fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

Web知識事業ハウツー
ウェビナー開催にはZoomが最適?おすすめリモート会議ツールとは
2020/04/28


多くの企業がリモートワークを行う中、対面での社員研修やセミナーの実施が難しくなっており、オンラインセミナーの需要が高まっています。そのような、オンライン形式でのセミナーのことを「Webセミナー」、略して「ウェビナー」と呼びます。

今回はウェビナーのメリット・デメリットや開催に必要な準備、開催する際の注意点について説明していきます。

目次

ウェビナーの特徴

ウェビナーとは、オンラインで行うWebセミナーのことです。

主催者にとっては、コストを削減できる、集客範囲が広いといったメリットがあり、参加者にとっては、場所に左右されずに受講できる、移動にかかるお金と時間を削減できるといったメリットがあります。

逆に、インターネット環境が絶対条件、参加者の反応が掴みづらい、参加者とのコミュニケーションが取りづらいといったデメリットもあります。

主催者のメリット

ウェビナーには主催者にとって、お金や時間のコストを削減できる、集客範囲が広いという2つのメリットがあります。

お金と時間を削減できる
対面でセミナーを行おうとすると、開催場所のレンタル代、備品の準備代、会場までの交通費、会場整理の人件費、配布資料の印刷代など、多額のコストがかかります。しかし、ウェビナーであれば、配信できる環境さえあればコストはかかりません。

そのため、セミナー開催の有無が参加人数によって左右されることも無く、少人数でも開催しやすいと言えます。

また、対面でのセミナーは時間も必要です。会場を探す時間、会場の下見や設営を行う時間、配布資料を準備する時間、会場への移動にかかる時間、懇親会の準備にかかる時間など、洗い出してみると多くの時間を割いていることが分かります。これも、ウェビナーであれば撮影機材のセッティングと資料作成の時間以外は必要ありません。

集客範囲が広い
対面でのセミナーであれば、基本的には開催地付近に住んでいる方が集客対象となります。しかしウェビナーであれば、セミナーに参加するのに、参加者の居住地は関係ありません。ウェビナーでは、全国の方々を集客対象とすることができます。

参加者のメリット

ウェビナーには参加者にとって、場所に左右されずに受講できる、移動にかかるお金と時間を削減できるという2つのメリットがあります。

場所に左右されずに受講できる
対面でのセミナーの場合、参加者は自分の居住地から行ける範囲のセミナーにしか参加することができません。しかし、ウェビナーであれば居住地によってセミナーへの参加が制限されることは無く、全国各地から全てのセミナーに参加することができます。そのため、参加者に対するセミナー参加のハードルも低くなります。

移動にかかるお金と時間を削減できる
対面でのセミナーは、セミナー会場への移動にお金と時間がかかります。しかし、ウェビナーであれば、家から受講することができるので、移動する場合にかかるお金も時間も必要ありません。この要素も、セミナー参加のハードルを下げてくれます。

デメリット

ウェビナーには、インターネット環境が絶対条件、参加者の反応が掴みづらい、参加者とのコミュニケーションが取りづらいという3つのデメリットがあります。

インターネット接続が絶対条件
ウェビナーはオンラインセミナーなので、主催者側にも参加者側にもインターネット環境があることが絶対条件です。ビデオ通話やビデオ配信を用いて行いますので、ある程度安定したインターネット環境が要求されます。ウェビナー開始前に必ず確認しておきましょう。

参加者の反応が掴みづらい
ウェビナーで、主催者が参加者の反応を確かめたいと思った場合、配信の場合はチャットやコメントで、ビデオ通話の場合はチャットや表情で確認しなければなりません。テキストに率直な反応は表れにくいですし、参加者の人数が多ければ表情で確かめるのも困難になります。そのため、対面でのセミナーに比べて参加者の反応が掴みづらいと言えます。

参加者とのコミュニケーションが取りづらい
対面でのセミナーであれば、参加者とコミュニケーションをとりながらセミナーを進めるのは簡単ですが、同じことをウェビナーで行おうとすると、参加者それぞれの通信環境に左右されてしまい、対面の時のように全くストレスなく行うことは難しくなってしまいます。

ウェビナーを開催するために必要なもの

ウェビナーを開催するために最低限必要な機材はPCまたはスマホなどの配信端末、カメラ、マイクの3つですが、ウェビナーの形式によってはスピーカーやプロジェクター、スクリーンが必要になってきます。それらの機材と配信ツールを組み合わせることで、ウェビナーが可能になります。

ウェビナーに必要な機材はインターネット環境・配信端末・カメラ・マイク

ウェビナーを開催するに当たって最低限必要な機材は、インターネット環境・PCまたはスマホなどの配信端末、カメラ、マイクの4つです。カメラとマイクは配信端末に内蔵されているものでも問題ありませんが、音質や画質に問題がある場合は別途用意しましょう。

また、スクリーンに投影する資料を用いる場合は、配信する端末とは別に、資料を投影するための端末とスクリーン、プロジェクターが必要となります。

ウェビナー開催には配信ツールも必要

ウェビナーを開催するにあたっては機材に加えて配信ツールも必要です。ここでは、ウェビナーに利用可能なツールを3つご紹介します。

Zoom(ズーム)
▽料金
・基本(最大100人 最大40分(1対1は無制限)/回) 無料
・プロ(最大100人 最大24時間/回) 2,000円(税抜)/月
・ビジネス(最大300人 時間無制限) 2,700円(税抜)/月
・企業(最大500人 時間無制限) 2,700円(税抜)/月

▽特徴
通常のミーティング機能でも無料ライセンスで最大100人、有料ライセンスで最大500人の参加が可能で、チャット機能や画面共有機能も付いており、十分ウェビナーを行うことは可能ですが、有料ライセンスがあればZoomウェビナーサービスが利用可能です。
Zoomウェビナーであれば、視聴のみの参加者も含めると最大10,000人まで参加可能で、質疑応答機能も搭載しており、FacebookやYouTubeなどを通じてリアルタイムで配信することも可能です。また、マーケティングオートメーション機能で、視聴者の分析や開催後のフォローも行うことができます。コストを抑えつつ、ウェビナーとしての機能もしっかり欲しいという方におすすめです。

Cocripo(コクリポ)
▽料金
・フリー(最大3人 最大30時間/月(1回につき60分まで)) 無料 
・ビジネス(最大100人 最大10時間/月) 初期費用 30,000円(税抜) 30,000円(税抜)/月
・エンタープライズ(最大300人 最大20時間/月) 初期費用 30,000円(税抜) 70,000円(税抜)/月

▽特徴
Google Chromeさえあれば配信可能で、マルチデバイス対応なのでどこからでも参加可能です。「とにかく切れない、遅れない」のキャッチフレーズのもと、遅延や切断のリスクを徹底的に抑え、もし切断しても自動再接続機能を備えています。
顧客管理機能や予約状況管理機能も搭載、アフターフォローも充実しており、ウェビナーに特化した機能が満載です。大人数で安定感のあるウェビナーを行いたい場合におすすめです。

Skype(スカイプ)
▽料金
無料

▽特徴
無料ながら最大10人のグループビデオ通話が可能で、Microsoft EdgeかGoogle ChromeがあればSkypeに登録していなくても、リンクをクリックするだけで参加できます。会議の有効期限はないため、メディアは長期間保存され、通話も30日間記録されます。画面共有機能もあり、コストをかけずに小規模なウェビナーを行いたい方におすすめです。

ウェビナー主催者&参加者が配慮すべきこと

ウェビナーを成功させるためには、主催者・参加者ともに、安定したインターネット環境と積極的な姿勢が鍵になります。ウェビナーのメリットを最大限に活かしつつ、ウェビナーのデメリットを最小限に抑えられるように工夫する必要があります。

主催者は快適な環境づくりと参加者への配慮が重要

まず、ウェビナーをスムーズに進める上で最も重要なのは、安定したインターネット環境を整えることです。接続の乱れで進行を妨げられないようにしましょう。

また、ウェビナーでは、対面でのセミナーに比べて参加者の温度感が分かりにくいため、いっそう参加者の様子に気を配って進める必要があります。主催者で一方的に進行してしまうと、思った以上に温度差が生まれてしまう可能性があるので、こまめに理解度のチェックを行い、意見や感想をもらうなどして、有意義なウェビナーとなるよう工夫しましょう。

参加者は積極席な姿勢でウェビナーに参加する

受講する場所のインターネット環境が配信に耐えられるものかどうかは、ウェビナー前に必ず確認して対策しておきましょう。

加えて、ウェビナーが円滑かつ実りのあるものになるよう、積極的な姿勢で参加しましょう。主催者にとっては、ウェビナーは参加者の反応が読み取りづらいものです。そこで、画面上で大きく反応を示したり、質疑応答で積極的に質問したり、率直で生産的な意見を感想として伝えたりすることで、主催者と参加者の温度差を埋めることができます。

最適なツールと主催者・参加者の積極性がウェビナーの効果を引き上げる

ウェビナーは多くのメリットがある一方、主催者と参加者の温度差が生まれてしまう危険があります。しかし、ウェビナーの目的や規模に最適なツールを使い、主催者と参加者が積極的な姿勢で参加することで、その効果を何倍にも引き上げることが可能です。

有意義なウェビナーを行い、最大限の効果を引き出しましょう。

(本文・ミツドメ)

SHARE

PLEASE CONTACT US

サングローブのサービスにご関心のある方は、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP