告サイトはホットペッパービューティーの独占状態といっても過言ではありません。
その中でホットペッパービューティーには高い集客力がありますが、掲載料が高額になりがちな傾向があります。
都心の場合には、1カ月あたり50万円以上、高額だと100万以上の月間掲載費用が必要になることもあります。


優秀な営業マンを1人雇っていると考えれば、決して高い金額ではないかもしれませんが、何人集客できるかが重要です。
少しでも多くのお客様に来店していただくためには、ホットペッパービューティーで自分のサロンをどう告知するかがポイントになります。
まず、来店してほしいお客様を絞り込んで、その人たちにアピールすることが大切です。

たとえば、「毎朝のヘアスタイリングで困っている人」「お肌のシミで悩んでいる人」のようにターゲットを絞り込んで、そのターゲットにメッセージを届けるようにしましょう。
すると、対象となる人の胸に響くので、集客につながりやすくなります。
また、一度来店したお客様をしっかり囲い込むことも重要です。
会計時に次回の予約をしてもらう、次回来店時に使えるクーポン券を渡す、スタンプカードを作るなどの手法で再来店率を高めましょう。
再来店率が高まり既存客が増えれば、クーポン広告サイトに頼らない集客も可能になります。

クーポン広告サイトの特徴を理解して活用しよう

クーポンのイメージ

集客力は高いが掲載料も高額になりがちなホットペッパービューティー、固定費は0円だが掲載店舗数が少ない楽天ビューティ、それぞれに特徴がありますので、それをしっかりと理解したうえで利用することが大切です。
クーポン広告サイトをうまく活用して集客につなげていきましょう。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP