最先端のWebマーケティングを発信するメディア

最先端のWebマーケティングを発信するメディア
ストリートビューの使い方~スマホでの見方や過去を表示する方法など~

ストリートビューの使い方~スマホでの見方や過去を表示する方法など~

最終更新日:
SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

Googleマップで利用できるストリートビューをご存知でしょうか。あるいはその利便性にお気づきでしょうか。

本記事では、ずばりストリートビューの使い方について解説します。パソコンだけでなくスマホでの操作や、意外と知られていない過去の街並みを表示できるタイムマシン機能などにも言及。

ぜひ、ご一読いただき、理解を深めてみてください。

ストリートビューとは?

ストリートビューとは?

そもそもストリートビューとは何かを簡単に説明すると「地図情報を確認するにあたって、あたかもその周辺を実際に通行しているように閲覧できるサービス」です。Googleが無料で提供しています。

その土地や建物を撮影した一枚の写真が地続きで存在するため、マウス操作でVR体験のごとく移動できるわけです。そのため、たとえば新丸ビルや八重洲通り、丸の内周辺に初めて訪れる目的地がある場合、このサービスを利用することで、東京駅辺りの既知の場所を出発点にしてそこからの道順をリアルに調査できます。

大事な商談や面接、イベントなどで、会場へスムーズに向かいたい時には2Dの地図よりもずっと安心です。

ストリートビューの基本概要

ストリートビューのなかで可能なアクションは大きく2つ存在します。1つは、特定の地点に留まって周りを見回すことです(360度回転)。そしてもう1つは、カーソルとともに道路上に表示される矢印の方向への進行です。もっとも、場所によっては移動できないこともあります。この事実、すなわち、すべての道路が閲覧できる対象でない点は、あらかじめ知っておくようにしましょう。

といっても、世界中の地図に対応していることは、やはり大きな利点だと思わざるを得ません。到底知る由もなかった海外のリアルな街並みをクリック一つでありありと把握できるのは、冷静に考えて驚くべきことだと考えます。大げさですが、ストリートビューを使って疑似海外旅行というのも一興かもしれませんね。 また、ストリートビューで閲覧できる場所は屋外だけではありません。いわば店舗や施設内にも侵入可能です。ちなみに条件は存在します。それはGoogleビジネスプロフィールで、オーナーが営業する店舗の内観を掲載している場合です。ユーザーからすると、お店や施設探しの決め手になり得る情報が収集できるメリットがあります。他方、発信側にしても、認知度や集客につながる期待が持てるでしょう。

ストリートビューの見方、具体的な使い方

前項までの基礎知識を踏まえて、以下、ストリートビューの操作について具体的に説明します。おさえておきたいのは、パソコンとスマホで見方、使い方が異なる点です。それぞれあくまで一例としてスタンダードなやり方を紹介します。

パソコンでの使い方

まずはストリートビューを表示させましょう。やり方は以下の通りです。

  1. Googleマップにアクセスし、画面左上の検索窓に目的地の名称や住所を入力します。
  2. 意図した対象のGoogleビジネスプロフィールが表示されると、下の方へスクロールし「写真」をクリック。
  3. 上部に表示されるいくつかのメニューから「ストリートビューと360°ビュー」を選択すればOK!
Googleビジネスプロフィールの項目

表示されている写真をクリックすると……。

ストリートビューと360°ビュー

「ストリートビューと360°ビュー」のタブをクリックして切り替えてくださいね。

なお、Googleビジネスプロフィールが表示された際、地図右下の人形にも注目。この「ペグマン」と呼ばれる人間型のアイコンを、ドラッグ&マップに浮かぶ青線(これがストリートビュー対象の道)へドロップしてもストリートビューは表示できます。

ペグマンが表示されているGoogleマップ

続いて、操作方法です。先述した可能なアクションに該当します。

360度回転については次の通りです。

画面をドラッグして上下左右に動かすか、画面右下のコンパスマークの矢印部分をクリックすると周囲を見回せます。コンパスマークに関しては、方角が分からなくなった際も便利です。中央をクリックすると、北向きへと補正してくれます。

そして、移動する場合ですが、こちらもシンプルです。進みたい方向に合わせてカーソルに追従する矢印をクリックしてください。そうやって目的地までの道順の確認や、周辺の様子を把握することができます。

スマホでの使い方

スマホに関しては、ストリートビューにたどり着くアプリが「Googleマップ」「Google Earth」「Googleストリートビュー」の3種類存在します。いずれもiOSであれば「App Store」から、Androidであれば「Google Playストア」からダウンロード可能です。あらかじめ、端末にインストールしておきましょう。

なお、ブラウザ版もアプリ版も基本的に操作方法は同じです。

さて、それでは各アプリ一つずつ確認します。

Googleマップは、検索された場所がストリートビューに対応していれば、矢印マーク付きの小さな画像が小窓で表示されます。そこをタップするとストリートビューの画面が開く仕組みです。

Google Earthは、アプリ立ち上げ時に出現する地球の画像につい目を奪われがちですが、検索メニューで目的地を入力すれば、画面はその場所に移り変わります。真上からの景色を映すため、やや戸惑うかもしれませんが、街並みを見たい(歩きたい)時にはペグマンを利用すればOK!ドラッグ&ドロップで対応可能です。

Googleストリートビューは、名前の通りダイレクトにアプローチできるため、(ストリートビューの)画面を開くのにもっとも手っ取り早いといえます。起動時に表示される検索窓に目的地を指定してタップするだけです。

スマホでのストリートビューの表示

そして、アクション。スマホならではの使い方がスワイプです(もちろん、どのアプリでも可能です)。上下左右に画面をスワイプすれば、それに合わせて視点が回転します。また、移動したい場合は画面上の白い矢印をタップするか、青い線をタップまたはスワイプすればその方向に進んで行けます。曲がり角では矢印をタップ、直線道路では青い線をスワイプするようにしましょう。ズームインとズームアウトも二本の指を使い、直感的に行えます。

ストリートビューで過去に遡ってみよう

ストリートビューで過去に遡ってみよう

パソコン版のストリートビューには、過去に遡って目的地周辺の様子を見ることができるタイムマシン機能が搭載されています。画面左上の小窓枠に“ストリートビュー”とあわせて時計のアイコンが表示されている場合に利用可能です。このアイコンをクリックすると、記録が残っている過去の写真と年代が時系列で出現します。あとは、確認したい時代へ大丸を移動し画像をクリックするだけでOK!画面全体が切り替わり、その地から周辺を散策することができます。

もちろん、ストリートビューを使うにあたって必須の機能ではありません。が、知らずにいるのはちょっと勿体ない気もします。だからこそピックアップしたい要素です。

連綿と続く過去の風景を眺めることや、以前住んでいた場所を懐かしむのに、ありがたい機能だとつくづく感じます。

ストリートビューで使われる写真

ストリートビューで使われる写真が撮影される様子

ストリートビューで使われている写真は、専用の車両を使って撮影されています。かつては、撮影車の屋根に2.45メートルの高さのポールを立て、そこに全天球カメラを15台も設置していたといいます。2017年8月から全天球カメラは7台に減りましたが、いずれも20メガピクセルと解像度の高いものです。加えて、2台のHDカメラと位置検出用のレーザーレーダーも加わり、より繊細かつ鮮明な画像が撮影できるようになっています。

また、ストリートビューでは公園内や登山道など自動車が立ち入れない場所の写真も見ることができますが、それを不思議に思われる方もいらっしゃるでしょう。それらに関しては、実際のところ、専用カメラを搭載した自転車やトライクを走行させる、もしくはスタッフが手動で動いています。当然ながら撮影許可の下りないケースや人が容易に踏み込めない場所だと対応は不可能ですが、基本的には、あれこれあらゆる方法を駆使し、極力多くの画像が収集されていると捉えていいでしょう。

ちなみに過去には、ストリートビューに映っていた画像が見られたくないものであったとしてプライバシーの観点から問題沙汰になったこともあります。当然、そのようなトラブルは避けなければなりません。さすがに現在は改善策が講じられています。具体的には、権利侵害につながりそうな写真についてはAIが判断し補正、また本人をはじめ申請があれば写真掲載を行わないといった対応が取られています。

ストリートビューの魅力を体感しよう!

簡単に使えて便利なストリートビュー。平面図のマップには無い魅力が詰まっています。場所によっては過去に遡れる機能まで付いているため、活用次第で楽しみ方も増やせます。諸々拙稿にて初めて知った方は、ぜひ試してみてください。

SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

この記事を書いた人

ヒゴ
無知、無能、無粋、無才、無点法……。SEOやアクセス解析に腐心しつつも、それらはまるで逃げ水のように追いかけては遠く離れ、ようやく掴んだと思った矢先にはシビアな現実を突きつけられる有様です。あるいはライターとして名を連ねることに気後れしながら、日曜大工のスタンスで恣意的かつ箸にも棒にもかからない駄文をまき散らしています。隠し切れない底意地の悪さ。鼻持ちならない言い回し多数。どうかご容赦ください。

UPDATE 更新情報

  • ALL
  • ARTICLE
  • MOVIE
  • FEATURE
  • DOCUMENT