fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

マーケティング
リスティング広告の効果が出ない?相性の悪い商材の特徴とは
2019/07/01


リスティング広告をうまく活用していくことで、広告予算以上の成果を期待できる場合もあります。
ただ、商品やサービスの種類によっては、リスティング広告にあまり向いていないものもあるので注意が必要です。
相性が良くないものに対して、何となく広告運用を行っていては広告予算を無駄にしてしまうこともあります。
今回は、リスティング広告で効果を出しづらいものについて見ていきましょう。

目次

相性が良くない商品やサービス

リスティング広告を運用する際には、宣伝しようとする商品やサービスとの相性を考えておく必要があります。
まず、競合他社が同じ商品やサービスを出している場合は、優位性に欠けるため注意が必要です。
価格などで差をつけ、差別化を図ってみましょう。
また、販売によって得られる利幅が小さく、リピートが見込めないものも向いていません。
広告費に対して利益が少なければ、広告運用を行うメリットが薄いからです。
販売単価をアップしたり、リピート購入をしてもらえる対策を施したりしましょう。

商品やサービスのブランド力が弱いものは、広告運用を行う前にブランディングに取り組む必要があります。
食品や家具、アパレルといったものは他のサイトでも販売されている場合が多いので、優位性を向上させることが大切です。
そして、新商品を販売する場合はディスプレイ広告などを軸に広告運用を考えてみましょう。
リスティング広告はキーワード検索を想定しているため、新しいものはなかなか検索されない傾向にあります。
また、広告を運用する目的をはっきりとさせておくことも重要です。
「問い合わせにつなげる」「来店客を増やす」といった明確な目的を設定しておかなければ、リスティング広告の強みをうまく活かせないでしょう。
これらの点を踏まえたうえで、リスティング広告に取り組んでいく必要があります。

競合サイトとの比較

Webを通じて商品やサービスを販売するときには、常に競合サイトと比較されている点を押さえておくことが大切です。
たとえば、書籍やミネラルウォーター、ゲーム機などは多くのサイトで取り扱われているものなので、そのままリスティング広告を出してもあまり成果につながらないでしょう。
これらの商品を取り扱う場合には、値下げや特典をつけるといった特徴を出していく必要があります。
競合サイトと同じ商品を扱っていても、価格優位性があったり在庫が豊富であったりすれば、リスティング広告で成果を出していけるでしょう。
期間限定で大幅な値下げを行い、一気に顧客を獲得するといった戦略でリスティング広告を活用する方法があります。

採算が合うのかを検討する

リスティング広告の特徴として、販売利益が少なくリピート購入が見込めないものについては、広告を展開しても採算が合わない傾向があります。
たとえば数百円の商品を販売するためにリスティング広告を利用したら、よほどコンバージョンがあがらない限り赤字になってしまう可能性が高いのです。
販売単価を引き上げるか、リピート購入をしてもらう工夫を施すといった対応が必要になります。
ただ、販売がメインというより商品やサービスの宣伝が目的の場合は、赤字でもあえてリスティング広告を出してみる価値はあるでしょう。

キーワード検索に向かない商材

商品名やサービスのジャンルが世間的に認知されていない商材は、リスティング広告には不向きだと言えます。
なぜなら、スティング広告はユーザーが検索に用いたキーワードに応じて表示するかしないかが決まる広告媒体だからです。
ユーザーが認知をしていない商材はそもそも検索ボリュームが少ないため、広告に触れるユーザーの母数が減ります。
積極的なユーザーではなく、何となく広告を眺める受動的なユーザーに対するアプローチであれば効果を出せる種類の広告もあります。
そうした場合はリスティング広告ではなく、ディスプレイ広告(バナー広告)の活用を視野に入れてみましょう。

ニーズ型とウォンツ型の違い

リスティング広告を運用しようとするときには、取り扱っている商材が「ニーズ型」か「ウォンツ型」かを見極めておく必要があります。
ニーズ型とは、「辛いものが食べたい」といったユーザーの欲求を満たす商材のことです。
確かなニーズは存在していても、特定の商材に対するアプローチには欠けるため、特定の商品名などで検索してもらえる確率は低くなります。
食品や家具、アパレルなどがあげられ、ニーズ型の商材は基本的にリスティング広告に向いていません。

この場合は商材のブランド力を高めることによって、ウォンツ型に近づけていくことができます。
ウォンツ型とは、ユーザーが特定の商材に対して具体的なイメージを持っているということです。
商材のブランディングが難しい場合には、モールに出店して商材の認知度をしっかりと高めていくほうが良いでしょう。

商材の特性を踏まえてリスティング広告を活用しよう!

リスティング広告はキーワード検索に連動しており、効果的に活用することで集客力のアップを図ることができます。
しかし、取り扱っている商材によってはリスティング広告が向かないものもあるので、広告運用を始める前によく確認をしておきましょう。
ほかの広告手法と組み合わせたり、価格優位性を持たせたりすることでデメリットを改善していくことが大切です。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP