最先端のWebマーケティングを発信するメディア

最先端のWebマーケティングを発信するメディア
インスタグラムのプロアカウント

インスタのプロ(クリエイター)アカウントとは?ビジネスアカウントとの違いも解説

投稿日:
SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

「インスタ」の略称で知られる大人気SNS、Instagram(以下、インスタグラム)。インスタグラムには多くの一般ユーザーが利用する「個人アカウント」以外に「プロアカウント」が存在し、さらに「プロアカウント」は「クリエイターアカウント」と「ビジネスアカウント」の2つに分けられます。

これらはいったい何が違うのでしょうか?この記事ではインスタグラムのアカウントの違いについて解説します。

インスタグラムにおけるプロアカウントとは

インスタグラムには合計3種類のアカウントがあります。

ひとつが初期状態から利用できる個人アカウント。基本的な機能が使えるので、ビジネス利用が目的でないなら特にこのまま変更しなくても不便はないでしょう。

そして2種類のプロアカウント。プロアカウントにはクリエイターアカウントビジネスアカウントがあり、個人アカウントから切り替える際にどちらかを選べます。

プロアカウント

クリエイターアカウントやビジネスアカウントに切り替えることで、個人アカウントにはない下記のような機能が使えるようになります。

  • 問い合わせ先を表示できるようになる
  • メッセージの受信箱が2つになる
  • プロフィール写真の下にカテゴリラベルを設定できるようになる
  • インサイト(分析機能)を使えるようになる
  • 予約投稿が可能になる
  • 広告の出稿が可能になる
  • ショッピング機能を設定できるようになる
  • アカウントの管理を複数人で行えるようになる

これらの機能はインスタグラムを主に閲覧目的に利用するユーザーなどには不要のものばかりですが、ビジネスに活用したい人にはどれも必須といえます。特にインサイトは、自分のアカウントを育てるため、投稿に対する反応をモニタリングし、適宜修正する際に便利です。

プロアカウントに切り替えるメリット

個人アカウントからプロアカウントに切り替えることで、フォロワーからのコンタクトを受けられるようになったり、投稿への反応を分析できるようになったり、広告出稿できるようになったりします。

広告を活用できれば、フォロワーが少ない初期段階からインプレッション(表示回数)を大きく増やすことができます。広告費は必要ですが、アカウントの認知度を高める機会となるので、集客目的の場合は大きなメリットがあります。

またカテゴリラベルの設定も重要です。プロアカウントに変更する際、コミュニティ、デジタルクリエイター、教育、起業家、健康・美容など、さまざまなカテゴリが提案されるので、自分のアカウントに最も近いものを選びましょう。

カテゴリ登録しておくことで、近い属性のユーザーに見つけてもらいやすくなったり、近いカテゴリの投稿が表示されやすくなったりします。

ショッピング機能を活用すれば、インスタグラム上で商品を販売することが可能になります。フォロワー数を増やせば集客もできるので売上アップが見込めるでしょう。

アカウントの切り替え方法など、詳細については下記の記事をご覧ください。

クリエイターアカウントとは?

クリエイターアカウントとは、クリエイターやインフルエンサー等に向けて用意されたプロアカウントです。個人アカウントからプロアカウントに切り替える際、クリエイターアカウントを選ぶことで使えるようになります。

クリエイターとは英語で「創造者」や「何かを作る人」という意味を持つ言葉です。一般的にはゲームクリエイターやミュージシャン、写真家などごく限られた職業だけに該当すると思われるかもしれませんが、インスタグラムでは誰でもクリエイターアカウントを利用できます。

しかし、自分の投稿を広く拡散しファンを獲得するためには、個人アカウントからクリエイターアカウントに切り替える際、適切なカテゴリ登録をすることが大事です。

カテゴリー選択画面

自分のアカウントの属性に近いカテゴリを選んで、積極的に投稿しましょう。

クリエイターアカウントとビジネスアカウントの違い

どちらもプロアカウントのため基本的な機能は共通していますが、ビジネスアカウントの場合、クリエイターアカウントよりも、顧客からのコンタクトを受け取りやすくなる機能が使えるようになります。

店舗向けの機能が充実しているビジネスアカウント

クリエイターアカウントは連絡先にメールと電話番号(WhatsAppの電話番号も含む)の2種類を登録できますが、ビジネスアカウントの場合、住所も設定できます。投稿を目にした人がお店に予約を入れたり、来店しやすくなったりするため、実店舗などで活動しているユーザーにとって非常に便利です。レストランや美容室など、お店の商品やサービスのPRに活用しましょう。

また店舗向けのアクションボタンが設置できる点も大きな違いです。「席の予約」や「料理の注文」など、インスタグラム上で直接購買行動につなげられるので、売上アップが期待できます。

このとき、特筆すべきは導線の簡略化にあります。インスタグラムのプロフィール画面やストーリーズからホームページへリンクするケースと比べて圧倒的にシンプルです。アプリ内で完結し、外部に遷移させないので煩雑さがありません。利用者にとって非常に親切な仕組みだといえます。

ブランドコンテンツ広告について

ブランドコンテンツ広告とは、インスタグラマーの投稿(写真や動画)を提携した企業などが広告として利用できる機能です。

企業側にとっては、フォロワーが多い、あるいはターゲット層からの知名度が高いインスタグラマーの投稿を自社の広告として使えるので広告効果が期待でき、インスタグラマー側も自分の投稿を拡散してもらえるのでさらなる認知度アップが望めます。

有名インフルエンサーなどが提携したブランドの商品をPR投稿として紹介する「タイアップ」もブランドコンテンツ広告のひとつです。

ブランドコンテンツ広告を使うには、個人アカウントからプロアカウント(クリエイターアカウントかビジネスアカウント)に変更した後、ブランドコンテンツツールの審査にパスする必要があります。

ブランドコンテンツ広告

提携したい企業やブランドがあるクリエイターアカウントユーザーは、設定画面の「ビジネス」から「ブランドコンテンツ」を選択し、「ブランドパートナーに承認をリクエスト」より、そのアカウントを入力して検索しましょう。相手がこちらのリクエストを承認してくれれば、ブランドパートナーとして成立します。

ブランドコンテンツ広告検索画面

また、ビジネスアカウントの場合は、提携したいインフルエンサーにリクエストをすることが可能です。

なお、個人アカウントからクリエイターアカウントやビジネスアカウントに切り替えたからといって、固定する必要はありません。変更はいつでも自由にできるので色々と試してみましょう。

まとめ

多くのユーザーが利用するインスタグラムはビジネス活用に欠かせません。投稿を分析するインサイトやアクションボタンなど、集客や売り上げに関わる機能が充実しているため、ビジネスと親和性が高いSNSだといえます。

またビジネス目的でなく、自分の作品を広めたいなど認知度アップにも役立てられるので、ユーザーごとにさまざまな目的と活動方針に合った運用が可能です。

まずは何を目的としてインスタグラムを使うのか明確化した上で、ご自身に合わせたアカウントやカテゴリを選んで活用してください。きっと良い成果が生み出せるでしょう。

SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

この記事を書いた人

長谷部 耕平
独立8年目になる元・化学系メーカー出身のフリーライターにして登録者1万人超えのおっさんYouTuber。これまでに書いた記事の数は最低でも4,000記事以上。ビジネスからエンタメまで幅広いジャンルで活動中です。

UPDATE 更新情報

  • ALL
  • ARTICLE
  • MOVIE
  • FEATURE
  • DOCUMENT