fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

Web知識マーケティング
初心者でもサクサク書ける!Webライティングの7つのコツとは?
2018/08/20

木の机の上でノートパソコンを操作している様子
Webライティングには、雑誌や新聞など紙媒体の記事を書く場合とは違った注意点があります。
この記事では、Webライティングならではの特徴や記事を書くためのコツについて紹介します。

目次

Webライティングとは?

Webライティングとは、Webサイトやブログなどに掲載する記事を書くことです。多くの場合、Webサイトに訪れる人は必要としている情報があって検索し、そのページにたどり着きます。そのため、求めている情報が伝わるように、誰が見ても読みやすい記事でなければなりません。また、SEOを意識して書かなければならないのも、雑誌や新聞などの紙媒体にはないWebライティングの大きな特徴です。

検索エンジンに正しく評価してもらい、できるだけ上位に表示させるために、検索エンジンが読み取りやすい構成や文章を意識して書く必要があります。
読者と検索エンジンの両方にとって読みやすい文章を書く、これがWebライティングならではの特性といえるでしょう。
読者と検索エンジンから評価されるWebライティングのコツを紹介します。

初心者必見!Webライティングの7つのコツ

ライティング初心者でも、読みやすく、説得力のある記事を、サクサク書くためのポイントとなる7つのコツをご紹介します。

1:全体の構成を考える

木の机に置かれている方眼紙、鉛筆、鉛筆削り、消しゴム

いきなり記事を書こうと思っても簡単に書けるものではありません。読みやすい文章を書くためには、まず全体の構成から考えましょう。

Webライティングの場合、伝えたいテーマや入れ込みたいキーワードを踏まえながら、ユーザーの検索意図を考えることが重要です。
Webライティングでは、検索するユーザーが求めている情報を書くことが大切になります。
どんなに素敵な記事を書いても、それがユーザーに必要とされないものであれば、読んでもらうことはできません。
同じキーワードや関連するキーワードを使って、自分でも検索してみましょう。

すると、ユーザーはどんな情報を求めているのか、どんなページが検索エンジンに評価され上位に表示されているのかが、ある程度把握できます。
これらを参考にしながら、全体の構成を考えて見出しを項目で書き出していきます。
書きたい文字数にもよりますが、読みやすさを考えるなら5~10段落におさめるのがよいでしょう。
また、説明する項目が多いような場合は、見出しの下階層に小見出しをつくると、より読みやすい記事構成になります。
見出しは後で変更できますので、この段階では何について書くのかが分かる程度のラフなものでかまいません。

2:見出しとライティングする要素を決める

Web記事の読者の多くは、求めている情報を見つけるために検索エンジンを経由してページを訪れます。
そのため、まずそのページに自分の求めている情報があるかどうかを一目で判断しようとします。
そこで、重要になるのが見出しや小見出しです。

読者は、大見出しを見てページ全体で何が書かれているのかを確認し、小見出しを見て詳しい内容を把握し、文章まで読むか読まないかを決めます。
記事を頭から読み始めて判断するようなことは、あまりないでしょう。
そのため、見出しの内容や見やすさも読者を引きつける大きなポイントになります。

伝えたい情報やキーワードを意識しながら、一目で何について書かれてあるのかがわかる見出しにするのがポイントです。
見出しが決まったら、見出しごとに入れ込みたい内容をピックアップしていきます。

言い回しや修飾語にはこだわらず、書くべき内容をどんどん挙げてみましょう。
書き出すことで、各見出しの記事のボリュームが把握できますし、途中で「次は何を書くんだっけ」と迷うこともなくなり、スムーズにライティングを進めることができます。

3:シンプルさを心がける

Webで読む記事の場合、読者が求めている情報をわかりやすく伝えることが一番の目的になります。
そのため、Webライティングでは短時間で内容が理解できるように、シンプルな文章を心がけましょう。

読みやすい記事にするためには、まず一つの文章の長さを意識することが大切です。
文章が長すぎると、どうしても主語と述語の関係がわかりにくくなります。どんなに長くても、100文字以内に収めるのがポイントです。
かといって、短かすぎる文章ばかりが続くとつながりが悪くなり、全体が理解しにくくなるので注意が必要です。

また、読みやすい記事にするためには、改行をうまく使うのも大切です。
記事のなかに改行がないと、短い文章であっても読みにくくなってしまいます。
記事内の段落なども踏まえながら、適当な位置に改行を入れ込みましょう。
改行が多すぎても読みにくい記事になってしまうので、2~3文に1回程度改行を入れるのがおすすめです。

話題が変わるような位置には空白行を入れると、記事がより読みやすくなります。また、過度な修飾語や無駄な冗長表現を避けることも大切です。

カッコいい記事を書こうとすると、どうしても言い回しなどの表現にこだわりがちですが、読者はそれを望んでいません。
ダラダラとした長い文章や余計な修飾語を使うのは避け、読者の知りたいことがストレートに伝わる記事をライティングしましょう。

4:結論を先に書く

メモとマグカップが置かれた机でノートパソコンにタイピングをしている女性

Webライティングでは、結論は先に書くのがポイントです。結論を先に書くことで、読者に「探している情報はここにありますよ」と示すことができます。

もし、結論が記事の最後にあったとしたらどうでしょう。
読者は探している情報を見つけられずにイライラして、ページを離脱してしまう可能性が高くなります。
そのため、記事の冒頭に結論を書くことが大切になります。
結論の後に、なぜその結論になるのかという理由を書くことで、記事全体を読んでもらえるようになるのです。
また、Webライティングでは、冒頭のリード文で、その記事を読むことでどんなメリットがあるのか、読者に伝えることも大切です。

読者にとってメリットのある記事ならば高く評価されますが、メリットがあまり感じられない記事では読んでもらうことができません。
記事を読むことで、どんな情報やノウハウが得られるのかをアピールしましょう。

メリットを書く際には数字を積極的に使用すると効果的です。
数字には説得力がありますし、読者を引きつけるインパクトもあります。
たとえば、「簡単にできる」よりも「5分でできる」、「月々低コスト」よりも「毎月1000円のコストダウン」のように数字を使ったほうが、より伝わりやすくなります。

5:説得力のある理由を書く

結論を先に書いたら、その理由を説明していきます。ここで重要になるのが、記事に対する信頼性です。

説得力があり、信憑性の高い記事であれば、読者の信頼度は高まります。
逆に、インチキ臭い情報やタイトルに対して内容の薄い記事だと、内容全体を疑われてしまいます。
結果として、サイト全体が信用されないものになり、他の記事への信頼を落とすことにもつながりかねません。
そのため、できるだけ正確な情報を伝えることが大切です。

官公庁や調査機関のデータ、実際に起った出来事などを盛り込むと説得力が増します。
また、理由を説明する際には抽象的なものではなく、具体的な理由を複数並べると記事への信頼性は高くなります。
信頼できる記事が掲載されているWebサイトだと読者に認識されれば、定期的に訪問する読者も増えてくるでしょう。
正確で有益な情報を発信するメディアとしても高く評価されるのです。

6:検索エンジンを意識する

SEOイメージ

Webライティングでは、検索エンジンを意識することも大切です。
検索ワードに関連した情報であると検索エンジンに評価されれば、上位に表示されやすくなります。
検索エンジンは、ページ内のなかでも特にタイトルを重視します。
タイトルから、どんな内容について書かれているページなのかを判断しているのです。
ですから、タイトルには必ずキーワードを入れ込むようにしましょう。
そのうえで、読者が思わず読みたくなるようなタイトルにするのがポイントです。

同じ内容の記事であっても、タイトルが変わるだけでアクセスするユーザーの数も違ってきます。キーワードを盛り込んだうえで、読者にとって魅力的なタイトルになるように工夫しましょう。

また、見出しや本文内にもキーワードを入れ込むのが効果的です。
かといって、無理に入れ込もうとすると不自然な文章になりかねませんので、注意が必要です。
タイトルや本文にキーワードが入っているかどうかで検索エンジンの評価が変わりますし、読者数にも大きく影響します。
積極的にキーワードを入れ込むようにしましょう。

7:誤字・脱字をチェックする

どんなに内容が素晴らしい記事であっても、誤字・脱字が目立ったのでは、記事への信頼度は落ちてしまいます。
記事が完成したら、誤字・脱字がないか、不自然な言い回しはないかなどをチェックすることが大切です。
もし、チームでライティングしているなら他の人に記事をチェックしてもらいましょう。
自分のチェックでは見つけにくい箇所も気づいてもらうことができます。
一人でライティングしている場合には、自分で読んでチェックするのではなく、テキスト読み上げアプリを使って読み合わせをするのがおすすめです。

読み上げアプリを使うと誤字・脱字だけでなく、不自然な文末やリズムの悪い箇所にも気づくことが可能です。
記事のチェックが終わったら、実際にアップしてみて、どう表示されるのかを確認することも大切です。
改行の位置は適切か、空白行をもっと増やしたほうがよくないか、など実際に画面をスクロールしながら確認しましょう。

また、画像の掲載位置や大きさについてのチェックも必要です。
最適な位置か、かえって記事の邪魔にならないかなど、読者の視点になってチェックするのがポイントです。

スマホで読まれることを念頭にライティングする

Webライティングをする際、パソコンでの読みやすさに気を取られがちになります。しかし、実際には、スマホから記事を読まれることの方が多いです。

改行の位置や、段落間の間隔。空白行の取り方。文章の長さなど、スマホで見たときの読みやすさは、必ず意識しなくてはなりません。

記事の内容がどんなに役に立つものであっても、文字サイズや行間が適切でなかったりすると、中身を読まれる前に、一瞬で離脱されてしまいます。

スマホ、タブレットなど、どんなデバイスでアクセスされても、読みやすいように意識してライティングすることが大切です。

Webライティングの検定

上記で紹介したWebライティングの7つのコツを実践するだけでも、読みやすい文章がスムーズに書けるようになると思います。

そのうえで、Webライティングの重要性を感じ、さらに高いライティング能力を身に着けたいと思ったときに検討したいのが、Webライティング検定の取得です。

Webライティング能力検定
WEBライティング技能検定

取得することで、Webライティング力が向上するとともに、客観的にライティング能力があることをアピールすることが出来ます。

Webライターとして仕事をするうえでも、大きく有利になるので、Webライターとして活躍していくなら取得を目指してみてはいかがでしょうか。

Webライティングは読みやすさと検索エンジンを意識して書く

Webライティングでは、読者と検索エンジンの両方を意識した記事作成が必要になります。

まず、読者にとって有益な情報をわかりやすく説明することが大切です。
そのためには、まず全体の構成を決めてから、ライティングを始めるのがポイントになります。
構成を考えずに、いきなり書き始めると、全体としてわかりにくい記事になりかねません。

わかりやすい記事をライティングするためには、目の前にいる友だちに語りかけるように書くのがおすすめです。
すると、余計な修飾語や普段使わない言い回しを使うこともなく、ストレートに伝わる文章になります。

また、検索エンジンに評価される記事にするためには、タイトルや本文にキーワードを入れ込む重要性も忘れてはいけません。読者と検索エンジンの両方に評価される記事を書いて、売り上げや集客につなげていきましょう。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP