fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

事業ハウツー
スタジオアリスのカシコイ経営戦略とは?海外進出も大成功させた4つの戦略!
2019/05/21

家族写真
少子化が進み、子どもの数は減少しています。
また、デジカメやスマホで簡単に写真が撮れるため、写真館に足を運ぶ人も少なくなってきました。
そのような状況で、スタジオアリスが成功した理由を紹介します。

目次

逆風のなかで躍進を続けるスタジオアリス

総務省統計局の人口推計によると、2018年4月1日現在の15歳未満の子どもの数は1553万人と過去最低の人数になっています。
前年に比べると17万人減少しており、減少は昭和57年から37年連続で続いています。
これに伴って子ども関連の市場も縮小しており、矢野経済研究所の調査によると、教育関連の売り上げこそ伸びを示していますが、子ども服や玩具関連などは落ち込みが目立っているのです。

このような逆風のなか、躍進を続けているのがスタジオアリスです。
1992年に1号店をオープン後、積極的に店舗展開し、2018年12月現在、全国47都道府県に510店舗を展開しています。
また、韓国にも2店舗出店しており、スタジオアリスのビジネスモデルが海外でも受け入れられています。
売り上げも順調に伸び、2018年2月期には430億円と過去最高の売り上げを達成しました。

成功戦略1:普段着で来店できる気軽さ

子どもを抱っこしている女性

スタジオアリスの成功の理由として、普段着で行ける気軽さが挙げられます。

たとえば、七五三の写真を撮るような場合、従来の写真館で撮影すると、とても手間がかかりました。
早起きして美容院で着付けやヘアメイクをして、それから写真館へ行くことも多かったのです。
これは、子どもだけでなく、ママにとっても大きな負担となります。しかし、スタジオアリスであれば、このような面倒な手間は必要ありません。

スタジオアリスには、500着もの衣装が用意されているので、普段着でそのまま出かけることができます。
豊富なデザインやカラーのなかから選べるだけでなく、何着着ても無料というのが大きな魅力です。

着付けやヘアセットも無料で、小物やアクセサリーも多くの種類が用意されています。
従来の貸衣装を利用すれば何着も選べませんし、高額な費用が必要となります。
何の用意もせずに、体ひとつで写真館に行けるというのが、子育て中のママからスタジオアリスが高く評価された理由でしょう。

成功戦略2:一目でわかる料金設定

コインの入ったグラスから芽が生えているイメージ画像

費用が明確なのも、スタジオアリスが支持された大きな理由です。
従来の写真館は、高額なイメージで内訳もわかりにくいという側面がありました。
しかし、スタジオアリスでは撮影料と商品代を分けることで、わかりやすい料金システムを実現しています。

まず、撮影については何ポーズ撮っても3240円という料金設定になっています。
そのため、衣装を変えながらいくつものポーズを撮影しても、料金が高くなることはありません。

そのうえで、気に入った写真を台紙やフォトフレームにして納品してもらう仕組みなので、総額でいくらになるのかを簡単に把握できます。
また、注文しやすいセットメニューが用意されているのも特徴です。
通常料金よりもお得な価格設定にしてお客様にメリットを提供しながらも、客単価を上げる仕組みになっています。
また、ディズニーキャラクターと一緒に撮影できるプランも用意されており、これも追加料金により客単価を上げることにつながっています。

成功戦略3:新規客を呼び込む仕組み

メガホンで人を呼びこむイメージイラスト

スタジオアリスでは、新規客を呼び込むために、さまざまなキャンペーンを行っています。
たとえば、七五三について「早撮り七五三」として、5月からキャンペーンをスタートさせています。
通常よりも半年も早くキャンペーンを開始することで、効果的に新規客を取り込んでいるのです。

また、お宮参り、入園・入学、節句などの各イベントでもお得なキャンペーンを行うことで、早期予約につなげています。

さらに、写真館で撮影する機会のないユーザーを呼び込むために「パパママ着物フォトプラン」「マタニティフォト」などのキャンペーンも展開しています。
特に、マタニティの女性を取り込むことで、出産後の子どもの撮影を見越した顧客の囲い込みが期待できるでしょう。

スタジオアリスでは、「お友達紹介クーポン」を発行して、新規客の獲得につなげています。
クーポンはチケットタイプではなく、16桁のコードなので口コミのついでに友人に教えることができます。
教えてもらった側は、スタジオアリスのWebサイトで予約する際にクーポンコードを入力する仕組みです。

成功戦略4:リピートを促す仕組み

スタジオアリスでは、リピート来店を促進させるために「ベビキャン」を行っています。
これは、赤ちゃんの撮影を毎月の家族イベントにしようという取り組みです。
撮影料は無料で、パネルの料金などもお得な価格設定になっています。

また、マタニティフォトを撮影した顧客には「Baby Shower Book」という写真立てがプレゼントされます。
Baby Shower Bookは、写真が3枚入るように作られているため、2枚分のスペースが空くことになります。
そのため、このスペースを埋めるために、出産後に高い確率での再来店が期待できます。

スタジオアリスのレシートには、撮影料が半額になるクーポンが付いており、これもリピーターを増やすことにつながっています。
マタニティで撮影し、その後にお宮参り、百日記念、1歳の誕生日と何度も来店してもらうための仕組みができあがっているのです。

業界の常識を見直してみよう!

閃いている男性のイメージ画像

「衣装は何着着ても無料」「撮影料金は何ポーズ撮っても3240円」などは、従来の写真館業界の常識からは考えられないでしょう。
この常識を打ち破ったことが、スタジオアリスが大躍進した理由といえます。

自分の業界で、ユーザーのためになっていない常識はないか、壊せる常識はないか、一度見直してみましょう。
そこに、大きなビジネスチャンスがあるかもしれません。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP