As Best Creative, Do Everything For a Goal…

blog 社員ブログ

社員ブログ

blog

Twitter広告運用法、成果を上げるポイントは?2018/04/06


日本国内のTwitterのユーザー数は約4500万人いるといわれ、広告の媒体としても見逃せないものになっています。
この記事では、効果的にTwitter広告を運用するためのポイントについて説明します。

目次





Twitter広告の特徴



Twitter広告は、タイムラインのインフィードやトレンド枠などに表示される広告です。
Twitter広告を活用することで、商品販売や認知度の向上、フォロワーの獲得などが可能になります。

Twitterの特徴的な点として、若年層のユーザーが多いことが挙げられます。
10~20代は50%前後の利用率といわれており、特に若年層にアピールする広告媒体として最適なものといえるでしょう。

また、拡散性が高いのもTwitterの大きな特徴です。
広告がリツイートされることで2次拡散が広がり、それが商品購入へとつながることもあります。


Twitter広告が掲載される場所



Twitter広告には掲載する場所によって、「プロモアカウント」「プロモツイート」「プロモトレンド」の3つの種類があります。

プロモアカウント


プロモアカウントは、右上のおすすめユーザー枠に表示される広告で、主にフォロワー数を増やす目的で掲載されます。
現在フォローされていないユーザーに対して表示されるので、フォロワー数を一気に増やしたい場合に効果的です。

プロモツイート


プロモツイートは、広告をツイートのようにタイムライン上に表示させるもので、Twitter広告のメインともいえるものです。
普通のツイートと同じようにリツイートやいいね!が可能なため、2次拡散が期待できます。

プロモトレンド


プロモトレンドは、タイムラインの右側に表示されるトレンドの最上部に掲載される広告です。
クリックするとハッシュタグやトレンドの用語を含むすべてのツイートが表示されるので、タイムリーなキーワードを活用することでキャンペーンの案内や新商品の認知度アップにつなげることが可能です。


Twitter広告のメリット



Twitter広告のメリットとして、高いリーチ力が挙げられます。
Twitter広告の多彩なターゲティング機能を活用することで、興味やフォロワーの特性、地域などによって、広告を届けるユーザーを絞り込むことが可能です。
そのため、検索エンジンのリスティング広告などでは絞り込めなかった潜在層にアプローチができます。

また、コストパフォーマンスが高いのも、Twitter広告のメリットといえるでしょう。
Twitter広告は、CPC課金、CPE課金などの課金方法を選択することができるので低予算でTwitter広告を始めることができます。

Twitter広告には、高騰傾向にあるリスティング広告に比べるとCPCが安いという側面もありますが、何よりも2次拡散には課金されないのが大きなメリットです。
広告をみたユーザーのリツイートによって表示された広告をクリックしても課金されることはありません。
Twitterならではの高い拡散性を利用すれば、コストを抑えて効果をあげることも期待できます。


Twitter広告のキャンペーンの種類



Twitter広告には、達成したい目的によって7つのキャンペーンが用意されています。

フォローワー


「フォロワー」は、フォロワーを増やすことを目的としたキャンペーンです。
タイムラインやおすすめユーザー枠に自社アカウント広告を表示させることができます。
広告によってフォロワーを獲得できた場合のみ課金が発生する仕組みです。

ツイート エンゲージメント


「ツイート エンゲージメント」は、自社の商品やサービスを話題にしてもらうことを目的としたキャンペーンです。
広告に対してフォローやいいね!などのエンゲージメントが行われた際に費用が発生します。

ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン


「ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン」は、Twitterから自社サイトへ誘導するためのキャンペーンです。
ターゲティングしたユーザーに対して、自社サイトへの誘導またはコンバージョンを目的とした広告を表示します。
誘導した時点で課金するか、コンバージョンが発生した時点で課金するかで区別されていますので、目的に応じて使い分けることがポイントです。

ブランド認知度の向上


「ブランド認知度の向上」は、商品やサービスに関する広告をターゲットのタイムラインなどに表示させ、ブランドの認知度を向上させることを目的としたキャンペーンです。
表示回数によって課金されますが、その後のエンゲージメントによって料金が発生することはありません。

アプリインストール数】【アプリの起動回数


「アプリインストール数」「アプリの起動回数」は、タイムライン上に広告を表示させることで、アプリのダウンロードまたはアプリの起動を促すためのキャンペーンです。
App StoreやGoogle Playに誘導した場合、またはアプリケーションを開くためのクリックに対して課金される仕組みになっています。

プロモビデオ再生数


「プロモビデオ再生数」は、ターゲットのタイムラインに動画広告を掲載するキャンペーンです。
自動再生機能によって、ユーザーの画面に表示された時点で自動的に動画をスタートさせることができます。
注目率が高く、訴求できる情報量も増えるので、大きな効果が期待できます。

このように、Twitter広告にはいくつものキャンペーンが用意されていますので、目的に合わせて使い分けるのが広告の効果を上げるためには重要です。


Twitter広告のターゲティング機能


Twitter広告には、さまざまなターゲティング機能があり、これをうまく活用すれば、狙ったターゲットにリーチすることが可能になります。

地域ターゲティング


「地域ターゲティング」では都道府県の他、地域を限定したユーザー指定が可能です。
商圏が限られるビジネスであっても、地域ロスがなく効率的な広告運用ができます。

インタレストターゲティング


興味や関心からユーザーを絞り込むことができるのが「インタレストターゲティング」です。
教育やスポーツなど25のカテゴリーに分かれており、さらに350のサブトピックを選ぶことによって、細かなターゲティングが可能です。

フォロワーターゲティング


「フォロワーターゲティング」は特定のユーザーを選び、その選んだユーザーのフォロワーに似ている人をターゲットとするものです。
嗜好や行動の傾向が似た人に対して広告を配信することができます。

キーワードターゲティング


「キーワードターゲティング」は、指定したキーワードをツイートしたり、検索したりするユーザーを絞り込むものです。
検索エンジンのリスティング広告の機能に似ていますが、Twitterで情報収集するユーザーも増えているので、見逃せないターゲティングです。

この他にも、「言語ターゲティング」「性別ターゲティング」「端末ターゲティング」などによってユーザーを絞り込むことができます。


Twitter広告運用のポイント



Twitter広告を売り上げや集客につなげるためには、キャンペーンやターゲティングをうまく使いこなすことが大切になります。
そのためにも重要になってくるのが、広告の目的を明確にすることです。

販売する商品やサービスによっては、その告知をするよりも先にフォロワー数を増やすのが効果的な場合もあるでしょう。
また、詳しい情報提供が必要な場合は、自社サイトへ誘導したほうがよい場合もあります。
まず、フォロワー数を増やしたいのか、自社サイトの訪問者数を増やしたいのかなど、Twitter広告によってどんな成果を得たいのかを明確にしましょう。

そのうえで、広告の効果を測定するためにKPIを設定することが大切です。
単純に「良かった」「悪かった」のような、あいまいな効果測定では、広告の精度を高めることはできません。
効果をきちんとした数値で把握すると、改善すべき点もみえてきます。

さらに、狙うべきターゲットを明確にすることも重要なポイントです。
「30代の女性」というようなあやふやなターゲティングではなく、あたかも実在する人物のようなペルソナを設定するのがよいでしょう。
ターゲットを絞り込むことで、Twitter広告のターゲティング機能をより効果的に使いこなすことも可能になります。


プラン・ドゥ・チェックでTwitter広告の効果を高めよう


広告の効果を高めるためには、定期的に広告の見直しを行うことが大切です。
キャンペーンの種類やターゲティング、広告の内容などについてチェックを行いましょう。
設定したKPIと比較することで、改善すべき点も見えてきます。

場合によっては、ABテストなどを行って複数のキャンペーンの反応を比べるのもおすすめの方法です。
定期的に見直しを行い、プラン・ドゥ・チェックのPDCサイクルを回して広告の効果を高めていきましょう。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP