fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

Web知識マーケティング
マーケティングリソースマネジメント(MRM)システム完全比較!
2020/10/16


マーケティングリソースマネジメント(MRM)はマーケティングに必要な業務や費用などのリソースを最適化できるように管理する手法です。消費者とのコミュニケーション方法からKPI(重要業績評価指標)の達成まで導いてくれるので、多くのチャネルを駆使しなければいけない現代のマーケターにとっては必需品とも言えるでしょう。何より無駄を省きマーケティング効率を向上させることができれば企業にとっても大きな手助けとなります。

MRMはシステムを導入することで簡単に取り入れることができます。

目次

MRMシステムとは

通常のマーケティングシステムはデータの分析・管理を主に行い、キャンペーンに対してどうすれば効果が得られるかを算出します。しかし、消費者のニーズが大きく変化する現代において、消費者に寄り添うにはマーケターのタスクは多く、スケジュールの作成・更新においても手間をかけたくないものです。

MRMシステムはそうした手間を省き、スケジュールを自動作成してくれるとともに、データを可視化してタスクの進捗状況を一目で確認できるようにしてくれます。
また、ほとんどのMRMシステムにはデジタルアセットマネジメント(DAM)が機能としてついており、膨大なコンテンツ制作や配信に関わる業務を簡略化してくれるため、大量のデジタルデータを一元管理することが可能です。このようにMRMシステムは作業を効率化するのはもちろん、ユーザー体験を高める効果もあり、プロジェクト成功に大きな効果を発揮します。

多くのMRMシステムはUIが使いやすく直感的に操作できるようになっているので、1人で複数の作業をこなすことも可能です。例えば、オンラインとオフラインでキャンペーンを同時進行するといった場合であっても、スムーズに進めることができるでしょう。

MRMシステムの比較

MRMシステムの中からおすすめしたい4つのシステム「HCL Unica」、「Sitecore Marketing Resource Management」、「Adobe Campaign」、「Wrike」の特徴をそれぞれご紹介します。

HCL Unica

マーケティングに必要な機能が統合されており、あらゆる作業を効率化することができます。主な機能としてHCL Campaign、HCL Interact、 HCL Planの3つが備わっています。

HCL Campaign
ダイレクトメールの改善やキャンペーンのターゲット設定、実施タイミングなどの課題解決を行います。ターゲットを絞ることで反応率を上げ、キャンペーンを短くすることによって顧客獲得までの費用を削減します。

HCL Interact
ウェブサイトやSMS、電子メールなどあらゆるチャネルで消費者とのコミュニケーションを最適化することで、ユーザー体験を向上させ商品の購入につなげます。

HCL Plan
キャンペーンの計画、予算編成からリソース管理を統合。リアルタイムでダッシュボードやデータの分析から有益な情報を掴み取り、最速でプログラムを実行できます。プロジェクトの動きを徹底して管理するので、あらゆる側面から導き出したマーケティングの結果を改善できます。

Sitecore Marketing Resource Management

メンバーごとに最適な機能を振り分けたり、社内外での作業を合理化したりすることができ、組織でのキャンペーン作成とコンテンツ制作に特化しています。
マーケティングカレンダーでは、メタデータを活用し、構築化および効率化されたプロセスでコンテンツ制作の計画が可能です。また、注釈と確認機能を搭載した共同作業ツールで業務を促進します。
また、様々なマーケティング支援ツールから構築されているSitecore Experience Cloudではそれぞれの特徴を活かしたマーケティング業務を行うことができます。主な機能はSitecore Experience Platform、Sitecore Experience Commerceの2つが備わっています。

Sitecore Experience Platform
あらゆるチャネルのストーリーに沿ったユーザー体験をリアルタイムに作成。そのユーザー体験をテスト、分析して最適化するために必要なツールが備わっています。顧客や見込み客を中心に据えた、ブランドとして認知されるためのツールも備わっているので、企業のブランディングにもおすすめです。顧客の動向はオンライン、オフラインの両方で観察することができます。

Sitecore Experience Commerce
商品購入後のユーザー体験をしっかりとサポートし、ブランドへの愛着を向上させる顧客の動きを形成します。
1つのプラットフォームから、1人1人にパーソナライズされた、チャネル全体のコンテンツ配信を管理することが可能。

Adobe Campaign

顧客に合わせた電子メールを送ることでき、多くのマーケティングチャネルと組み合わせて使用できます。電子メールの自動化だけでなく、より詳細なデータを活用したレポートが作成できるので、電子メールマーケティングの質を向上させてくれます。

基本的な操作はドラッグ&ドロップで行うので、直感的に作業を進めることができます。さらに顧客の情報を可視化することができるので、キャンペーンを変更する場合でも即座に対応できるように設計されています。また、過去のキャンペーンが統合されているので、顧客が興味あるものを細かく調べることも可能です。

なお、プロジェクトの進捗状況はモバイル端末からも確認可能で、出先でも安心です。データはAdobeの分析ツール「Adobe Analytics」から送信され、詳細な情報を入手できます。
また、キャンペーンに必要なデザインの作成も簡単にできるため、リソースの削減に繋がります。

Wrike

国内で約1,000社に導入された人気のあるMRMシステムです。クラウドサービスの特徴を活かし、SlackやSalesforceといったチャットツールと連携が可能なので、社内だけでなく第三者との進捗管理や円滑なコミュニケーションを実現できます。また、モバイル端末からも操作することができるので、場所に縛られることなく対応することができます。

タスク管理機能が充実しているのが特徴で、かんばん方式やガントチャート方式といった自分の好みの方法でタスクを確認できます。かんばん方式では、タスクがボードに表示されているため、進捗状態を一目で確認できます。タスクはドラッグ&ドロップで移動できるので簡単です。ガントチャート方式では納期とタスクがグラフで表示されるので、タスク全体を俯瞰することができます。

また、プロジェクトを横断して管理することができるので1人で複数の案件を抱えていても管理に手間がかかりません。なお、よく使うプロジェクトはテンプレートにできるので、時間を効率的に使うことが可能です。

MRMシステムの選び方

まず、大切なのは今のマーケティングの中で課題を見つけることです。「業務や費用などリソースがかかりすぎている」、「顧客の獲得もしくは定着率に問題がある」など課題を明確にして、その解決に最適なMRMシステムを選ぶことをおすすめします。またMRMシステムは海外製品が多いので、導入後のサポートがしっかりしているかという点も確認した方が良いでしょう。

初期費用が気になるという方はAdobe CampaignとWrikeで行っている無料体験を試してみてはいかがでしょうか。

(本文・荒井隆一)

SHARE

PLEASE CONTACT US

サングローブのサービスにご関心のある方は、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP