fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

SEOWeb制作マーケティング
Googleアナリティクスの基本!絶対見るべき5つのポイント
2018/05/23

googleアナリティクス資料とタブレット
Googleアナリティクスは複雑すぎて、使いこなすのは難しいと感じている人も多いでしょう。
この記事では、初心者なら絶対に押さえておきたいGoogleアナリティクスの5つのポイントについて紹介します。

目次




Googleアナリティクスとは?


タブレット
Googleアナリティクスは、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。
データを取得するためのトラッキングコードを自分のサイトの各ページに組み込むことで、Googleアナリティクスで解析できるようになります。

無料で利用でき、「サイトの訪問者数」「アクセスの流入元」「デバイスの種類」などのデータを把握することが可能です。
このデータをチェックすれば、サイトの改善点を見つけることにつながります。

たとえば、ユーザーがよく見るページを強化してコンバージョンにつなげる、離脱率の高いページを改善するなど、具体的な施策も見えてくるでしょう。
また広告を出稿した場合には、その広告効果についても知ることができます。
広告の内容やランディングページを見直すための貴重なデータとなるのです。


見るべきポイント1:全体のアクセス数


サイトへのアクセス状況を把握するためには、まず全体のアクセス数を把握することが大切です。
Googleアナリティクスにログインし、左メニュー「ユーザー」の「概要」をクリックするとユーザー数やセッション数を確認できます。

ユーザー


ここに表示されている「ユーザー」とは、サイトを訪問した人数であり、新規に訪問したユーザーと再訪問したユーザーの数を知ることができます。
右上の期間をクリックすると、指定した期間の訪問者数の変化を見ることも可能です。

セッション


「セッション」とは、訪問回数を表す数字です。
たとえば、1人が2回サイトを訪問すれば、「ユーザー:1」「セッション:2」となります。ただし、30分以内の訪問はすべて1回としてカウントされます。

ページビュー


「ページビュー数」は見られたページの数です。
たとえば、1人が1回の訪問で5ページを見れば、「ユーザー:1」「ページビュー数:5」となります。

直帰率


「直帰率」とは、最初にアクセスしたページだけを見て、サイトを離脱してしまった人の割合です。
この直帰率を下げることが、コンバージョンの改善にもつながります。


見るべきポイント2:ユーザーのデバイス


タブレットとスマートフォン
Googleアナリティクスでは、どんなデバイスでホームページを見ているのかを知ることができます。
「ユーザー」メニューの「モバイル」→「概要」をクリックすると、「desktop」「mobile」「tablet」の種類別にユーザー数やセッション数、直帰率などのデータが表示されます。

スマホの普及に伴い、ホームページの見られ方も変わってきました。
サイトによっては、パソコンよりもスマホのユーザーのほうが多いこともあるでしょう。

同じサイトであっても、パソコンとスマホでは見え方が大きく異なります。
パソコンではしっかり目立っているのに、スマホのユーザーにはスルーされてしまうこともあります。

従来どおりパソコンを基準としたサイトでは、販売機会を失うことにもつながりかねません。
ユーザーがどんなデバイスでアクセスしているのかをチェックして、それに合わせた改善を行うことが大切です。


見るべきポイント3:アクセスの流入元


Googleアナリティクスでは、どこを経由してサイトにアクセスしているか、その流入元を知ることができます。

左メニュー「集客」の「すべてのトラフィック」→「チャネル」をクリックすると、流入元が項目別に表示されます。
「Organic Search」はGoogleなどの検索サイト、「Paid Search」はリスティング広告、「Display」はバナー広告、「Referral」は他サイトのリンク、「Social」はSNS、「Direct」は直接入力したURLからの訪問です。
さらに、それぞれの項目をクリックすると詳しい流入元が表示されます。

また、流入元が検索サイトの場合には、「集客」メニューの「キャンペーン」→「オーガニック検索キーワード」をクリックすると、どんなキーワードで検索してサイトを訪問しているのかを知ることができます。

Googleの暗号化によってキーワードが読み取れなくなったため、「not provided」が最も多く表示されますが、ある程度のキーワードを確認することが可能です。

より詳しくキーワードを知りたい場合は、同じくGoogleが提供しているSearch Consoleを利用するのがおすすめです。
サイトへの流入元や検索に使用しているキーワードを把握できれば、どこに重点を置いて改善すべきかについても見えてくるでしょう。


見るべきポイント4:見られているページ


黒板と裸電球
ユーザーが最初に見るページがサイトのトップページとは限りません。
広告から誘導したランディングページ、検索サイト経由でアクセスしたブログ記事などということもあるでしょう。
Googleアナリティクスでは、この最初に見ているページを知ることができます。
左メニュー「行動」の「サイトコンテンツ」→「ランディングページ」をクリックするとユーザーが最初に訪れたページ別にセッション数や直帰率が表示されます。
セッション数が多いのに直帰率が高ければ、他のページへの導線を強化するなど改善の余地があるかもしれません。

また、どのページが多く見られているのかも把握することが可能です。
「行動」メニューの「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」をクリックすると、ページビュー数の多い順にページ名が表示されます。
どのページが多く見られているか、つまりユーザーがどんな情報を欲しがっているのかを知ることができます。
訪問者の多いページを優先して改善すると、直帰率や離脱率を下げるなどの効果が期待できるでしょう。


見るべきポイント5:目標の達成数


目標達成グラフ
どんなサイトでも、開設・運営している目的があるはずです。
ECサイトであれば商品の販売でしょうし、企業サイトであれば見込み客の獲得ということもあるでしょう。

Googleアナリティクスでは目標を設定して、その達成数を知ることができます。
目標達成はコンバージョンともいわれ、商品の購入、資料請求、会員登録などがこれにあたります。

左メニュー「コンバージョン」の「目標」→「概要」をクリックすると、あらかじめ設定した目標の達成数を確認できます。
目標は複数設定でき、達成した数だけでなく、どのページを経由して注文に至ったのかなど、目標ごとの到達プロセスも把握することが可能です。
想定した導線どおりにユーザーを誘導できているかが確認できるので、サイトの改善に活かしましょう。


データを活用してコンバージョン率を改善しよう


Googleアナリティクスを導入したからといって、アクセス数や売り上げが増えるわけではありません。
得られたデータをもとに問題点を探り出して改善することが重要です。

たとえば、スマホからのアクセスは8割なのに注文が3割であれば、スマホサイトの改善が必要だと推測できるでしょう。
また、広告から誘導したランディングページの直帰率が高ければ、ページの内容に問題があるかもしれません。

このように、Googleアナリティクスのデータから仮説を立て、改善し、さらにその結果どう変わったかをチェックすることが必要になります。
このプラン・ドゥ・チェックを繰り返すことが、コンバージョン数の多いサイトにするためには重要です。


まとめ


Googleアナリティクスを導入したものの、メニューの項目がたくさんあって、どこを見ればよいかわからないという人も多いでしょう。
とりあえず、今回紹介した5つのデータを見れば、ユーザーの行動や目標の達成度合いを把握できます。

継続してチェックすれば、ユーザーの動きや検索順位に大きな変化があった場合でも、すぐに察知することが可能です。
1日1回チェックするのを習慣にして改善を重ね、コンバージョンにつながるサイトにしていきましょう。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP