最先端のWebマーケティングを発信するメディア

最先端のWebマーケティングを発信するメディア

次世代SNS「Bluesky(ブルースカイ)」とは?始め方や使い方などを解説

最終更新日:

SNS

SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

X(旧:Twitter)の代替として注目されている「Bluesky(ブルースカイ)」というSNSをご存知でしょうか。

アカウント作成には招待コードの取得が必要でしたが、2024年2月6日に招待制が廃止されたことで誰でも利用できるようになりました。そのため、利用者が急増しています。

この記事ではBlueskyについて徹底解説します。始め方や使い方など、詳しく知りたい方はぜひ最後までご確認ください。

Bluesky(ブルースカイ)とは?

(出典:Bluesky X

Bluesky(ブルースカイ)とは、X(旧:Twitter)の共同創業者であるジャック・ドーシー氏らが発案したSNSです。Xと同じくテキストでコミュニケーションを行うため、楽しみ方や操作性もXと似た仕様になっています。

XはX社が中心となって管理している「中央集権型SNS」ですが、Blueskyは、複数のサーバーが連携しながら情報管理を行う「分散型SNS」です。

特定の企業によってコンテンツを管理されることがないため、ユーザーが自由に情報を共有することが可能です。

Blueskyは日本語対応してる?

Blueskyは日本語にも対応しています。2023年1月にアプリの配信が開始されましたが、2024年2月から招待コードが廃止され、誰でも利用可能になったタイミングで対応できるようになりました。

もし、日本語設定にならない場合は、アプリのバージョンが古い可能性があります。最新バージョンにアップデートされているかどうかご確認ください。

BlueskyとX(旧:Twitter)の特徴を比較

Bluesky X
(旧:Twitter)
SNSの特徴 分散型SNS 中央集権型SNS
基本的な機能 いいね、ポスト、リポスト、返信、引用、ブロック いいね、ポスト、リポスト、返信、引用、ブロック
最大入力文字数 300文字 140文字
最大添付画像数 4枚 4枚
動画投稿 ×
非公開設定
(鍵アカウント)
×
DM
(ダイレクトメッセージ)
×
検索機能 ユーザー名検索
キーワード検索
ハッシュタグ検索
ユーザー名検索
キーワード検索
ハッシュタグ検索
タイムライン 自由にカスタマイズ可能 「フォロー中」と「おすすめ」
広告 表示されない 表示される
Webブラウザ

機能は2024年3月時点です。

Blueskyには、動画投稿やアカウントの非公開設定など、現段階では利用できない機能がありますが、タイムラインを自由にカスタマイズできる点や、広告が表示されない点など、X(旧:Twitter)にはない便利な機能も搭載されています。

順調にユーザー数が増え続けていることもあり、今後のアップデートで新機能の追加が期待できます。

Blueskyの始め方

Blueskyを始めるには、アカウントの作成が必要です。電話番号を使用してSMS認証を行う必要がなく、メールアドレスだけで作成が可能です。

Webブラウザからアカウントを作成することもできますが、この記事ではスマホ版のアプリから作成する方法を解説します。

手順は以下のとおりです。

  • 【Step1】「新しいアカウントを作成」を選択します。
  • 【Step2】「メールアドレス」「パスワード」「生年月日」を設定してください。
  • 【Step3】ユーザーハンドル(ユーザー名)を設定しましょう。
  • 【Step4】自分の興味のある項目をタップしましょう。
  • 【Step5】興味のあるアカウントがあればフォローしてみましょう。
  • 【Step6】フォロー機能の設定を行いましょう。
  • 【Step7】おすすめのフィードがあればフォローしましょう。
  • 【Step8】非表示したい項目を選択できます。
  • 【Step9】「Let’s go!」をタップすればアカウント設定完了です。

それでは実際の画像を用いて説明します。

まずはアプリを開いてください。アプリをお持ちでない方は、下記からインストールをお願いします。

iOS版

Android版

【Step1】「新しいアカウントを作成」を選択します。

【Step2】「メールアドレス」「パスワード」「生年月日」を設定してください。

【Step3】ユーザーハンドル(ユーザー名)を設定しましょう。

【Step4】What are your interests?(あなたの興味は何ですか?)と問われますので、自分の興味のある項目をタップしましょう。

【Step5】おすすめのアカウントが紹介されるため、興味のあるアカウントがあればフォローしてみましょう。フォローしたくない場合は「スキップ」で問題ありません。

【Step6】フォロー機能の設定を行いましょう。日本語訳は以下のとおりです。

・フォローしているアカウントの返信を表示する

・フォローしているアカウントの再投稿を表示する

・フォローしているアカウントの引用を表示する

設定したら「続行」をタップします。(アカウント作成後からでも変更可能です)

【Step7】おすすめのフィードがあればフォローしましょう。

(フィードについては「Blueskyの使い方」で後述します)

【Step8】非表示したい項目を選択できます。デフォルトの「非表示」のまま「続行」をタップで問題ありません。

【Step9】「Let’s go!」をタップすればアカウント設定完了です。これでBlueskyを始めることができます。

Blueskyの使い方

BlueskyはX(旧:Twitter)の代替として注目されているSNSということもあり、似たような感覚で楽しむことができますが、Xとは異なる機能も存在します。

Blueskyの基本的な機能は以下のとおりです。

  • ポスト
  • リポスト
  • 引用
  • フィード

では、1つずつ使い方を解説していきます。

ポスト

ポストは、コンテンツを投稿する機能です。

画面右下のアイコンをタップすれば、テキストの入力や画像の投稿が可能です。

リポスト

リポストとは、他人のポストを自分のアカウントで拡散できる機能のことです。

投稿の下にある矢印マークをタップすればリポストすることができます。

引用

引用は、他のユーザーのポストに自分のコメントを添えて投稿することができる機能です。

投稿の下にある矢印マークをタップして「引用」を選択しましょう。

フィードとは、検索ワードを入力することで、特定の内容だけに絞り込んだポストを一覧表示できる機能です。

また、フィードをカスタマイズし、他のユーザーとフォローすることも可能です。

Blueskyは複数のアカウントを作成できる?

Blueskyは複数のアカウントを作成することが可能です。

ただし、複数のアカウントを作成するには、新しいメールアドレスを使用する必要があります。作成したいアカウントの数だけメールアドレスをご用意ください。

Blueskyは鍵垢(非公開アカウント)にできる?

Blueskyには、鍵垢(非公開アカウント)にできる機能は搭載されていません。そのため、特定のユーザーのみに投稿を公開することはできません。

アップデートによって新機能の追加が期待できるため、今後の対応を待つしかありません。常にアプリを最新の状態にしておきましょう。

Blueskyのセンシティブ設定について

Blueskyは、センシティブなコンテンツに対して厳しいルールが設けられています。

アダルト画像や暴力的な画像はもちろんのこと、肌の露出が目立つ写真や美術資料の裸体デザインなども規制の対象に含まれる傾向があるため、投稿の際はご注意ください。ポストが削除されるだけでなく、アカウントが凍結するリスクもあります。

リスクを避けたい場合は、画像添付した後に投稿画面の「!」マークの付いた盾のマークをタップすれば、成人向けコンテンツのポストが可能になります。

ただし、設定したからといって全てのポストに対応するわけではありません。常識の範囲内でのマナーを厳守して利用してください。

企業のBluesky活用事例

X(旧:Twitter)やInstagramなど、SNSを上手に活用すれば、企業のブランディングや新規顧客の獲得に効果的です。

Blueskyも例外ではなく、実際にアカウント登録している企業も数多く存在します。

  • GIGAZINE
( 出典:GIGAZINE Bluesky

GIGAZINE(ギガジン)は、株式会社OSAが運営しているIT系ニュースサイトです。

Bluesky上でも、パソコンやガジェット等の新製品についての情報や、時事的なニュースやサブカルチャーなど、幅広く紹介しています。

  • ウェザーニュース

気象情報会社ウェザーニューズ(WNI)の公式アカウントです。気象や天気予報などのニュースだけでなく、災害情報も投稿しています。

  • セガ公式

セガ公式アカウントは、招待制が廃止された翌日の2月8日にアカウントが開設されました。ゲームやイベントの最新情報や、セガ社内の様子を公開しています。

まとめ

招待コードを取得しないと利用できなかったBlueskyですが、現在は招待コード不要で利用可能になったため、ユーザー数の増加が期待されています。操作性も問題なく、X(旧:Twitter)と同じような楽しみ方ができるでしょう。

徐々に多くの方が利用する可能性もあるため、この機会にアカウントを作成してみてはいかがでしょうか。

Xの代わりになる新しいSNSを探している方や、分散型SNSを利用してみたい方は、ぜひ一度お試しください。

SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

この記事を書いた人

ニシオカ
美容外科のWebマーケ/ライターの経験を経て、サングローブへ入社。前職ではWebページだけでなく書籍の出版も担当。音楽を聴きながら執筆すると捗る。

UPDATE 更新情報

  • ALL
  • ARTICLE
  • MOVIE
  • FEATURE
  • DOCUMENT