最先端のWebマーケティングを発信するメディア

最先端のWebマーケティングを発信するメディア

イベントマーケティングとは?代表的な手法や効果を最大化するためのポイントを紹介

最終更新日:
SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

世の中にはさまざまな販促手法がありますが、その1つに「イベントマーケティング」と呼ばれるイベントを活用したマーケティング手法があります。

リアルな展示会や交流会など、これまではオフラインで行われるケースがほとんどでしたが、昨今の社会情勢を受けて、ウェビナーやオンライン展示会といったオンラインイベントが急速に普及。近年では、オンラインとオフラインを融合させたハイブリッドイベントが登場してきており、その注目度がさらに高まっています。

そこで今回は、イベントマーケティングについて徹底解説。実施するメリットや具体的なイベントの種類、効果を最大化し収益につなげるためのポイントなどをたっぷり紹介していきます。

イベントマーケティングとは

イベントマーケティングとは、セミナーや展示会などのイベントを開催して消費者との接点を作り、企業もしくは商品・サービスのPRを行うマーケティング手法です。

売り手から買い手に向けて一方的に情報を発信するだけでなく、参加者や来場者と双方向のコミュニケーションをとれるのが大きな強みとなっており、リードの獲得・育成やブランディング、商談の創出など、さまざまな目的で活用されています。

イベントマーケティングを行う3つのメリット

イベントマーケティングを実施する主なメリットとして、次の3つが挙げられます。

①リアルな体験を提供できる
②確度の高い見込み顧客にアプローチできる
③高い宣伝効果が期待できる

それぞれ確認していきましょう。

①リアルな体験を提供できる

1つ目のメリットは、自社の商品やサービスを実際に体感してもらえる点です。

これはオフラインに限ったことですが、リアルなイベントであれば、その場で商品を手に取ってもらったり、試食してもらったり、サービスを体験してもらったりと物理的な体験を提供することができます。オンラインでは伝えきれないような商品・サービスの良さを実感してもらえるため、効果的に訴求できるでしょう。

また、対面で消費者とのインタラクティブな交流ができるのも魅力的です。参加者との会話から、課題やニーズなど有益な情報を得られることもあるでしょう。

②確度の高い見込み顧客にアプローチできる

2つ目のメリットは、角度の高い見込み顧客と接点を持つことができる点です。

イベント参加者の多くは、多少なりとも自社の商品・サービスに興味を抱いていることが予想されます。特に、セミナーの場合は、参加者のニーズがある程度顕在化しているため、そのニーズを満たせるような情報を提供できれば、そのまま商談に結び付けられる可能性が高いです。

一般的な営業活動のように1対1でコミュニケーションを取るのではなく、1度に複数人の見込み顧客と接点を作ることもできるので、うまくいけば、新規顧客を大幅に増やすことができるでしょう。

③高い宣伝効果を期待できる

3つ目のメリットは、来場者以外へのさらなるPR効果を期待できる点です。

必ずしも全てのイベントで高い宣伝効果を得られるわけではありませんが、話題性のあるユニークなイベントを開催できれば、メディアに露出できる可能性があります。テレビや雑誌などのマスメディアに取り上げてもらったり、参加者にSNSで拡散してもらったり、場合によっては絶大な宣伝効果を生み出せるでしょう。

イベントマーケティングの代表的な5つの手法

では、実際にイベントマーケティングを行う場合、具体的にどのような手法が考えられるのでしょうか。ここで、代表的な手法を5つ紹介します。

①セミナー・ウェビナー
②ミートアップ
③展示会・オンライン(バーチャル)展示会
④体験型イベント
⑤ユーザー交流会

1つずつ見ていきましょう。

①セミナー・ウェビナー

セミナーはイベントマーケティングの代表的な手法の1つです。企業が単独で行う「自社セミナー」のほか、他社と共同で実施する「共催セミナー」もこれに含まれます。また、近年ではオンライン形式で行うセミナー「ウェビナー」も多く開催されています。

セミナー・ウェビナーの内容は「情報提供型」と「顧客獲得型」の主に2種類があり、前者は主催者と参加者の情報および意見交換を目的に、後者は自社商品・サービスのPRを目的に行われるケースが多いです。

②ミートアップ

ミートアップとは、共通の目的を持った人たちが一同に会し、情報交換や意見交換を行うイベントです。セミナーよりもカジュアルな交流会という位置づけになっており、プロから話を聞く講義形式のものから食事会なども兼ねたフリートーク形式のものまで、多彩な形式のイベントが存在します。

実施目的は企業によってさまざまですが、一般的にはブランディングや商品評価、採用活動の一貫として行われる傾向が強いです。

③展示会・オンライン(バーチャル)展示会

セミナー・ウェビナーと並ぶイベントマーケティングの代表格として、展示会やオンライン(バーチャル)展示会も挙げられます。

ちなみに、展示会・見本市とは、自社の商品・サービスを会場およびオンラインで発表し、企業のブランディングやプロモーション、リードの獲得・育成、商談などを行う場のことです。自社のみで行う「自社開催型」と複数の企業が出展する「合同開催型」があり、後者の場合は運営会社や地方自治体が主催するイベントに出展料を支払って参加します。コストは発生しますが、主催側によって集客や当日の運営が行われるため、企業にとっては負担の少ないイベントといえるでしょう。

④体験型イベント

参加者が実際に商品・サービスの価値を体験できる体験型イベントは、自社商材を消費者に強く印象づけられるところに強みがあります。

具体的には、住宅の内覧会、新商品の実演デモ、試食会、車の試乗会、子ども向けの職業体験イベントなどが該当し、いずれも購買行動を促す目的で開催されるケースが多いです。

⑤ユーザー交流会

ユーザー交流会は、主に既存顧客との関係づくりに活用されるイベントです。

すでに自社の商品・サービスを利用しているユーザーを集めて、顧客同士でナレッジ共有や情報交換などをしてもらい、コミュニティ形成の促進を図ります。このユーザー交流会によって、顧客同士または企業と顧客の関係性を深めていくことができれば、解約や利用頻度の減少を防ぐ効果が期待できるでしょう。

イベントマーケティングの効果を高める5つのポイント

最後に、イベントマーケティングを成功させるポイントを5つ紹介します。

①目的を明確化する
②事前準備を入念に行う
③イベント当日のオペレーションを綿密に設計する
④アフターフォローを行う
⑤イベントの結果を計測し改善につなげる

では、1つずつ解説していきます。

①目的を明確化する

イベントマーケティングを実施するにあたって、まず注力したいのが目的の明確化です。

前述したように、イベントマーケティングにはさまざまな種類があるため、無事に成功させるためには目的に応じて最適な手法を選ぶ必要があります。目的が曖昧なままでイベント企画を始めてしまうと、意思決定にブレが生じてしまうため、「何のために開催するのか」を明確にし、チーム内で認識を揃えておきましょう。

また、このタイミングでゴールを決めておくことも大切です。どの指標をどの程度達成したいのか、具体的な数値を決めておくことで、イベント終了後に効果測定しやすくなります。

②事前準備を入念に行う

イベントの目的やターゲットを設定したら、コンテンツ制作や集客の準備にとりかかりましょう。

例えば、イベントの種類は何が最適か、いつならターゲットが参加しやすいか、集客方法には何を用いるのがベストかなど、設定したゴールに到達するための要素を細かく設定していきます。

特に重要なのは、集客の部分です。どれだけ面白いイベントを企画しても、ターゲットに情報が届かなければ人は集まりません。イベントが成功するかどうかは、集客力が左右するといっても過言ではないので、ターゲット層に応じて最適な告知方法を選択するようにしましょう。

③イベント当日のオペレーションを綿密に設計する

企画が固まったら、当日のオペレーションを策定していきます。

1日のタイムスケジュールおよび人員配置を決めたり、会場や業者を選定して確保したり、参加者の行動を予測しながら当日の動きを細かく設定していきましょう。

また、事前にリハーサルを行うことも忘れてはいけません。シミュレーションを行うことで、企画段階では見えてこなかったような課題が浮き彫りになるケースも多いので、未然にトラブルを防げるよう、可能な限り課題を潰しておきましょう。

④アフターフォローを行う

イベントマーケティングの成果を最大限に引き出すためには、アフターフォローも欠かせません。

開催できたことに満足してフォローアップを怠ってしまうと、機会損失につながる恐れがあります。そのため、イベント終了後なるべく早い段階で参加者に対するフォローアップを行うようにしましょう。

なお、アフターフォローは見込み顧客に優先順位をつけて、角度の高い顧客から順にアプローチするのがおすすめです。営業部門との連携も発生することが予測されるので、事前にスケジュールをすり合わせておくことで、よりスムーズに商談に移ることができるでしょう。

⑤イベントの結果を計測し改善につなげる

最後に、イベントの結果を計測します。

参加者数や名刺獲得数、案件化数、フォローアップメールの開封率などの項目から効果検証を行い、次回のイベントに向けて改善と対策を進めていきましょう。

イベントマーケティングでリード獲得を目指そう!

今回は、イベントマーケティングについて解説してきました。

お伝えしてきたように、イベントマーケティングはリードの獲得・育成に効果的とされています。成功させるためには入念な準備を行う必要がありますが、イベントを通じて自社のファンを増やすことができれば、新規顧客の獲得や長期的な利益の安定化にもつなげられるでしょう。

また、イベントマーケティングは、昨今の社会情勢を受けて、日々進化を続けている注目のマーケティング手法ともいえます。今後もさらなる発展が見込まれるので、新たな施策を始めたいと考えている方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

この記事を書いた人

永多美彩
編集プロダクションで旅行ガイドブックの取材・制作に携わった後、Webライターの道へ。お酒と激辛料理をこよなく愛するインドア派。シーズン中はもっぱら野球観戦。

UPDATE 更新情報

  • ALL
  • ARTICLE
  • MOVIE
  • FEATURE
  • DOCUMENT