最先端のWebマーケティングを発信するメディア

最先端のWebマーケティングを発信するメディア

美容室や飲食店の集客にInstagram(インスタグラム)を活用!

最終更新日:
SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

撮影した写真を活用してInstagram(インスタグラム、以下インスタ)をうまく運用することができれば、お店の集客につなげることが可能です。

この記事では、特に美容室や飲食店の集客にインスタを有効活用するポイントを紹介します。

Instagramが集客に効果的な理由

Instagramが集客に効果的な理由

インスタは写真を投稿、共有するSNSとしてだけでなく、若者を中心にファッションや食事、コスメ、雑貨などの情報を探すためのツールとしても利用されています。

写真を使って情報を直感的に伝えることができるのがインスタの大きな特長なので、Webサイトや他のSNSのように、長い文章を読まなければならないという手間がありません。

それだけに、投稿した写真を見て「おしゃれ」「かわいい」「美味しそう」などと感覚的に思ってもらうことができれば、来店の大きな動機づけとなります。

また、インスタは位置情報をつけて投稿することができるので、お店の場所を簡単に知らせることが可能です。プロアカウントにすればインスタ上で予約や購入まで完結させることができるのも魅力でしょう。知名度を上げるだけでなく、大きな集客効果が期待できます。

Instagramを集客に活用するポイント

Instagram

インスタをビジネスの集客に活用していくために、具体的にどんなところを意識して運用していけばよいのか、そのポイントについて見ていきましょう。

プロアカウントに切り替えよう

画面

インスタを集客に活用するためには、「プロアカウント(旧「ビジネスプロフィール」)」に切り替えるのがおすすめです。

プロアカウントへの切り替え方

インスタでプロアカウントに切り替えると、Facebookページと連携させることができるようになるので、事前に開設しておくことをおすすめします。ただ、先にインスタの設定を完了させておきたい場合は、「今はFacebookにリンクさせない」を選択することで、後から連携させることもできるので安心してください。

インスタのプロフィール画面で「設定」→「アカウント」→「プロアカウントに切り替える」の順にタップし、カテゴリーなどを選択すれば完了です。

企業用の「ビジネスアカウント」とクリエイター用の「クリエイターアカウント」から選べるのですが、美容室や飲食店のアカウントの場合は「ビジネスアカウント」で問題ないでしょう。

プロアカウントの機能

プロアカウントでは、メールアドレスと電話番号、住所を連絡先として登録でき、タップすることですぐに連絡が取れるようになるので、予約などを受ける際にも便利です。

また、「インサイト」という解析機能も搭載されており、フォロワーの数の変化や属性なども知ることができます。ちゃんとターゲット層に認知されているのか、どういった投稿がより反応を得ているのかなど分析することで今後の展開に活用させることができるでしょう。

お店の雰囲気が伝わる写真を投稿しよう

美容室
  • 商品、サービスに関連する写真
  • お店の外観や内装などお店の雰囲気が分かる写真
  • 親近感を持ってもらえるようなスタッフの写真

商品やサービスに関連する写真を投稿するのはもちろんですが、お店の外観や内装、スタッフなどお店の雰囲気が伝わる写真も掲載することが大切です。

たとえば、笑顔のお客様とスタッフが並んでいる写真がたくさん掲載されていれば、お客様を温かく迎えている店であることが伝わるでしょう。

インスタを通じて、お店の雰囲気や働いているスタッフ、来店されるお客様のあたたかな関係性などが伝わると、お店に親近感を持ってもらうことができ、初回来店時の敷居を低くすることができます。

そのためには、写真を投稿する前に、どんなイメージを伝えたいのかを明確にしておくことが大切であり、そのうえで、そのイメージに沿った写真を選んで投稿することがポイントになります。全体的に統一感を持たせることが、お店のイメージ作りやブランディングにもつながるのです。

ハッシュタグを活用しよう

インスタは投稿した人とハッシュタグから投稿を検索することができます。キャプションの一部から検索することはできないので、ハッシュタグの付け方が重要です。

2016年にアライドアーキテクツ株式会社が女性SNSユーザーを対象に行った調査によると、全体の76%、20代以下では89%の女性が情報を探すためにハッシュタグを利用しています。そのため、ハッシュタグを利用することで、探している情報をみつけてもらいやすくなるのです。

(参考:アライドアーキテクツ株式会社「女性SNSユーザーのハッシュタグ利用実態調査(SlideShare)」)

たとえば、美容室のインスタであれば、「#ヘアスタイル」「#ヘアアレンジ」、あるいは「#似合わせショート」のようなハッシュタグをつけると、ヘアスタイルを変えたいと思っている人や、自分に合った美容室を探している人の目に止まりやすくなるでしょう。

また、「#品川駅前」「#渋谷道玄坂」のように所在地を示すハッシュタグも集客に効果的だと考えられます。ハッシュタグは複数付けることができますので、うまく活用して集客につなげていきましょう。

投稿する写真に位置情報を設定しよう

位置情報

インスタを集客に活用するためには、お店がどこにあるのかを知ってもらうことが重要です。

プロフィールに住所や最寄り駅を掲載するのはもちろんですが、投稿する写真にも位置情報をつけるようにしましょう。

位置情報の設定方法

写真を投稿する際に「位置情報を追加」をタップして、住所を打ち込むと候補が表示されるので、該当する位置情報を選択します。

候補に該当する住所が表示されない場合には、Facebook上でその位置をスポット登録する必要があります。

登録したスポットに関連づけて写真を投稿すると、位置情報からも検索できるようになるので、近くにいるユーザーに見つけてもらいやすくなります。近所にお住まいの方は位置情報からお店を探す可能性があるので、できれば忘れずに設定するようにしてみてください。

また、ハッシュタグで最寄り駅名などをつけるようにすれば、より集客につながる可能性も高くなるでしょう。たとえば普段そのエリアを利用していない方が訪れた場合、土地勘がないためハッシュタグで人気のお店を探す可能性はおおいにあります。

業種別のInstagram活用法の具体例

ここでは、美容室や飲食店の具体的なインスタ活用法を見ていきましょう。

美容室での活用法

画像に特化したインスタは、美容室の集客に適しているといえるでしょう。

おしゃれなヘアスタイルやメイクに関する情報を探すためにインスタを利用しているという方方は多いのではないでしょうか。

  • ヘアカタログのように利用する
  • ヘアスタイル別にハッシュタグつける
  • スタイリング、ヘアアレンジのコツなどを紹介
  • キャプションを使ってポイントなどを説明

美容室におすすめの活用法として、インスタをヘアカタログのように利用する方法が挙げられます。

たとえば、「#ショートボブ」「#アッシュヘアー」のようにヘアスタイルやヘアカラー別にハッシュタグをつけて施術後のお客様の写真を投稿すると、ヘアカタログのように閲覧できるようになります。

また、自分でできるスタイリングやヘアアレンジのコツなど、プロならではのノウハウを紹介するのも効果的です。

キャプションも使ってポイントなどを説明すると、このサロンに行ってみたいと思ってもらえるようになるでしょう。

ハッシュタグとキャプションをうまく使いこなして他店との違いを明確にし、集客につなげていきましょう。

飲食店での活用法

飲食店

インスタは飲食店にもおすすめの集客ツールです。

多くのユーザーが、飲食店を探すためにSNS、特にインスタを利用しています。店内や料理の写真をどんどん投稿してお店の魅力をアピールしましょう。

  • 定番メニューや限定メニューなどの写真を投稿する
  • 来店時に写真を撮りたくなるように、インスタ映えを意識した盛り付け
  • アングル、ライティング、背景などにまでこだわる

人気の定番メニューや限定メニュー、新メニューの写真などを頻繁に投稿することでユーザーの目に触れやすくなり、来店意欲を高めることにもつながります。

投稿する際に重要になるのが、いわゆる「インスタ映え」です。どんなに美味しい料理であっても、「美味しそう」と感じさせる写真でなければ、逆効果にもなりかねません。

料理の盛り付けはもちろん、写真を撮る際のアングルやライティング、背景などにも気を配って、「食べてみたい」「行ってみたい」と思ってもらえる写真を投稿するのがポイントです。

また、見た目にもこだわった料理であれば、お客様が積極的にインスタに投稿してくれます。SNSで拡散されて、口コミによる集客効果も期待できるでしょう。

ネイルサロンでの活用法

ネイルサロン

商品価値を視覚的に伝えることが求められるネイルサロンにとって、インスタは集客ツールとして適しているといえるでしょう。

Webサイトにはたくさんの情報がありますが、検索の対象はテキストが中心になるため、目的のネイルの画像を探すのに時間がかかってしまうこともあるかもしれません。しかしインスタであれば、画像から好みのデザインを見つけることが簡単にできるでしょう。

  • 投稿するネイルの写真は、背景等を工夫して統一感を出す
  • 季節性や話題性が感じられるものもアップする
  • ハッシュタグを使い、ユーザーの目に触れる機会を増やす

ネイルの写真を投稿する際には、来店してほしいターゲットや伝えたいイメージを意識して、統一感を出すことが大切です。

たとえば、ネイルのデザインがまったく違ったものでも、背景を同じにするなどの工夫をすることで、統一感を持たせることができます。

また、投稿するネイルの写真は、季節性や話題性が感じられるものがおすすめです。トレンド感がアップするため、それに合わせたハッシュタグをつけて投稿することで、ユーザーの目に触れる機会も増えるでしょう。
ネイルサロンでも、ハッシュタグをうまく使いこなすことで集客の可能性は大きく高まります。

Instagramからホームページへの動線をつくる

ホームページ

インスタのキャプションには、直接URLを記載してもリンクをつけることは出来ません。しかし、インスタからホームページへの動線を作ることが出来ます。

  • プロフィール画面にURLを掲載
  • キャプションに@アカウント名を記載してプロフィール画面に誘導
  • プロフィール画面のURLから自社サイトへ誘導

インスタの投稿からホームページへのアクセスを流すためには、2段階の誘導が必要となります。

プロフィール画面にURLを掲載

インスタでは、投稿にはリンクを張ることは出来ませんが、プロフィール欄に限り掲載することが出来ます。

そのため、投稿時にキャプションからプロフィールページへ誘導し、そこから自社サイトへ導くという流れを作っていきます。

キャプションにアカウント名を記載する

投稿のキャプションから、プロフィール画面にスムーズに推移できるように、キャプション内には毎回アカウント名を記載しましょう。

例えば、「公式サイトはプロフィールからどうぞ ⇒ @アカウント名」など、簡潔な文章でかまいません。逆に長文にしてしまうと、せっかくの直感的に利用できるというインスタの特長が半減してしまう可能性があります。

キャプションからプロフィール→自社サイトへ誘導する

上記の2つを行うことで、投稿したキャプションからプロフィールへ誘導し、そこから自社のホームページへのアクセスを促せるようになります。

インスタでは直接集客に活用もできますが、できれば自社のホームページへ誘導し、見込み客やファンを増やせたらより効果的でしょう。

誘導先のホームページの準備も忘れずに

PC画面

インスタから上手く自社サイトへ誘導できたとしても、そのホームページの内容が魅力的でなければ、せっかくアクセスしてきた人を逃してしまいかねません。

自社のホームページ内で、アクセスしてきた人をしっかり取り込み、問い合わせの電話や、予約、商品・サービスの購入につなげていきましょう。

Instagramを集客に活用しよう!

インスタは、RTなどができないためTwitterなど他のSNSと比べると拡散力が弱い面もあります。ホームページへ誘導してユーザーを囲い込むことが重要になるでしょう。

写真に特化したインスタは、今回紹介した業種以外にファッション、花屋、エステサロンなど、ビジュアルが重要視されるビジネスにおいて特におすすめの集客ツールです。うまく活用して集客につなげていきましょう。

SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

UPDATE 更新情報

  • ALL
  • ARTICLE
  • MOVIE
  • FEATURE
  • DOCUMENT