fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

Web制作事業ハウツー
士業はWeb集客しにくいってホント?依頼が激増するWebサイト構築のコツを教えます
2019/03/19

下降するグラフを見て考える男性
「お金をかけてホームページを作ったはいいが、仕事の依頼につながらない」と悩んでいる士業の方も多いのではないでしょうか。
この記事では、集客がうまくいかない理由と改善ポイントを説明します。

目次

理由1:アクセス数が少ない

どんなに内容が充実したサイトでも、アクセス数が少なければ仕事の依頼にはつながりません。
アクセス数を増やす対策を行うために、まずは現在のアクセス状況を把握しましょう。
Google AnalyticsやGoogle Search Consoleを利用すれば、ユーザー数やページビュー数、アクセスしている人の属性や検索に使用しているキーワードなどを知ることができます。

アクセス数が少ない場合はSEOが必要です。
SEOとは、Googleなどでの検索結果で上位に表示させるための施策のこと。
検索結果に上位表示させるための施策にはさまざまなものがあります。
まずは「○○市 司法書士」「○○市 相続登記」など、見込み客が検索に使用するキーワードを、タイトルやディスクリプション、h1タグ、コンテンツなどに適切に埋め込むのが簡単です。

また、Googleなどの検索エンジンはサイトコンテンツの質と量を高く評価します。
そのため、ユーザーの役に立つ専門家ならではの情報を掲載し継続的に更新することで、上位表示される可能性も高くなります。
また、リスティング広告などのWeb広告を利用すると、手早くアクセス数を増やすことが可能です。

Web広告は、キーワードや地域、属性、興味などで細かく表示する対象を選別できるのが魅力です。
適切にキーワードや広告文を設定することで、依頼につながりそうな人を効果的に集客できます。
広告がクリックされなければ課金されることはないので、比較的リーズナブルな広告運用が可能です。

理由2:ページが見にくい

マルチデバイスのイメージ

Google Analyticsを使用すると、サイトの「直帰率」を知ることができます。
直帰率とはサイトにアクセスしたものの、他のページに移ることなく離脱してしまった人の割合です。

どんなにアクセス数が多くても、直帰率が高ければ依頼につなげることはできません。
サイトを訪れた人は、最初の数秒でこのまま見続けるか否かを判断するといわれています。
直帰率が高い場合には、見にくいページになっていないかチェックしてみましょう。

もっと続きが見たいと思ってもらえるように、ファーストビューでどんな情報を提供しているサイトなのかがわかるようにしましょう。
特に士業のサイトは文字情報が中心になりがちで、見にくくなりやすい傾向にあります。
イメージ画像やわかりやすいタイトル付けなどを意識して、見やすいサイトデザインを目指しましょう。

また、Googleは2015年にパソコンで検索するユーザーよりも、スマホで検索するユーザーのほうが多くなったことを発表しています。
そのため、パソコンだけでなくスマホでも見やすいページにするのが重要です。
アクセスするデバイスに合わせて表示を最適化する「レスポンシブデザイン」でサイトを作成するのがよいでしょう。

ページの表示速度も直帰率に大きく影響します。
ページの表示に数秒もかかるようなサイトだと、ユーザーは待ちきれずにサイトを離脱してしまいます。
写真のデータサイズを小さくする、不要な画像の枚数を減らすなどして、ページの表示を高速化しましょう。

理由3:ただの「事務所案内」になっている

サイトがただの事務所案内になっている場合も、集客にはつながりにくいでしょう。
もちろん事務所情報を掲載することも必要ですが、依頼が入るようにするためには「集客するためのツール」にする必要があります。
たとえば、「所有権の移転登記」「所有権の保存登記」と業務案内が記載してあっても、一般のユーザーには具体的な内容が伝わりません。

士業のサイトでは、どうしても専門用語を使いがちです。
しかし「こんな言葉は知っていて当然だろう」と思わずに、ユーザー目線になってシンプルに説明しましょう。

そのうえで、どんな悩みを解決できるのかをわかりやすくアピールするのがポイントです。
具体的な事例を挙げて紹介すれば、「自分と同じケースだ」「この先生に相談しよう」と思ってもらえる可能性も上がります。

同じように、依頼があった顧客の感想を掲載するのも効果的です。
どんな案件に対応しているかを伝えられるだけでなく、ユーザーの信頼を得ることにもつながります。

理由4:他の事務所との違いがわからない

的のオブジェの前で虫眼鏡を見る男性のイラスト

同じような士業の事務所はたくさんあります。
「○○市 司法書士」で検索して表示された多数の事務所の中から、あなたのサイトを選んでもらうにはどうすれば良いでしょうか?
自分の事務所を選んでもらうためには、選ぶべきメリットを明確に説明する必要があります。

そのために効果的な手法として、1つのテーマに特化する方法があります。
たとえば「相続に精通した専門家」とアピールすれば、相続登記の依頼を考えている人に選んでもらえる可能性は高いでしょう。

業務範囲が広いから1つには絞り込めないという人もいるかもしれません。
しかし、「何でもできる事務所」にするとかえってこれといった特徴が伝わらないため、選んでもらいにくくなってしまいます。
1つに絞り込めない場合は、事務所案内のサイトとは別にメニューやニーズに合わせたサイトを用意するのがおすすめです。

たとえば、「相続に精通した専門家」としたサイトで相続登記の依頼者を集め、「起業アドバイザー」としたサイトで会社設立登記の依頼者を集めることもできます。
そのうえで、各サイトを相互にリンクすると相乗効果での集客も期待できるでしょう。

理由5:相談するにも敷居が高い

smailのポストイットと笑顔の男性

相談したいと思っても、士業は敷居が高いと感じているユーザーも多いでしょう。
「こんな質問をして笑われないだろうか」「高い料金を請求されるのでは」などと不安に感じたら、相談するのを躊躇してしまいます。
ですから、このハードルを少しでも下げることが重要です。

まず、相談を受け付ける範囲や受付時間、相談料などをしっかりと明示しましょう。
そのうえで、相談しても何のデメリットもないことをアピールすることが大切です。
たとえば、相談をしても委任を強制されないこと、相談料以外の料金は発生しないことなどをきちんと説明すると、安心して相談できるようになります。

また、相談を受け付ける電話番号は全ページのわかりやすい場所に掲載すると、ユーザビリティの向上につながります。
スマホでアクセスするユーザーも多いので、1タップで電話できるように設定しましょう。

また、相談にのってくれるのがどのような人かという点も、ユーザーが気にしがちなポイントです。
「士業の先生は気難しそう」というイメージを持たれがちなので、親しみやすさをアピールするのが大切です。
笑顔の顔写真などを掲載してプロフィールを紹介すると、より相談しやすくなります。

理由6:フォームが入力しにくい

スマートフォンを片手に叫ぶ女性

問い合わせフォームなどを設置している場合には、フォームの入力項目や入力のしやすさが問い合わせ件数に影響します。
入力する項目が多かったり説明が分かりにくかったりすると面倒に感じ、ユーザーは入力をやめてしまいます。
すると、結果として問合せ件数が減ってしまうのです。

問い合わせ件数を増やすためにフォームを最適化しようという考えを、EFOと呼びます。
基本的なEFOの考え方としては、入力の手間をできるだけ簡単にすることが挙げられます。
まず、入力する項目は必要最低限に抑えて、できるだけ少なくするのが大切です。
住所については、郵便番号を入力すると自動で入力される機能を導入するとよいでしょう。

スマホでアクセスしたユーザーがストレスを感じないように、入力欄を大きくするのも大切です。
また、入力欄に入力例を表示するのも有効な方法です。
何を入力すればよいか一目でわかるようになりますし、誤入力を防ぐ効果も期待できます。

フォームページには余計なリンクを設置せず、シンプルなページ構成にしましょう。
フォームページの目的は、必要な情報を入力して送信ボタンをクリックしてもらうことです。
それ以外の情報は極力減らすようにしましょう。
ユーザーがストレスを感じない入力しやすいフォームにすれば、問い合わせ件数を増やす効果が期待できます。

改善すべき点を見つけて集客できるサイトにしよう

サイトユーザーの目線でサイトの改善点を見つけて対応することで、仕事の依頼につながります。

アクセス数が少ないのか、ページの内容がわかりにくいのか、他の事務所との違いがわかりにくいのか、またその他の問題があるのかなど、課題を見つけて改善してみましょう。
さらにユーザーの反応がどう変化するかをデータ化し、分析して次のアクションにつなげることが大切です。

ユーザーの動向をもとにサイトの完成度を高め、集客できるサイトにしていきましょう。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP