fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

マーケティング事業ハウツー
売り上げがグングン伸びる!セールスコピーライティング7つのコツ
2018/09/11

ノートパソコン、ペン、レポート用紙の画像

同じ商品を売るランディングページであっても、セールスコピーを少し変えただけで売り上げが大きく変わることがあります。
ターゲットを引きつけ、売り上げにつなげるコピーライティングのコツを紹介します。

目次

コツ1:ターゲットに呼びかける

ランディングページでもチラシでも、売り上げにつなげるためには、まずターゲットを引きつけ、興味を持って読んでもらわなければなりません。
そのためには、ユーザーに「私のための情報だ」と思ってもらう必要があります。
そこで重要になってくるのが、ターゲットを絞り込んで呼びかけることです。
コンバージョンを上げるためには、「30代の女性」というようなあいまいなターゲットではなく、より具体的に設定することが大切です。
そのための方法としてはペルソナを設定するのがよいでしょう。

たとえば、専業主婦で小学3年生の子供が1人、夫は流通系の企業に勤務していて年収は800万円、趣味は料理で週に1回家族で外食するなど、あたかも実在する人物のようにターゲット像を設定します。
そのうえで、「小学生のお子様を持つ30代のお母さんへ」のようにターゲットに呼びかけましょう。
すると、興味を持って読んでもらえる可能性が大きく高まります。

コツ2:問題や悩みに寄り添う

タブレット端末を見て悩む女性とパソコンを見る女性

ターゲットに呼びかけて興味を引いたら、次はターゲットが抱えているであろう問題や悩みに寄り添うことが大切です。
ここで、いきなり商品説明を始めてしまうと、ただの売り込みになってしまい、ページを離脱する原因にもなりかねません。
インターネット上では、多くの人が問題や悩みを解決するための方法を探しています。
その問題や悩みを解決できる方法が、結果として商品やサービスになるのです。
それゆえ、商品説明をする前にターゲットの問題や悩みに理解を示すことが大切です。

たとえば、「子育てに忙しくて、お肌の手入れは手抜きになりがちですよね」のようにターゲットに寄り添うと、自分の気持ちを理解してくれる企業だと思ってもらえるようになります。
また、「うちの子ゲームばかりしてるけど、勉強の方は大丈夫なのかと心配になりませんか?」のようなターゲットに対しての問題提起も、その後に続くセールスコピーを読んでもらうために効果的です。

コツ3:ベネフィットを訴求する

次に商品やサービスによって、ユーザーが抱えている問題や悩みを解決できることを説明します。
そのためには、商品やサービスが持つベネフィットをわかりやすく訴求することが大切です。
商品を説明しようとすると、つい他社商品にはない自社商品ならではの特徴を説明しがちです。
しかし、単に特徴を説明したのでは、かえって商品の持つベネフィットが伝わりにくくなってしまいます。

たとえば、前述のターゲットにオールインワンジェルをセールスするためのコピーを作るとしましょう。
その場合、「食物由来成分100%のオールインワンジェル」というように、商品特徴を全面に打ち出しがちです。
でも、特徴をどんなに強くアピールしても、ターゲットの胸に響くことはありません。
それよりは、その商品を使うことで得られるベネフィットをアピールすべきです。

たとえば、「1日わずか5分のお手入れで10歳若いお肌に」のようなベネフィットを伝えたほうが、より商品購入後の姿をイメージしやすくなります。
商品そのものではなく、商品のベネフィットをアピールするほうが購買意欲を高めるために効果的といえます。

コツ4:証拠や裏付けがあることを説明する

様々な吹き出しポストイットを持つ複数の手

ベネフィットをアピールしたら、それがまぎれもなく真実であることの証拠や裏付けを説明することが大切です。
たとえば、「なぜわずか5分ですむのか」「どうして10歳若いお肌になれるのか」ということの裏付けをていねいに説明することが必要になります。
科学的なデータなどを示して理論的に説明する方法もありますが、何よりも効果的なのは、やはり実際に利用したユーザーの生の声をお客様の感想として掲載する方法でしょう。

商品を購入する際には、他の人の評価が意思決定の大きな判断基準となります。
そのため、お客様の写真、イニシャルではなく実名、手書きのメッセージなどを掲載すれば、より信頼性の高い情報だと判断されます。
また、具体的な数字を入れると、ベネフィットの説得力を高めることが可能です。
たとえば、「リピート率92%」「累計1万3254本の実績」「ランキングで1位」のように数字が入ると信頼度が増して、より購買意欲を高めることにつながります。

コツ5:今すぐ購入すべき理由を提供する

REASONのイメージ画像

多くのユーザーは、商品がほしいと思っても、もう少し検討してみようとその場で購入することをやめてしまいます。
そして、そのこと自体をすっかり忘れてしまうのです。
そのため、すぐに購入すべき理由を提供すれば、コンバージョンを大きく高めることにつながります。

たとえば、「今申し込めば割引になる」「先着200名限定」「今週中にお申し込みの方には3大特典」「今回限りの期間限定商品」のような、その場で購入するメリットを提供すれば売り上げ増が期待できるでしょう。
人は誰でも、希少性や限定性の高い商品に反応しやすい傾向があります。
この希少性や限定性をアピールして、今すぐ購入すべき理由にするのがポイントです。

コツ6:行動を強く呼びかける

商品のベネフィットや限定性を説明しただけでは、注文につながりません。注文につなげるためには、行動を強く呼びかけることが重要です。
「今すぐ注文ボタンをクリック」「今すぐ電話を」のように、次にユーザーがどんな行動を取るべきなのかを明確に提示することがポイントになります。
その際には、注文ボタンは1箇所だけでなくランディングページの要所要所に設置するなどして、行動を強く促すことが大切です。

そのうえで、その行動が簡単で短時間ですむことを説明します。
たとえば、「わずか1分、名前と住所を入力するだけ」のように、次に取るべき行動が簡単であることをアピールするのがポイントです。
これによってユーザーは悩まずに行動に移ることができるため、コンバージョンを大きく高める効果が期待できるでしょう。

コツ7:小学生にもわかるように書く

パソコンを見る父親と娘の画像

セールスコピーを書こうとすると、「カッコいい言葉」を使って「上手い文章」を書こうと思いがちです。
そのため、「最新のビジネスソリューションを提供する」「厳選された素材と匠の技が生み出す」のような、装飾過多で意図が見えにくいコピーになりやすい傾向があります。
しかし、このようなセールスコピーではユーザーの胸に響くことはありません。売り上げにつながるセールスコピーを書くためには、専門用語などを極力使わずに、小学生でも理解できるような文章を書くことが大切です。
そのためには、お客様に口頭で説明するように、普段使っている言葉で気取らずに書くことがポイントになります。
すると、書き手の思いが伝わるセールスコピーになって、売り上げにもつながりやすくなるでしょう。

顧客視点に立ったセールスコピーを!

セールスコピーをライティングする際には、徹底的に顧客視点に立って書くことが大切です。
売り手視点に立つと、どうしても商品の特徴や他社商品よりも優れた点を熱く語りがちです。
しかし、それではユーザーの購買意欲を高めることにはつながりません。
商品やサービスを利用することで、どんなベネフィットを提供できるのか、その結果としてどんな問題や悩みを解決できるのかを中心にセールスコピーを組み立てるのがポイントです。
顧客視点に立ってセールスコピーを作成し、売り上げ増につなげていきましょう。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP