最先端のWebマーケティングを発信するメディア

最先端のWebマーケティングを発信するメディア
BeReal(ビーリアル)とは?使い方や危険性などを解説

【2024年最新】BeReal(ビーリアル)とは?使い方や危険性などを解説

最終更新日:

SNS

SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

2020年にフランスでリリースされた、BeReal(ビーリアルもしくはビリール)というSNSアプリをご存知でしょうか。

「本物の友情を築こう」をコンセプトに生まれ、”写真映えが必要ないSNS”として注目されています。

今まで人気を獲得してきたSNSの特徴と逆行するようなSNSになぜ関心が集まったのか、この記事ではBeRealについて詳しく解説します。

ちなみに、以前の公式発表で正式な発音はビリールと表記がありましたが、ビーリアルのほうが一般的に浸透している傾向があるため、本記事では後者の呼び方で統一します。

目次

BeReal(ビーリアル)とは

BeReal(ビーリアル)とは

BeReal(ビーリアル)とは、1日に1度、不規則に届く通知に合わせて写真を投稿し、日常の一コマを共有できる無料のSNSです。

従来のSNSのように好きなタイミングで投稿するのではなく、”通知を受け取ってから2分以内に撮影して投稿”という時間制限があるため、「過去に撮影した写真の投稿」や「映えを意識したスポットに行って撮影」などの工夫ができないのが特徴です。

盛らない写真や自然体な日常を共有できる点が、SNS疲れを感じにくく、Z世代などの若い世代に人気を博しています。

BeRealでできること

BeRealは写真を投稿する以外にも、できることがたくさんあります。

まずは、BeRealを使いこなす基礎知識として、基本的な機能を紹介します。

外側と内側のカメラで同時に撮影できる

BeReal(ビーリアル)のカメラ機能

BeRealのカメラ機能は、通常のカメラアプリや他のSNSとは異なり、外側と内側のカメラで同時に撮影が可能です。

インカメラで投稿者が撮影されるため、ユーザーの表情も一つの投稿に収めることができます。撮影者が写ることで、その場で撮影しているという”リアル感”のある写真が撮れるのが特徴です。

また、フィルター機能がないため、Instagramのような盛った写真を撮影できないのも特徴です。一見、マイナスのように感じるかもしれませんが、よりリアルな写真を投稿できる点が、”映える写真”に疲れたユーザーの心をつかんでいます。

【BTS機能】写真撮影直前の数秒間を録画できる

BeRealは動画を撮影することはできませんが、2023年12月13日に「BTS(Behind the Scenes)」という新機能が追加されたことで、写真撮影直前の数秒間を録画することが可能になりました。

シャッターを切った手前の映像も記録されるため、iPhoneの標準カメラに搭載されている「Live Photos(ライブフォト)」のように動く写真を撮ることができます。

BTSはデフォルトでONに設定されています。投稿後に解除することも可能ですが、解除して撮影したい場合は、撮影画面右上の「BTS On」をタップして「BTS Off」にしておきましょう。

通知を受け取ってから2分以内に投稿

BeReal(ビーリアル)の通知

BeRealは通知が届いたら2分以内に写真を投稿するルールです。そのため、臨場感のある写真を投稿できます。

2分を過ぎても投稿自体は可能ですが、通知からどれだけ遅れて投稿したかが分かるメッセージが表示されます。

リアルタイムで聴いていた音楽を共有できる

BeReal(ビーリアル)の音楽共有設定

BeRealは、「Apple Music」と「Spotify」と連携が可能です。そのため、リアルタイムで聴いている音楽を共有することもできます。

また、アプリの位置情報をオンにすれば、現在地を共有することができるため、より詳しく自分の情報を発信できます。

過去の投稿を見返すことができる

InstagramやX(旧:Twitter)などのSNSにも共通する点ではありますが、BeRealでも過去の投稿を見返すことができます。

ただし、他人が投稿した過去の写真を見返すことはできません。見返せる投稿は自分の写真のみです。

友達のアカウントにコメントできる

BeReal(ビーリアル)のコメント投稿機能

友達の投稿にコメントが可能です。

また、自分が投稿した写真の場合、「キャプションを追加」をタップすれば、題名を作成することもできます。

【RealMojis】自分の写真でリアクションを行える

BeReal(ビーリアル)のRealMojis

BeRealでは、相手の投稿に自分の写真でリアクションを送ることができる「RealMojis」という機能が存在します。

撮影した写真を絵文字のように使用することができるため、オリジナリティのあるアプローチが可能です。

Instagram(インスタグラム)に載せることができる

BeReal(ビーリアル)のInstagram(インスタグラム)に共有できる機能

BeRealで撮影した写真は、Instagram(インスタグラム)で共有可能です。

ホーム画面右上の「…」をタップし、「BeRealをシェアする」からInstagramを選択すれば、フィード投稿・ストーリーズ・DM(ダイレクトメッセージ)で共有可能です。

投稿に友達をタグ付けできる

BeReal(ビーリアル)のタグ付け機能

投稿に友達をタグ付けできるのもBeRealの特徴です。タグ付けを行うと相手に通知を送ることができます。

投稿の左下にある人影のアイコンをタップすれば友達が一覧表示されます。アカウントの右側にある「タグ付け」をタップすれば完了です。

また、自分がタグ付けされている投稿を共有(リポスト)することも可能です。

グループを作成できる

BeReal(ビーリアル)のグループ機能

BeRealでは、グループを作成して写真やメッセージを共有することができる「RealGroups(リアルグループ)」という機能があります。グループ内で投稿した内容はメンバーだけが閲覧できるため、プライベートなやり取りが可能です。

また、グループの管理者は好きなタイミングでメンバーに通知を送ることができるのも特徴です。

BeRealの特徴と注意点

たくさんの楽しみ方ができるBeRealだからこそ、注意点が気になる方も多いのではないでしょうか。

ここからはBeRealならではの特徴と併せて注意点を紹介します。

投稿は1日に1度のみ

BeRealでは、1日に何度も投稿することができません。

撮り直しは何度でも可能ですが、1日に投稿できる回数は1度のみです。

撮り直しはバレる

BeReal(ビーリアル)は撮り直しするとバレる

通知を受け取ってから2分以内であれば何度でも撮り直しが可能ですが、投稿に撮影回数が表示されるため、撮り直したことがバレてしまいます。よりナチュラルな投稿を楽しめる点が、良くも悪くもBeRealの特徴です。

自分が投稿しないと他人の投稿を閲覧できない

BeReal(ビーリアル)の投稿画面

BeRealを閲覧するには、友達(相互フォロー)になる必要があります。

また、未投稿だと閲覧が制限されるため、閲覧専用のアカウントとして楽しむことはできません。

さらに、翌日に新しい通知が届くと再度閲覧できなくなる仕様のため、毎日の投稿が必要です。

投稿が24時間で消える

BeRealでは、投稿は24時間で消える仕様になっています。他人の投稿だけでなく、自分が撮影した過去の投稿も遡って確認することができません。

他人の友達(フォロワー)を確認できない

BeRealでは、他人の友達(フォロワー)を確認することはできません。

InstagramやX(旧:Twitter)などのSNSを利用すると、フォロワー数が気になる場合もあると思いますが、BeRealでは数字を気にする必要がないため気軽に利用が可能です。

投稿の削除は1日に1度のみ

BeRealには、投稿の削除は1日に1度の制限があります。2分間のカウントダウン中であれば何度でも撮り直し可能ですが、「投稿」ボタンを押したら、削除と撮り直しは1度しか行えません。

スクショすると相手にバレる

BeReal(ビーリアル)のスクショ画面

BeRealはスクショすると、相手の写真右上にスクショされた回数が表示されます。アカウント名も表示されるため、スクショしたことが相手にバレたくない方は注意が必要です。

ちなみに、1つのアカウントで同じ写真を複数回スクショしてもカウントは1となります。

タイムゾーンを選択できる

BeReal(ビーリアル)のタイムゾーン設定画面

BeRealでタイムゾーン機能を設定すれば、通知が届くタイミングを自分の国の生活リズムに合わせて調整できます。

そのため、就寝時や早朝など、通知が確認しにくい時間帯を避けることが可能です。

BeRealの始め方・使い方

BeReal(ビーリアル)を起動したスマートフォン

BeRealはフランス発のSNSですが日本語にも対応しています。操作性もシンプルですので、すぐに使い始めることができるでしょう。

ここからは、BeRealの始め方・使い方について解説します。

アプリのインストールがまだの方は下記からお願いします。

▶iPhoneユーザーはこちら
▶Androidユーザーはこちら

始め方①:電話番号を登録する

BeReal(ビーリアル)の始め方①

アプリをインストールしたら、電話番号を登録します。

始め方②:承認コードを入力する

BeReal(ビーリアル)の始め方②

電話番号を入力し、承認コードを入力してください。

始め方③:名前を入力する

BeReal(ビーリアル)の始め方③

名前を入力しましょう。

本名の必要はありません。アカウント作成後、設定した名前がプロフィール画面に表示されます。

始め方④:誕生日を入力する

BeReal(ビーリアル)の始め方④

誕生日を入力します。

始め方⑤:ユーザー名を設定する

BeReal(ビーリアル)の始め方⑤

先ほど入力した「名前」とは別に、ユーザー名を設定する必要があります。英数字、ドット(.)、アンダースコア(_)しか使用できません。

プロフィール画面や投稿した写真に表示されます。

始め方⑥:通知を設定する

BeReal(ビーリアル)の始め方⑥

通知を有効にしましょう。(後から設定も可能です)

以上でアカウント設定は完了です。チュートリアルがありますので、まずは1枚投稿してみましょう。

使い方①:BeRealから通知が届いたらアプリを開く

BeReal(ビーリアル)の使い方①

BeRealから通知が届いたらアプリを開きます。

使い方②:カウントダウン中に撮影を行う

BeReal(ビーリアル)の使い方②

2分間のカウントダウンが終わる前に撮影します。時間が過ぎても撮影は可能ですが、投稿の際に、通知からどれだけ遅れたのかが分かるメッセージが表示されます。

使い方③:「送る」をタップ

BeReal(ビーリアル)の使い方③

写真を撮影したら「送る」をタップして投稿完了です。友達に写真を共有することができます。

BeRealの通知音が鳴らない場合は?

スマートフォンを手に取る女性

BeRealの通知音が鳴らない場合は、利用している端末の通知設定で音量がオフになっているかもしれません。

iPhoneを利用している方は、端末の「設定」からBeRealを開き、「通知」の項目からサウンドをオンにしましょう。

Androidを利用している方は、端末のホーム画面にあるBeRealのアイコンを長押しして「アプリ情報」をタップしてください。「通知」をオンにしておきましょう。

また、「バイブレーション」や「ミュート」の機能が設定されていると通知音が鳴らない仕様になっているため注意が必要です。

一度アプリをアンインストールする

通知がオンになっているのにも関わらず、通知音が鳴らない場合は、BeRealのアプリに何かしらのエラーが発生しているかもしれません。一度アプリを削除して再インストールしてみましょう。

アプリをアンインストールしたらアカウントや追加した友達も削除されるのでは?と思うかもしれませんが、アカウント登録時に使用した電話番号を入力すれば、データを復元することができますのでご安心ください。

BeRealの危険性について

BeReal(ビーリアル)の危険性について

BeRealの2分以内に写真を投稿するルールにより、慌てて個人情報を含んだ写真を投稿してしまう場合があるかもしれません。

投稿の際は、個人を特定できるような情報が写り込んでいないかどうかをしっかり確認しましょう。

また、位置情報がオンになっていると撮影場所を把握できるため、より詳しく自分の情報を発信することが可能ですが、第三者に自宅の場所を特定される危険性もあります。

デフォルトで位置情報がオンになっているため、心配な方は端末の設定であらかじめオフにしておきましょう。

BeRealは等身大のリアルな姿を楽しめるSNS

BeRealは、同じ日の同じ瞬間に友達が何をしていたかを確認できるため、リアルな日常を共有できる点が魅力的です。そのため、等身大の姿を楽しめます。

原則1日に1度しか投稿できない点や、写真の加工が不要な点を考慮すると、長時間のSNS依存やSNS疲れが起きにくいのではないでしょうか。

新感覚のSNSを利用してみたい方はぜひ一度お試しください。

SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

この記事を書いた人

ニシオカ
美容外科のWebマーケ/ライターの経験を経て、サングローブへ入社。前職ではWebページだけでなく書籍の出版も担当。音楽を聴きながら執筆すると捗る。

UPDATE 更新情報

  • ALL
  • ARTICLE
  • MOVIE
  • FEATURE
  • DOCUMENT