fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

Web知識マーケティング
売れるリスティング広告!知っておきたいキーワード選びのコツ
2018/08/13

インターネットブラウザに値札が付いているイラスト

売り上げにつながるリスティング広告にするためには、キーワード選びが重要です。
この記事では、受注可能性の高いユーザーを効果的に呼び込むためのキーワード選びのコツについて紹介します。

目次

目標を設定しよう

グラフが描かれている沢山の書類にペンで書こうとしているスーツの男性

リスティング広告を運用するにあたっては、目標設定が重要です。
目標があいまいだと、投下する広告費も根拠のないものになってしまいます。
「とりあえず月10万円の予算でやってみよう」というようなスタンスで始めたのでは、成果につながりにくい広告運用になってしまうでしょう。

まず、コンバージョン1件あたりの獲得単価「CPA」を決めます。
CPAは、コンバージョン1件で得られる利益をベースに算出しますが、健康食品のようにリピート性の高い商品は、ライフタイムバリューを考慮することが大切です。

算出したCPAに希望するコンバージョン数を掛けると広告予算が決まってきます。
また、この時点で許容できるクリック単価も想定しておきましょう。

たとえば、50人がクリックして、内1人がコンバージョンにいたったら、CVRは2%ということになります。
仮にCPAが5000円だとすると、「5000×0.02」で許容できるクリック単価は100円となります。
キーワードを選ぶ前に、広告運用の目標を設定し、かけられるコストを把握しておくことが大切です。

キーワードのマッチタイプを把握しておこう

リスティング広告を運用するにあたっては、キーワードのマッチタイプを把握しておくことが大切です。
マッチタイプには、「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」「絞り込み部分一致」の4種類があります。

完全一致は、検索したキーワードと完全に一致した場合のみ広告が表示されるタイプです。
たとえば、「ダイエットサプリ」のキーワードを完全一致として設定した場合は、
「サプリダイエット」や「ダイエットサプリメント」で検索しても広告は表示されません。

フレーズ一致は、検索ワードのなかにキーワードが含まれている場合に広告を表示させるタイプです。
「ダイエットサプリおすすめ」「ダイエットサプリ通販」などで検索された場合はキーワードが含まれているので、広告が表示されます。

部分一致は、完全一致とフレーズ一致の場合に加えて、関連するキーワードで検索された場合にも広告が表示されるタイプです。
たとえば、「痩身健康食品」のように、設定したキーワードが含まれていなくても、
関連性が高いと判断されると広告が表示されることもあります。

絞り込み部分一致は、設定したキーワードが含まれる場合に広告が表示されるタイプです。
「サプリダイエット」「おすすめサプリダイエット」のように、語順が違っていても広告が表示されます。

コツ1:メインのキーワードを決める

虫眼鏡でKEYWORDSの文字をズームしている男性

リスティング広告のキーワードを選ぶにあたっては、まずメインとなるキーワードを決めましょう。
メインキーワードとは、「ダイエット」のように一語で商品やサービスがイメージできるビッグキーワードです。
なお、メインキーワードは1つに限らず、複数あっても問題ありません。
メインキーワードを決める方法としては、実際に商品を使用している自社のユーザーに聞く方法があります。

「どんなキーワードで検索しましたか(しますか)」と質問することで、商品を欲しがるユーザーが検索するキーワードを把握できるでしょう。
また、Googleのキーワードプランナーを使ってメインキーワードを決める方法もあります。

メインとしたいキーワードを入力すると、検索ボリュームの多いキーワードや関連度の高いキーワードが表示されます。
このデータを参考にメインキーワードを決定するのがおすすめです。

コツ2:サブキーワードをピックアップする

メインキーワードが決まったら、次はメインキーワードと掛け合わせるサブキーワードをピックアップしていきます。
まずは、どんなキーワードと組み合わせると効果的なのか、しっかりと考えてみましょう。
たとえば、通販であれば、「格安」「通販」「送料無料」「即日発送」などが売り上げにつながるキーワードとして候補となります。

Googleサーチコンソールなどを利用している場合には、自社サイトにどんなキーワードでアクセスしているかを把握できますので、参考にするとよいでしょう。
Googleキーワードプランナーを使ってメインキーワードを決めた際と同じ手順で、候補となる複合キーワードについても知ることができます。

また、競合他社がどんなキーワードで広告出稿しているのかを把握することで、参考にすることもできます。
Web解析ツールのシミラーウェブに、競合企業のURLを入力すると、どんなキーワードで広告を配信しているのかを知ることが可能です。

コツ3:キーワードをグルーピングする

キーワードをピックアップしたら、その役割を踏まえてグルーピングするのがおすすめです。
キーワードはとても重要ですが、キーワードだけで広告が成立するわけではありません。
広告文とつながることで、効果を発揮するのです。

そのため、「価格訴求をするキーワード」「メリットを訴求するキーワード」「即日発送を訴求するキーワード」のようにグルーピングして、
それぞれの訴求点をアピールする広告文と組み合わせると効果的です。
よりターゲットに訴求しやすくなり、コンバージョンアップの効果も期待できます。
また、結果についても把握しやすくなり、広告によってランディングページを変えるような場合でも、管理が楽になるというメリットがあります。

コツ4:除外キーワードを設定する

キーワードを選ぶ際には、除外キーワードも合わせて選ぶ必要があります。
除外キーワードとは、クリックされてもコンバージョンにつながらず、無駄にコストがかかってしまうキーワードです。

たとえば、通販の場合であれば、「無料」「プレゼント」「応募」「口コミ」「最新情報」「体験談」のようなキーワードがコンバージョンに結びつくことは考えにくいでしょう。
このようなキーワードは、最初から除外キーワードとして、設定しておくことが大切です。

また、広告を運用し始めたら、管理画面で状況を確認し、クリック数は多いのに成果につながっていないキーワードを除外キーワードとして設定するのがおすすめです。
その場合には、コンバージョンが0件でコストが目標CPAの5倍以上かかっているキーワード、のような基準を設けると除外キーワードに含めるかどうか迷わずに設定できるようになります。

コツ5:広告文にキーワードを含める

上述のようにキーワードは広告文と結びつくことで、広告としての機能を発揮することになります。
そのため、キーワードに対してどんな広告文を表示させるかが、コンバージョンにも大きく影響します。

広告文のなかに設定しているキーワードを含めるのがポイントです。
検索したキーワードが広告文に含まれていると、その箇所が太字で表示されるようになっています。
キーワードを入れ込むことでより広告がアピールされ、クリック率やコンバージョン数がアップする効果が期待できます。
キーワードは広告タイトルと説明文の両方に入れると効果的ですが、説明文に入れて文章が不自然になる場合は、タイトルのみでもよいでしょう。

ユーザー目線でキーワードを選ぼう

本を読んでいる人の向かいでノートパソコンを使ってtargetをインターネット検索している男性

キーワードを選ぶにあたっては、Googleキーワードプランナーなどのツールをうまく利用すると便利です。
ただし、どのキーワードにするかについては、ユーザー目線でしっかりと考えることが大切になります。
自社の商品やサービスを探している人は、どんなキーワードで検索するのか、ユーザーの気持ちや行動を踏まえたうえで選択するのがポイントです。
コンバージョンにつながるキーワードを選んで、売り上げアップにつなげていきましょう。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP