fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

マーケティング
無料で使えるWebアンケート作成ツール7選+有料サービス3つ紹介
2021/02/19


市場調査や課題の発見、解決、顧客満足度調査など、ビジネスを行う上でアンケートの実施が必要となる場面を少なくないでしょう。

Webアンケート作成ツールを導入すれば、ネット上で簡単にアンケートを作成でき、回答、集計まで行ってくれます。高機能なものになると、アンケート回答者に対して、特典・ポイント付与まで可能です。

本記事では、Webアンケート作成ツールを利用するメリットや、選び方を解説。また、無料でアンケート作成ができるツールを中心に、有料サービスまで含めてご紹介いたします。

目次

Webアンケートのメリット・デメリット

紙で行うアンケートと、Webアンケート作成ツールとを比べた際のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

・印刷の必要がない
・アンケート内容はURLやQRコードなどを送るだけ
・アンケートを実施するための場所・時間の制限がない
・回答後のアンケートの回収する手間も必要ない
・髪よりも高い回収率

日常的にPCやスマホを使用してネット接続している層へのアンケートの実施であれば、メリットが多いため、こちらを利用しない理由はありません。

デメリット

・Webを利用しているユーザーに偏る
・高齢の方など、Web使用率の低い層へのアンケートには不向き
・紙によるアンケートよりも回答の品質が落ちる場合がある

Webアンケートはネット接続されていることが前提になるので、スマホやPCを使用する頻度の低い層をターゲットにするのには向きません。

また紙とは違い本人確認ができないことから、年齢、性別などの虚偽入力や、Web特有の匿名性も加わるため、回答の質という面では、紙より劣る場合があります。

Webアンケート作成ツールの選び方

ツールによって搭載されている機能は異なるため、Webアンケート作成ツールを選ぶ際は、目的に応じた機能があるかどうかを確認する必要があります。

ここでは、一般的なWebアンケート作成ツールに備わっている機能について見ていきましょう。

アンケートフォーム作成機能

企業によって実施したいアンケートの内容や形式はさまざまです。自社が希望するアンケートフォームを実現できるかどうか、作成機能をよくチェックしたうえで導入を検討する必要があります。特に、アンケートの公開範囲や必須回答などの設定ができるかどうか、確認しておくと良いでしょう。

また、フォームのデザイン変更ができるか、チェック・プルダウンなどの回答形式についてもチェックしておくことも大切です。

集計、レポート機能

集計・レポート機能は収集したデータを整理したり、グラフなどで見やすくまとめたりできます。アンケートによって収集したデータは、今後の施策を考えるうえで非常に重要なものとなります。

自社が行うアンケートの規模や内容に応じて、必要な集計・レポート機能が備わっているツールを選択しましょう。

管理機能

管理機能は、主にアンケートを行う工程を管理するためのものです。ツールを使用する人の表示や追跡機能、また複数人でデータを共有できる機能が備わっているものもあります。

どのような体制・工程によってアンケートを行うのか明確にしたうえで、必要な管理機能について考えましょう。

対応デバイス

今はパソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットなど、幅広いデバイスが活用されています。アンケートにおいても、パソコンから回答したい人もいればスマートフォンから回答したい人もいるなど、企業側はその手段が想定できません。

このような背景を踏まえると、アンケートフォームはマルチデバイスに対応したものが望ましいといえます。さまざまなデバイスに対応していれば、そのぶんアンケートの回答率も向上することが見込めます。ツールを選ぶ際は、対応デバイスについてきちんと確認しておきましょう。

無料プランのあるWebアンケート作成ツール7選

Webアンケート作成ツールは、Googleフォームを中心に、無料で利用できるものも数多く登場しています。

まずは無料で利用できるものから比較検討し、必要となる機能の有無に応じて、有料のツールを検討すると効率的に選べ、コストも削減できるでしょう。

こちらでは、無料プランが用意されているWebアンケート作成ツールを7つご紹介していきます。

1、Googleフォーム

インターネットを利用している人にはなじみの深い、Googleが提供しているアンケートフォーム作成サービスです。Googleアカウントを所持している人であれば、誰でも無料で利用可能です。

Googleドライブから作成画面に入り、アンケートフォームを作成できます。アンケート結果はGoogleスプレッドシートに蓄積される仕組みです。リアルタイムで回答を閲覧でき、速やかにデータ分析を行えます。

2、Questant(クエスタント)

市場調査を得意分野とする、株式会社マクロミルが提供しているWebアンケート作成ツールです。Web制作の専門知識がない人でもわかりやすいよう、直感的な操作で簡単にアンケートを作成できます。

豊富な種類のテンプレートが用意されており、企業の目的と好みに合わせてアンケートを作れます。また、集計結果をリアルタイムで見られるため便利です。

3、SurveyMonkey(サーベイモンキー)

アメリカのサーベイモンキー社が提供しているWebアンケート作成ツールです。外国の企業によるツールであるものの、日本語でのサポートも備わっています。

英語が読めなかったり、話せなかったりする人でも安心して利用できるでしょう。なお、このツールはアンケート結果の収集と分析機能が優れていることで知られています。収集したデータを自動グラフ化する機能もあり、結果を可視化しやすいことが魅力です。

グラフの種類や表示ラベルなども自由に変更できます。アンケートの集計機能にこだわりたい人にも向いています。

4、ミルトーク

ミルトークは株式会社マクロミルが提供するツールです。無料の掲示板を作成し、そこに意見やアイデアが書き込まれていくスタイルになっています。なお、回答者はマクロミルの登録ユーザーとなります。

通常のアンケートと異なり、その話題に興味を持った人が気軽にコメントを投稿できることが特徴です。その結果、多種多様な人からの意見を収集できます。

直接質問したい特定のユーザーがいる場合は、チャットに招待することも可能です。チャット形式でユーザーと直接話をして情報収集を行えるため、より具体的な意見を聞くことができます。また、チャット形式であればその場で情報収集が済み、リサーチ時間の短縮にもつなげられるでしょう。

ユーザーの生の声を聞きたい、すぐに結果を確認したいという人にも向いています。

5、formrun

formrunは株式会社ベーシックによって提供されているWebアンケート作成ツールです。デザイン性に優れたテンプレートが用意されており、専門知識のない人でも見栄えの良いアンケートフォームを作成できます。

また、formrunはアンケートフォームをスピーディーに作れることが強みです。最短だと30秒程度でアンケートフォームが完成します。アンケートの回答数はダッシュボードに反映され、自動で集計されます。

そのため、集計にかかる手間や時間を効果的に節約できるでしょう。さらに、データはCSVやGoogleスプレッドシートなどにエクスポートできます。

6、Zoho Survey

Zoho Surveyはゾーホージャパン株式会社が提供する、顧客満足度調査・アンケート集計ツールです。ドラッグ&ドロップによる直感的な操作で、簡単にアンケートフォームを作れます。簡単な内容であれば、数分程度でアンケートを作成することも可能です。

また、25種類以上の質問形式が用意されており、目的に合わせたアンケートを作成できます。

7、SELECTTYPE(セレクトタイプ)

SELECTTYPEは株式会社セレクトタイプによるアンケート作成ツールです。会員・メンバーだけに限定してアンケートを実施できる仕組みになっています。いくつかのステップを踏むだけで、会員限定アンケートを簡単に作成できます。

アンケートフォームのデザインはカスタマイズが可能です。自動集計機能も搭載されており、業務効率のアップにつなげられます。また、セキュリティ面を強化したい人に向けて、簡易パスワード認証機能も備わっています。

有料のWebアンケートツール3選

ここまで無料のWebアンケート作成ツールを見てきて、希望の機能が全て備わっているものがなかった。もっと自由度の高いものがよいという場合は、有料のWebアンケートツールも視野に入れていきましょう。

1、CREATIVE SURVEY(クリエイティブサーベイ)

クリエイティブサーベイ株式会社が提供する、アンケート作成ツールです。特徴は、何といってもカスタマイズ性の高さです。豊富なデザインとテンプレートが用意されており、自社のイメージにぴったりなアンケートフォームを作れます。

フォントは200種類以上も用意されており、アンケートフォームの見た目を重視する人にも向いています。利用者を退屈させない、美しい画面で楽しみながら回答してもらえるでしょう。

多様なデバイスに対応できる仕組みになっており、回答者の幅を広く設けられます。どのデバイスから見てもデザインが崩れる心配がなく安心です。回答者とのコミュニケーションがより円滑なものになります。

また、アンケートの回答画面はURLで発行されます。アンケート対象者やメディアごとにURLを発行することも可能です。そのため、間口が広くメールやSNSなどのさまざまなメディアを利用し、効率的にアンケートを実施できます。

2、フォームブリッジ

フォームブリッジはトヨクモ株式会社が提供している高機能Webフォームです。アンケートや問い合わせに関するWebフォームを、マウス操作のみで手軽に作成できます。

入力したデータは、ビジネスアプリ作成クラウドサービスの「kintone」に投稿できます。なお、kintoneのユーザーライセンスがない人でもデータ登録が可能です。登録するフォームおよびデータの数に制限もなく、自由に使えます。条件分岐フォームやステップフォームといった、高度な回答方式を用いることも可能です。

また、アンケート回答者には簡易認証を設定でき、匿名の回答でも誰のデータなのか判断できます。さらに、IPアドレスの制限も設定可能です。社外からの回答を防げるため、社内アンケートを実施する際にも重宝します。

3、Anky

Ankyは株式会社スプラシアが提供する、iPad向けのアンケートサービスです。イベントや展示会、セミナーといった対面接客を想定したシーンで多く活用されています。

来場者へのアンケートや、商談時のヒアリングなどに役立てられます。また、アンケート画面のカラーを変更したり、自社のロゴを表示させたりするなど、カスタマイズ性が高いことが魅力です。自社ならではのアンケートを作成したい場合にも便利でしょう。

Ankyの特徴は、iPadで撮影した名刺をデータ化し、アンケートデータに紐付けできることです。名刺とアンケートのデータを紐付けすることで、すぐにマーケティングに生かせます。さらに、アンケートの回答中に画像や動画などの資料を閲覧できることも強みです。

商談をよりスムーズに、有意義なものにできます。テキストは英語にも対応しており、グローバルなビジネスシーンで役立てられます。

Webアンケートを効率的にするためにツールを利用しよう

専門知識のない人でも使いやすいアンケート作成ツールは数多くあります。無料で利用できるものもあるため、まずは気になるツールを試してみるのも良いでしょう。

よりこだわりのあるアンケートを作りたい場合は、有料のものを選択することも一案です。Webアンケートを効率的に行うためにも、便利なツールを活用してみてはいかがでしょうか。

SHARE

PLEASE CONTACT US

サングローブのサービスにご関心のある方は、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP