fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

SEO
SEOでのタイトルの付け方って?書き方の簡単テクニック
2020/08/11

SEOで大事なページタイトル

SEOでタイトルに注力するのは、SEO黎明期からの常套手段です。
移りゆく時代のなかで、アルゴリズム(Googleが検索順位を決定させるためのルール)の変動が常にあるにせよ、タイトルの重要性はいまだ根強いものと考えます。

ブログやホームページの運営にあたって、アクセス数を伸ばしていくことは担当者の命題といっていいでしょう。加えて、一つの対策としてSEOへの目配りが必須であることはもはや自明の理。そして、そこに大きく影響を及ぼすのがタイトルなのです。

本記事では、ずばりタイトルの付け方、書き方にフォーカスします。
とりわけSEO初心者に、ぜひ読んでいただきたい内容です。

目次

SEOのタイトルタグ、その重要性について

タイトルタグのこと

タイトルは記事にとって表札のようなものです。
Webページを開くと、ブラウザのタブにはタイトルに該当する文字列が表示されます。
これは、HTML(Webページを作るためにファイルに記述されるマークアップ言語のひとつ)内のタイトルタグ(titleと書かれたタグ)に記載されているテキストです。それが自動的にタブや検索結果に表示される仕組みとなっています。

つまり、この仕様は検索エンジン(検索窓に探したい情報に関する言葉を入れることで、インターネット上に散らばっているWebサイトのなかから、さまざまなコンテンツを探し出し、ブラウザ上で一覧表示してくれるシステム)に伝えるためのものです。

しかし、タイトル決めに奮闘すべき理由はそれだけではありません。いくら上位でも、検索ブラウザ上でユーザーにクリックしてもらわなければ、当然アクセス数にはつながらないわけです。
筆者が思うに、現在のアルゴリズムではアクセス数が順位決定要素として強く作用しています。まったくクリックされないとなると、順位はたちまち下がり、ユーザーとの接点がどんどん離れてしまうことでしょう。

したがって、検索エンジンとユーザー、両者の気持ちを慮る必要があります。

最適か否か、タイトルタグを数値で測る?

タイトルタグの最適化ツール

タイトルタグのテキストにあるワードをGoogleがどのように認識しているか分かる便利なツールがあります。それが、『Cloud Natural Language』です。

画面上にある“Natural Language APIのデモ”の欄に(Try the API)にテキストを入力し、ANALYZEをクリック、あわせて表示される「私はロボットではありません」にチェック。
そうすれば、どのワードがどのように検索エンジンでは読まれているか、重要度をどう判断しているのかを数値化やタグ付けで教えてくれます。
非常にありがたい機能です。使わない手はありませんよ。

タイトルタグの最適化なら「Cloud Natural Language」

SEOにおけるタイトルで扱うキーワードの使い方

タイトルタグのテクニック

SEOではキーワード選定が大事ですが、「ひとたび決めたキーワードをどのように使っていくか」も非常に大切なポイントです。
もちろん、タイトル内でも同じことがいえます。
以下、持論含め、セオリーを紹介します。

上位表示を狙うキーワードは前方に置く

野暮な話をすると、本記事のタイトルはSEOを意識しています。
では、具体的にどういったワードでの上位表示を目論んでいるか。
ひとつ、「SEO タイトル」です。
ふたつ、「SEO タイトル 付け方」です。
みっつ、「SEO タイトル 書き方」です。
小見出しよろしくキーワードを前方に置こうとしているのが分かると思います。

狙いは単純です。こうすることで、検索エンジンへ大事なワードが何かを示すことになります。一応、検索エンジンは文脈を読み取れるほどに進化するようになったといわれ、実際に検索ワードが後方にあっても上位に立つページは存在しますが、まだまだ精度が不安定であるのも確かです。
いずれにせよ、前方に置いて不自然でなければ、そうすることに越したことはないと考えます。

複合キーワードでは距離を極力近づける

再度、本記事のタイトルと対策ワードを確認してください。
いずれも複合キーワードでの対策を図っているわけですが、その距離をなるべく近づけていることが伝われば幸いです。
たとえば、拙稿のタイトルは「SEOで簡単に使えるテクニック。タイトルの付け方、書き方って?」であっても、内容そのままで大きな齟齬を生むことなく読み手に通用すると考えます。
しかし、検索順位は変わる可能性が高いです。
なぜなら、“SEO”に対して、“タイトル”、“付け方”、“書き方”までのワード間の距離が違います。ユーザーベースだと同じものと解釈できるタイトルが、検索エンジンからするとやや異なる印象を抱かせてしまうこともあるのです(厳密にいえば、ワードに掛かる助詞によっても変わってきます)。それゆえ、順位に影響を及ぼすかもしれません。

結論、複合語による対策ワードは、(基本的に)前方かつワード間を離さないことが望ましいと考えます。

キーワードを詰め込みすぎない

有効な方法にばかり目を向けるのではなく、避けるべきポイントへの意識も大事です。
たとえば、キーワードの詰め込み。
上げたいワードを欲張り、闇雲にタイトルへ放り込んでしまうと、検索エンジンはおろか、ユーザーからもそっぽを向かれるはずです。
具体的には5ワード以上が詰め込まれていると、そのページで主軸としている本当に大事なテーマが判然とせず、上位表示は難しくなると思います。

キーワードカニバリゼーションを回避する

「共食い」を意味するカニバリゼーションは、SEOにおいては同じサイト(ドメイン)内で評価が分散されることを指します。
キーワードカニバリゼーションということは、その名の通りキーワードに対してです。
検索エンジンは基本的に、あるワードに対して、一つのサイトから一つのページを検索結果にヒットさせるようにします。
そのため、サイト内にある複数のページで同一キーワードの対策を行った場合、検索エンジンはどのページをランキングに送り出せばよいのか判断に困ってしまうのです。
最悪、すべて圏外になる恐れさえあります。
厳密にいうと、検索エンジンが判断するユーザーの検索意図が重複してしまうと、この現象は起きやすくなります。

そうしたなかで、タイトルはまさに格好の餌食です。
まず、絶対やってはいけないことが全文一致での重複。高い確率で圏外行きのペナルティを受けます。部分一致でも差別化を図れないなら、上位表示の機会を妨げることになるでしょう。
したがって、各ページ間でキーワード(検索意図)が重複しないように対策を図るようにしなければなりません。

SEO向けにタイトルでも使いたい関連語と共起語

SEOで大事なワード

キーワードの詰め込みには注意すべきですが、メインとなる言葉だけに絞るのは、それはそれで間口を狭めてしまうため、勿体ないようにも思います。
そこで取り入れたいのが、関連語と共起語です。
本文のなかでは、網羅性の高い記事を作成するうえで確実に使っていきたいものではありますが、タイトルに含ませることも一つの手法と考えていいでしょう。

まず、関連語とは何か?
ユーザーの知りたい内容はワード1つ、2つに集約されるものではありません。ときに、3語、4語で検索し、有益な情報にアプローチしていきます。
関連語は、そうしたメインとなるキーワードに付随する言葉です。
サジェストとも呼ばれ、検索窓に1語入力した時点で検索候補として表示されます。検索画面の最下部に並ぶ「○○に関する検索キーワード」でもお馴染みですね。

他方、共起語。ロングテールとも呼ばれます。
あるワードについてのコンテンツを作成する際、一緒に使われやすい言葉です。まさに特定のワードから共起されるもの。
検索エンジンは、「○○」から共起される「□□」が含まれていないコンテンツを「○○」の検索結果で上位表示してしまってはユーザーに対して親切ではない、と判断するでしょう。すなわち、共起語もまたSEOにとって効果的な言葉だということが分かります。

なお、どちらも専用のチェックツールで容易に抽出することが可能です。

おすすめのChrome拡張機能

関連語や共起語を調べるツールは数多存在しますが、筆者おすすめは、Chromeの拡張機能「Extract People also search phrases in Google」です。
検索したユーザーがあるサイトへ流入した後に、別のワードで再度検索された際、そのログデータが確認できます。そう、お察しの通り、サジェストです。
ポイントは一度に取得できること。一ページ目に関しては、サイトごとに表示されるため、分析するにも便利です。
なお、この拡張機能はGoogleの検索結果だけに適用されます。
無料で、なおかつすぐにチェックできるメリットを考えれば、重宝せざるを得ないでしょう。
ぜひ、使ってみてください。

SEO対策としてのタイトルの文字数

タイトルタグの決まり

手動で設定したタイトルは、必ずしも検索結果にそのまま反映されるわけではありません。よくあるのが文字数の多いタイトル。全文表示されず、途中で切れてしまいます。もしくは全く別の文言に変更されてしまうケースもあるため、注意が必要です。

検索エンジンは端的でわかりやすいタイトルを好む傾向にあります。文字数にして30字前後といったところでしょうか。英数字などは半角を用いるなどすれば35字程度まで表示されることがありますが、あまりおすすめしません。
また、短い場合は伝わる情報が少ないため、流入間口の観点からも改善の余地があると考えてください。

適度な文字数を保ちながら、ページの特徴を明確に表していくことが求められます。

SEOを睨んだクリックされやすいタイトル

ユーザーがそのサイトへ訪問するかどうかはタイトル(もしくはディスクリプション)次第といっても過言ではありません。
思わずクリックしたくなる魅惑のフレーズ。おさえるべきポイントはどこか。
統計的な裏付けも相まって、知っておくと便利な技法はいくつかあります。

質問形式で答え合わせを促す

質問形式の文面を前にすると、人は無意識に答えを探り当てようとするものです。検索結果に並ぶページタイトル。そこにクエスチョンマークが含まれていれば、どうでしょう。
視界に入ったその問いの気になる正解はサイトの中。俄然、クリックしたくなりますよね。
また、検索したユーザー自身の頭に答えが浮かんでいる場合でも、その正否を明らかにしたくなるかもしれません。
要するに、そうした心理を利用するのが、クリックを促す一つの手段になり得るという話です。

主題を先に明示する

多くのユーザーはページタイトルを全文読まずに、一瞥した印象でサイトをクリックするものと考えてください。
では、パッと見ただけのユーザーを誘導するにはどうすればいいのでしょう。
大事なのは主題を先に明示することです。
先に述べた“キーワードの前方配置”が「検索エンジンに対する内容(≒主題)の伝達」として機能する一方で、ユーザーにとっては、「欲しい情報(≒主題)の入口」を分かりやすく案内することにつながります。
逆にいえば、テーマを即座に認識できるよう提示しなければ、受け手がそのコンテンツに接触することはなかなか難しいかもしれません。

効果やメリットを伝える

主題を明確に伝えるだけでなく、そのページを訪れることによってユーザーにどういった利益をもたらすかまでタイトルで表現できると、期待感を持たせクリックという行動へと導きやすくなるでしょう。
他方、注意も必要です。大げさに効果やメリットを謳ってしまっては品性に欠けたものとして敬遠される可能性があります。また、無理に詰め込んでしまうのもよくありません。冗長なタイトルとなって主題が薄れてしまうリスクが考えられます。
こうした懸念点をうまく回避できれば、訴求力の高いページタイトルとなり、アクセス数にも良い影響をもたらしてくれるはずです。

タイトルに注力することがSEOでは不可欠

タイトルタグは不可欠です

検索エンジンの進化を、偏った解釈で好都合と捉え、「テキストやレイアウト、デザインのクオリティアップに集中すれば、自然とSEOをハックできる」と考えている向きが、コンテンツ至上主義者(あえてそう呼ばせていただきます)のなかには、時々見受けられます。
もちろん、品質を高めることは大事です。ユーザーにとって有益な情報を発信することで検索結果の上位表示につながりやすくなるのも頷けます。
ただ、あくまでSEOを司るのは検索エンジン。ここのジャッジメントにどう迎合するかが鍵となります。
たとえば、(極論ではありますが)盲目的に美的センスだけを追い求めてもタイトルを「無題」にしてしまったら、SEOの世界では台無しです。

今後のアップデートやアルゴリズム変動によってどうなるか分からないにせよ、現在、SEOにおける約束事、決まり事、順位の傾向には、確固たる要素が少なからず存在します。
そのひとつであり、どうしたってしっかりと向き合うべき項目がタイトルです。
これまで疎かにしてきたのであれば、本記事を参考にぜひ注力してみてください。
思いのほか、その効能、有用性の高さが感じられるはずです。

(本文:イケダ)

SHARE

PLEASE CONTACT US

サングローブのサービスにご関心のある方は、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP