fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

Web制作
サイト制作に必見! WordPressのインストール方法を解説
2020/05/28

web制作
サイトを制作する際に多くの企業、個人が利用しているのが「WordPress(ワードプレス)」です。WordPress公式サイトによるとWeb上の35%のサイトがWordPressを使用して出来ており、ECサイトやメディア、個人ブログなど様々な用途で活用されています。

無料で使用でき、どれだけサイトを作成しても追加費用が発生することはありません。負担するのはサーバー代とドメイン代のみで、インストールも簡単なので、手軽に始めることができます。
「とはいっても初心者には難しいんじゃないの?」と思われるかもしれないので、そんなお悩みを解決するために、WordPressの利用方法や使い方についてご紹介いたします。

なお、インストールの説明ではLinuxディストリビューションの CentOSを使用して進めます。

WordPressは初心者でも扱える



まず始めに、WordPressにはソフトウェア版の「WordPress.com」と無料ブログサービス版の「WordPress.org」の2種類の方法で提供されています。間違えやすいので気をつけてください。一般的に企業では後者のWordPress.orgを導入していることが多く、この記事でもこちらを軸に説明します。

ダイレクトにサイトを編集できる



WordPressは一言でいうと、簡単にサイトを作れるCMSです。通常、サイトを制作するにはHTMLやCSS、PHPといったプログラミングの知識がないと難しいですが、WordPressではそれらの知識がなくても簡単にサイトを作ることができます。

テンプレートが豊富に存在するので、土台がある程度作られた状態から始めることができるのです。無料で使えるものが多くありますが、よりこだわりたいという方は有料のものを選ぶといいでしょう。なお、多くのテンプレートがレスポンシブに対応しているので新たに構築する手間を省くこともできます。ただ、テンプレート選びで気をつけてほしいのが、サンプルで表示されているものはきちんとHTML・CSSを使用してカスタマイズされたものであるという点です。なので、サンプルと同じように表示するには、自身で手を加えなければなりません。難しいと思われる方もいるかもしれませんが、ウェブデザインをリアルタイムで確認しながら変更ができる「ライブプレビュー」機能というものがあるのでご安心ください。
WordPressWordPress_2
そこから背景の色を選択したり、サイドバーをいじったりとダイレクトに操作することができます。さらに、PCやタブレット、スマホなど各デバイスの表示もできるので、実機で確認する手間が省けます。

記事の投稿はブログみたいに



記事の投稿作業も簡単で、ブログのように作成することができます。画像の挿入、リンクの貼り付けなどの操作も直感的にできるので、初心者の方でも作業がしやすいでしょう。

もちろん記事の公開時間を設定することも可能です。もし間違えて記事を公開してもすぐに非公開に戻せるので、緊急時の対応にも適しています。なお、記事を含めWordPressで使用する画像はメディアライブラリに保存しておくことができるので、画像の場所を入れ替えたり、再度使用したりすることも簡単にできます。

行き詰まっても安心



冒頭でお話ししたように、WordPressは多くのユーザーが使用しているので、あらゆる情報が出回っています。もし、作業をしていて困ったことがあっても解決までの時間はそこまでかからないでしょう。セミナーや勉強会も多く、WordPressが主催するミートアップなども行われているので、情報交換やスキルアップをする上でも理想的な環境が整っています。

WordPressを使えばやりたいことが実現する



WordPressでは、あなたがWebでやりたいことのほとんどを実現することができます。どんなサイトを作るのか、そのサイトに何を載せるのか表現方法は自由です。ですので、企業や個人のイメージをそのまま具現化しアピールに繋げましょう。

プラグインでサイトの質を向上



WordPressにはプラグインが豊富に存在します。プラグインとは機能を追加するプログラムのことで、例えば「問い合わせフォームを作りたい」、「SNSのシェア機能を入れたい」といった要望を簡単に叶えてくれます。サイトの集客アップやデザインの向上、セキュリティ対策に役立つプラグインもあるので、活用できる機会が多いです。

しかし、いくら便利だからといってあれもこれもと多くのプラグインを入れてしまうと、サイトが重くなるので注意してください。あくまで必要なものだけを入れるのがベストです。また、サポートが切れているものは、最新バージョンのWordPressと相性が悪くなりエラーを起こす原因になるので、定期的にチェックをすると安心です。

手間を減らしてくれる



WordPressはブラウザ上でページを管理するため、1ページずつHTMLを作成する必要がありません。PHPとMySQLという2つのデータベースを組み合わせてできているので、ページの固有部分だけを作成すれば新規ページが完成し、大きな手間がなくなります。

また、ユーザーの管理も楽になります。複数人でサイトを管理する場合、それぞれ役職を分担しなければなりませんが、全ての場所に触ることができる「管理者」や、記事に対してコメントのみができる「購読者」など、5つの権限を振り分けることができます。なので、共同作業をしたい人を気兼ねなく招待し、それぞれの管理できる分野に応じて権限を渡すことで作業効率が捗るでしょう。

WordPressの強みはSEO!?



WordPressはSEO対策をしやすい作りになっています。Googleでスパム対策チームのリーダーを務めているマット・カッツ氏はWordPressがSEOに強いことを以下のように述べていました。

ワードプレスを選ぶことは、非常に良い選択です。 なぜなら、ワードプレスは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、SEO(サーチエンジン最適化)の手法の80%~90%に対応するように作られているからです。

(出典元:Matt Cuttsブログ

もちろんWordPressを使用したからといって検索の上位に表示されると決まっているわけではありません。テンプレートやプラグインによってSEOを手助けしてくれるものがあり、それらを上手く取り入れることで、真の力を発揮できるのです。

ここまでWordPressで出来ることをお伝えしてきましたが、何か作業をする際にはバックアップを取ることと、ローカルでテストを行ってから本番へと反映することを忘れないようにしてください。それさえ気をつければ作業をしていて慌てることはないでしょう。

インストール方法の手順



ではいよいよWordPressのインストール方法について説明していきたいと思います。まず始めにWordPress をダウンロードする前の準備です。

CentOSが最新バージョンかどうかを確認し、次にApache、PHP、MySQL(LAMP環境)がインストールされているかどうか確認します。すべて問題ないようでしたら、Apache、MySQLの動作確認とPHPの設定を確認します。そうしたら最後にWordPress用のデータベースとユーザー作成を行い、これで準備は完了です。

ではいよいよ、WordPressをこちらからwgetでダウンロードしましょう。

(wget:http://ja.wordpress.org/wordpress-5.4.1-ja.tar.gz

ダウンロードができたら解凍し、/var/www/html/に移動し展開しましょう。移動先はドキュメントルートに配置されるようにします。ここでファイルのオーナーとグループ属性も設定しましょう。

mv wordpress-4.8.2-ja.tar.gz /var/www/html/
cd /var/www/html/
tar zxvf wordpress-4.8.2-ja.tar.gz

所有者はApacheに変更してください。

chown -R apache. wordpress

そうしたらapacheのルートディレクトリを以下のように変更します。

DocumentRoot "/var/www/html"→DocumentRoot "/var/www/wordpress"

最後にhttpd.confの末尾に以下を入力したら、ファイルを更新するためにApacheを再起動します。

/var/www/html/wordpress

ここでブラウザにアクセスすると、WordPressの初期設定画面が表示されるので、設定を行います。入力が終わるとインストールの実行を問われるのでインストール実行ボタンを押すと完了です。お疲れ様でした。

WordPressは魔法のツール


プラグイン
WordPressは自由度が高いので、ある程度スキルがないと難しいと思われがちですが、実は誰でも触りやすい作りになっています。もちろん、高い要求をクリアするにはそれ相応のスキルが必要になりますが、個人のサイトなどで使用する上では初心者でも問題なく使用できます。

「サーバーを借りてインストールをして…」と聞くと難しく感じるかもしれませんが、あまり最初はハードルを高く感じる必要はありません。また、使い込んでから色々と手を加えて、より良いサイトを作りたいという場合もWordPressを使って思うままにカスタマイズできます。

初心者から上級者まで誰が使っても望みを叶えやすく、この点が多くのユーザーに支持されている理由の1つといえるでしょう。
ぜひ、ご自身の手でサイトを作り上げてみてはいかがでしょうか。


(本文・荒井隆一)

SHARE

PLEASE CONTACT US

サングローブのサービスにご関心のある方は、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP