fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

Web制作Web知識事業ハウツー
【必見】ネットショップ(ECサイト)を開業するには?おすすめのサービスを徹底比較!
2021/02/12

ネットショップの開業
ネットショップ(ECサイト)の市場は年々右肩上がりで成長しています。

経済産業省が行った「平成30年度電子商取引に関する市場調査」によると、日本のBtoC-EC市場は2019年までに19兆円を超える規模にまで成長していることが報告されています。

また昨今は、新型コロナウイルスの影響によっても、ネットショップ市場がさらに脚光を浴びることにつながりました。アフターコロナの時代でもさらなる市場規模の拡大が期待でき、参入を検討している企業も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ネットショップのメリットやデメリット、必要なものを見ていきながら、ネットショップを開業するにあたっておすすめのサービスを比較して紹介します。今後、ネットショップの導入を検討しているという方はぜひ参考にしてください。

目次

ネットショップとは

ネットショップとは

ネットショップとは、インターネットを通じて商品やサービスを購入できるサービスのこと。ECサイトやオンラインショップなどとも呼ばれています。パソコンやスマートフォンの普及とともに、ネットショップも私たちの生活にとって身近なものとなっています。

ネットショップのメリット・デメリット

近年、急激に市場規模が拡大しているネットショップには、急成長の理由を裏付けるようなメリットもあれば、もちろんデメリットもあります。導入を検討するにあたっては、導入したことによって得られるメリットとデメリットを確認したうえで、天秤にかけて判断しましょう。

ネットショップのメリット

ネットショップには、「全国の顧客に向けて販売することができる」「24時間販売できる」「実店舗型に比べて気軽に出店できる」「情報をデータ化しやすい」という4つのメリットがあります。一つずつ詳しく見ていきます。

全国の顧客に向けて販売することができる
インターネット上の店舗であるため、導入すれば実店舗の所在地に縛られることなく、インターネットを使用している人、つまり全国の顧客に向けて販売を行うことができます。対象となる顧客の総数は格段に増え、自社の商品やサービスが人の目に触れる機会も自然と増えます。

24時間販売できる
実店舗のようにスタッフが待機している必要がないため、営業時間を設けず24時間365日の間ずっと、商品を販売しつづけることができます。顧客の購入機会を増やすことができ、「商品を購入したいけど営業時間内に行けない…」といった人にも購入のチャンスを提供できます。

気軽に出店できる
出店の際に場所代や建物代といった多額の経費や、大掛かりな準備は必要ありません。運用費も実店舗に比べて少額に抑えられるので、ローリスクで出店することが可能です。

情報をデータ化しやすい
ツールを用いることによって、店舗の運営に役立つデータを手軽に収集することができます。商品を購入した顧客の年齢層やどのくらいの人がネットショップにアクセスしているかなど、実店舗に来店した顧客からデータを取るより、簡単に正確なデータが手に入ります。

ネットショップのデメリット

ネットショップには「購入者が商品を手に取って確認できない」「口頭で商品の魅力を伝えることができない」「発送準備やサイトの更新などの作業が増える」という3つのデメリットがあります。順に解説していきます。

購入者が商品を手に取って確認できない
インターネット上に出店された店舗のため、購入者は商品を手に取って確認することができません。そのため、「服の色合いが思ったのと違う…」「靴のサイズ感が微妙に合わない…」というように購入者が想像していた商品と届けられた商品にギャップが生じてしまう危険性があります。

そうならないためにも、ネットショップを導入する際は、返品を可能にしたり、鮮明な商品写真を多数掲載したり、文章で商品の情報を詳細に説明したりといった工夫が必要不可欠です。

口頭で商品の魅力を伝えることができない
サイトに商品を掲載して写真や文章で説明を補う形になるため、実店舗のように口頭で商品の魅力を伝えることができません。商品に対して興味を持ってもらうには、価格や注文特典、商品説明や写真など様々な分野で趣向を凝らす必要があります。

発送準備やサイトの更新などの作業が増える
ネットショップという新たな舞台に進出すれば、その分やらなければならないことも増えます。商品の注文対応や発送準備、商品登録を含めたサイトの更新など、実店舗の業務に新たな業務が加わることも心に留めておいてください。

ネットショップの開業に必要なもの

ネットショップの開業に必要なこと

ネットショップを開業するには、ネットショップならではの準備が必要です。ここでは、ネットショップ開業に必要な費用・出店場所・集客についてご説明します。

費用

ネットショップの開業にかかる費用は、開業に使用したサービスの利用料だけではありません。

ネットショップで売り出す商品の製作費または仕入にかかる費用、配送に使用する梱包資材、商品写真の撮影を行うカメラや撮影機材、PCやプリンターなど、目的によって細かい費用が発生する可能性があります。

ネットショップの開業を検討する際は、発生する可能性が高い費用を細かく洗い出したうえで判断してください。

出店場所

ネットショップを開業する際には、まず出店場所を決める必要があります。出店場所の型によってそれぞれの強みがあるため、狙いを明確にしたうえで出店場所を検討しましょう。ここでは代表的な出店場所を3つご紹介します。

オープンソース型
オープンソース型とは、ネットショップ運営に必要な機能が揃ったソフトを、自社のサーバーにインストールして作るECサイトです。ソースコードが無償で公開されているため、自由にカスタマイズすることができ、独自性の高いECサイトを作ることができます。

デメリットとしては、セキュリティ対策やシステム構築、トラブル対応を自社で担うため技術力のあるスタッフが必要である、カスタマイズに費用がかかってしまうなどといった点が挙げられます。

モール型
モール型とは、一つの大きなモールの中に複数のショップが出店して形成されているECサイトです。最大のメリットは、集客力があるということです。出店するモール自体の利用者が多いので、潜在顧客が集まっている場所で商売をスタートさせることができます。また、モールに出店していることから、ショップの知名度がなくても顧客の信頼を得やすいのもメリットの一つです。

一方で、出店料や利用料が必要であることが多く、他のショップと商品の価格競争になりやすかったり、自ショップのブランディングが難しかったりといった側面もあるので、その点に関しては注意が必要です。

ASP型
ネットショップに必要なシステムをレンタルしてつくる形のECサイトをASP型と呼びます。商品を比較されにくいため価格競争に巻き込まれづらく、簡単にしっかりとしたデザインのサイトが構築できるといった強みがあります。システムを提供している会社が存在することから、サーバーの管理やアップデートへの対応も自社で行う必要はありません。

その反面、提供されているシステムの機能以外のことはできず、集客も自己努力となってしまいます。

集客

ネットショップはインターネット上に溢れています。その中から自身のショップを見つけてもらわなければ、スタートラインに立つこともできません。特に、モール型以外の方法で出店しているショップにとっては成功のカギを握っているといっても過言ではありません。以下に集客方法を4通り紹介します。

広告
Web広告からの集客はメジャーな集客方法です。中でも、リスティング広告(キーワード連携型広告)がよく用いられています。広告を打つのに費用がかかるものの、検索キーワードを指定して広告を表示できるので、購買意欲の高いユーザーを集客できる集客方法として支持されています。

SEO施策
Web広告に次いでメジャーな集客方法として、SEO施策があります。SEOは「サーチエンジン最適化」を意味し、Yahoo!・Googleなどの検索結果で上位に表示されやすくすることや、サイトをクリックしてもらいやすくすることを目的として施策を行うことです。サイト内部で対策する内部SEOと、サイト外部から対策する外部SEOがあります。

SNS
TwitterやInstagramなどのSNSを使って集客する方法も、若い層を中心に活用する人が増えています。うまく運用できれば、商品の知名度アップが期待できます。まずは商品の魅力を伝えるのに適したSNSを選びましょう。いまやSNSの種類は豊富で、選ぶSNSと商品の相性によって効果の出方も大きく変わってしまう可能性があります。ユーザーの反応をデータ化してくれる機能がついたSNSも多いので、データを見ながら運用の方向性を変えていくのがおすすめです。

ブログ
商品に関わる分野のブログを書くことで、顧客のキーワード検索によってブログに辿り着いたユーザーを集客することも可能です。商品紹介に誘導しやすいブログのテーマを選べば、ブログの流れからECサイトの顧客にスムーズにつなげられるでしょう。

ネットショップ開業におすすめのサービス

ネットショップの開業におすすめのサービス

ここからはネットショップの開業におすすめのサービスをご紹介します。それぞれの特徴を理解したうえで、自社に合ったサービスを選びましょう。

サングローブEC

サングローブ株式会社が提供する、ECサイト構築を全面サポートしてくれるサービスです。WordPressをオリジナルカスタマイズしたECサイトの構築から、文章作成・写真撮影・プログラミングまでプロが一手に引き受けて制作してくれるので、知識がない方でも待っているだけでクオリティの高いECサイトが作れます。主な費用はサイト制作費用で、ECサイト運営について回りがちなランニングコストは決済代行手数料のみと、ほとんどかかりません。

また、全てのテーマにブログ機能が搭載。商品に関わるテーマのブログを定期的に更新することで、商品に興味があるユーザーとマッチングする確率が上がり、潜在顧客を獲得できます。広告費をかけずに、サイトの知名度や店舗の認知度をアップが見込めます。

詳しくはこちら↓
ECサイト構築を全面サポート | サングローブ株式会社

楽天市場

楽天株式会社が提供する、楽天市場というECモールにネットショップを出店するシステムのサービスです。モール型ながら商品ページの自由度が高く、Amazonなどに比べてブランディングしやすい・リピーターを獲得しやすいという特徴があります。希望するネットショップの規模に応じて3つのプランが用意されており、プランごとに月額出店料やシステム利用料・登録可能商品数などが変わります。

Amazon

アマゾンジャパン合同会社が提供する、「Amazon」というECモールに商品を出品するシステムのサービスです。サイトや商品ページのデザインはシンプルなものに統一されています。その他のECモールに比べて出品までの工程を簡単かつスピーディーに行うことができ、固定費も比較的抑えられるという特徴があります。

BASE

BASE株式会社が提供する、あらかじめ用意されたデザインや機能を選びECサイトを構築できるサービスです。「かんたんさ」ということに重きを置いており、操作が直感的に分かるため、サイトをスピーディーに立ち上げ・編集・運営することができます。また、商品が売れた場合に手数料がかかる仕組みのため、初期費用もかかりません。

Yahoo!ショッピング

ヤフー株式会社が提供する、「Yahoo!ショッピング」というECモールにネットショップを出店するシステムのサービスです。最大の特徴は、モール型には珍しく無料で出店できるということです。必要なのは決済手数料とTポイント負担の1〜15%・アフィリエイトパートナー原資の30%(アフィリエイトを経由した売り上げの場合)のみで、初期費用や月額固定費・販売手数料といった費用がかからないのは魅力です。

MakeShop

GMOメイクショップ株式会社が提供するECサイト構築サービスです。機能性と自由度の高さが特徴で、デザインは170種類以上のテンプレートから選ぶことができ、プログラミングの知識があればコードをいじってサイトのオリジナリティを上げることも可能です。プランに応じた初期費用や月額固定費がかかる代わりに販売手数料が無料なので、売れば売るほど利益が出る仕組みです。

COLOR ME

GMOペパボ株式会社が提供するECサイト構築サービスです。初期費用が無料で月額固定費も低価格なので、気軽に始めやすいのが特徴です。テンプレートが用意されているものの、自分でHTMLを書き換えてカスタマイズすることも可能。アフターサポートが充実しているのも嬉しいポイントです。

EC CUBE

株式会社イーシーキューブが提供するオープンソース型のECサイト構築サービスです。基本的な機能が搭載された無料のソフトウェアをインストールし、用意された有料プラグインを利用して機能を追加したり、プログラムを改修したりすることで、オリジナリティのあるサイトにカスタマイズすることができます。コストを抑えつつ、サイトの拡張に力を入れたい方にはおすすめです。

独自のカラーで「選ばれる理由」を作る

独自のカラー

ネットショップを導入すれば、たとえ地方であっても店舗の場所に左右されず、24時間365日、全国の顧客に向けて商品を販売することができます。数多くのメリットからネットショップ市場は拡大を続けており、参入する企業があとを絶ちません。

そのなかで新たな課題として叫ばれているのが、「他社との差別化」です。どこからでも全国への販売が可能になったということは同時に、全国各地の企業が同じスタートラインに立つことができるということです。つまり、商品の価格・販売している商品・サイトのデザイン・集客方法など、どこかで他社との差別化を行わなければ、商品の購入はおろか販売ページを見てもらうこともできないでしょう。

サングローブ株式会社では、お客様の要望に真摯に向き合い、Web制作のプロフェッショナルがそのお店独自のサイトをつくりあげていきます。

ランニングコストを抑えたい
モールの価格競争に巻き込まれたくない
自社のカラーを押し出した綺麗なサイトが作りたい
SEOで安定した集客をしたい
Webの知識に不安があるのでプロに頼りたい

上記がひとつでも当てはまった方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。当社から折り返しご連絡いたします。

独自のカラーで「選ばれる理由」をつくり、ネットショッピングを成功に導きましょう。


(本文・ミツドメ)

SHARE

PLEASE CONTACT US

サングローブのサービスにご関心のある方は、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP