fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

Web制作事業ハウツー
治療か癒しか目的を明確に!マッサージの集客に効果的な3つの方法
2019/04/01

マッサージ施術のイメージ
かつては、マッサージ店には肩こりや腰痛の治療のために行くというイメージでしたが、現在は大きく様変わりしています。
この記事では、マッサージ店の効果的な集客法について紹介します。

目次

マッサージビジネスの状況

整体院やリラクゼーションサロンなどマッサージ店が乱立しており、その数はコンビニ店を大きく上回るといわれています。
一口にマッサージ店といっても、その内容はさまざまです。
国家資格のある「整骨院」、治療を目的とした「整体院」や「カイロプラクティック」、短時間の施術が特徴の「クイックマッサージ」、エステ的な要素が強い「リラクゼーションサロン」などがあり、施術内容や提供するサービスも店によって大きく異なります。

種類が多いうえにサービスの境界もあいまいになっており、お客様からすると、どの店を選んだらよいかわかりにくくなっている傾向があるのです。
お客様がマッサージ店に求めているものは、大きく「治療」と「癒し」に分けることができるでしょう。

たとえば、本格的に治療したいと考えている人なら整骨院や整体院を選ぶでしょうし、仕事の疲れを癒したいと考えている人ならクイックマッサージやリラクゼーションサロンを選択します。
そのため、そのニーズをしっかりと踏まえたうえで、お店の特徴をアピールすることが集客するためのポイントです。

治療系マッサージ店の集客ポイント

治療系マッサージのイメージ

治療系マッサージ店を探している人の悩みは切実です。
そのため、その悩みを自店の施術で解決できることをアピールするのがポイントになります。
一口に悩みといっても、人によってその種類はさまざまです。
「腰痛に悩んでいる」「肩こりがつらい」「外反母趾が痛い」「足のむくみがひどい」などの悩みを持った人が、自分に合ったマッサージ店を探しています。
それに応えるためには、どのような悩みを抱えた人をターゲットにするのかを明確にし、その悩みに寄り添うことが大切です。

治療系マッサージ店の場合、「○○式マッサージ」「○○式整体法」のように施術法からアプローチしがちな傾向があります。
しかし、お客様からすると、施術の内容自体は大きな問題ではありません。
それよりも、「痛みがやわらぐのか」「つらい状態から開放されるのか」というほうが気になるのです。

そのため、具体的にどのようなメリットを提供できるのかを真っ先に伝えましょう。
そのうえで、それが真実であることを、実際に施術を受けたお客様の感想や体験談で証明するのが効果的です。
「自分と同じ悩みを持っていた人がこのマッサージ店で笑顔になっている」と感じてもらうことができれば、来店意欲を大きく高めることができるでしょう。

癒し系マッサージ店の集客ポイント

癒し系マッサージのイメージ

癒し系マッサージ店は、クイックマッサージのように手軽に行けるマッサージ店と、アロママッサージのように時間をかけてリラックスできるリラクゼーションサロンにわかれるでしょう。

クイックマッサージの場合には、低料金で時間もかからないのが人気ですが、スタッフの技術力や店内の雰囲気が大きなポイントになります。
スタッフの技術力を示すためには、経験や実績、資格などを訴求すると効果的です。
スタッフの技術力が高い、低価格なのに効果が高いと評判になれば、口コミ効果での集客も期待できるでしょう。

リラクゼーションサロンの場合には、ユーザーからするとどのような施術内容なのかも気になるところです。
そのため、治療系マッサージ店とは違ったアプローチが効果的です。
リンパマッサージやアロママッサージ、ホットストーンマッサージなど、施術の内容や使用する道具、オイルなどを詳しく説明しましょう。
実際に施術風景の写真などを使って施術の流れを説明すると、より具体的に自分が施術を受けている姿をイメージしやすくなります。
そのうえで、その施術によってどのような効果が得られるのか、どうリラックスできるのかをアピールすると、「このサロンで施術を受けてみたい」と思ってもらえるようになります。

集客法1:チラシ

チラシには、配布エリアを細かく設定できるというメリットがあるので、治療系のマッサージ店やクイック系のマッサージ店の集客には比較的効果的な媒体です。
高齢者の多い住宅街などを中心に配布すれば、集客効果が期待できるでしょう。
ただし、メニューや料金などが中心のお店案内のチラシでは、集客することはできません。
チラシでは、誰に来て欲しいのか、どんな悩みを解決できるのかを最初にアピールしましょう。

すると、該当する人に「私のための情報だ」と思ってもらえるので、興味を持ってチラシを読んでもらうことができます。
そのうえで、お客様の声や体験談を掲載すると、施術内容やその効果について信頼してもらうことにつながります。
誰が施術するのかも、ていねいに説明することが大切です。
経験や実績、プロフィールなどを笑顔の写真とともに掲載すれば、安心して来店してもらうことができます。

また、チラシを見た後にどう行動すべきかを具体的に示すと、行動を促す効果があります。
「ご予約は今すぐお電話で」「詳しくはホームページで」のように記載すると、チラシの反応率も高まるでしょう。
さらに、割引クーポンや特典などをチラシに掲載すると、集客効果を高めることができます。
「○月○日まで」「○○名様限定」のように限定性をアピールすると、より集客につながりやすくなります。

集客法2:ホームページ

スマートフォンとパソコンでwebページを見る女性

自分の悩みを解決してくれそうなマッサージ店を探す、気になるマッサージ店について知りたい、このような場合、多くの人はまずスマホやパソコンを使って検索するでしょう。
それだけに、マッサージ店の集客にホームページは欠かせないものになっています。
チラシと同様に、お店案内やただの営業案内になっているホームページでは集客することは難しいでしょう。
他のマッサージ店と差別化するためには、自店ならではの強みをアピールすることが大切です。
自分のマッサージ店にはどのような特徴があるのか、他店よりも優位に立てる点はどこなのかを考えてみましょう。

自店の強みをうまく見つけられない場合は、現在来店してくれているお客様に「なぜ他店ではなく自店を選んでくれているのか」と質問すると、答えを導き出すためのヒントが見つかります。

自店ならではの強みが明確になったら、それが一言で伝わるようなキャッチフレーズを作成しましょう。
たとえば、「他のマッサージ店では改善しなかった人のためのマッサージ店」「痛くないのに効くマッサージ」のようなキャッチフレーズを作ると、どのようなマッサージ店なのかを一目で理解してもらうことが可能です。
そのうえで、チラシと同様にターゲットに呼びかけ、どのような悩みを解決できるのかをアピールすると集客につながるホームページになります。

集客法3:ブログ

webブログページのイメージ

ブログもマッサージ店の集客に効果的な手法です。
WordPressなどのブログシステムをホームページに設置すると、パソコンの管理画面から簡単に記事を投稿できるようになります。
ブログで記事を投稿する際は、ターゲットとしたユーザーに役立つ記事、興味を持って読んでもらえる記事を書くのがポイントです。

たとえば、「お風呂で簡単にできるリンパマッサージ」「肩こりが改善する3分体操」のような記事を継続して投稿していくと、定期的に読んでくれるファンも増えてきます。
すると、「このマッサージ店にはノウハウがある」「このマッサージ店なら効果がありそう」と思ってもらえるようになるでしょう。
そのうえで、来店を促進するためのキャンペーン情報やお得な情報を発信すると、集客につなげることができます。

自店ならではの強みをアピールして差別化しよう!

マッサージ店は数も多いうえに違いがわかりにくいので、お客様はどのマッサージ店を選んだらよいか迷っています。
そのため、自分の店の特徴を訴求して他店との違いを明確にすれば、お客様に自分の店を選んでもらえる可能性も高まるのです。
自店ならではの強みをアピールして、集客につなげていきましょう。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP