最先端のWebマーケティングを発信するメディア

最先端のWebマーケティングを発信するメディア

【無料】文章生成AIおすすめ10選!自動で記事を作成してくれるツールを紹介

最終更新日:
SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

文章生成AIは、簡単な指示だけでAIが文章を自動生成してくれる画期的なサービス・ツールです。興味のある方は多いと思います。

本記事では、おすすめの文章生成AIをピックアップしてご紹介しています。「具体的な仕組みがわからない」「どれを使えばいいか知りたい」という方は必見の内容です。

文章生成(作成)AIとは?

文章生成AIとは、プロンプトと呼ばれる命令文を入力することで、AIが文章を自動生成してくれるツールやサービスのことです。AIライティングツールとも呼ばれています。

ブログ記事やSNSの投稿文、広告のキャチコピーなど、文章生成AIの活用シーンは幅広いです。なかにはビジネスに特化したサービスも登場しており、各方面から注目を集めています。

【無料あり】おすすめの文章生成AIツール10選

ここでは、おすすめの文章生成AIツールを紹介します。具体的には以下のとおりです。

  • ChatGPT
  • Bing AI
  • SAKUBUN(サクブン)
  • Notion AI
  • Bard
  • Catchy
  • Magic Write
  • AIのべりすと
  • PlayAI/ぷれあい
  • ELYZA Pencil

すべて日本語に対応しており、なかには無料トライアルが用意されているものもあります。詳細をチェックしていきましょう。

ChatGPT

ChatGPTは、OpenAI社が提供するチャットAIです。非常に高度な自然言語処理モデルを採用しており、テキストボックスに簡単なプロンプトを入力するだけで、AIが解像度の高い文章を生成してくれます。

たとえば、「初心者におすすめのトマトを使った料理を教えてください」というプロンプトを入力した結果は以下のとおりです。

また、ChatGPTはさまざまなジャンルのデータを網羅的に学習しており、専門的なトピックにも対応できます。

今回試したのはGPT-3.5と呼ばれるモデルですが、GPT-4やGPT-4 Turboなど、アップグレードされたモデルを利用することで、より正確な回答を得ることが可能です。

ただ、GPT-3.5は無料なのに対し、GPT-4以上は有料プランと契約する必要があります。詳細はこちらの記事を参考にしてください。

>>>【GPT-4 vs GPT-3.5】OpenAIのChatGPT(チャットジーピーティー)の新モデルを徹底解説!

Bing AI

Bing AIとは、Windowsなどで有名なMicrosoft(マイクロソフト)社が提供するチャットAIです。サービスの全体像はChat GPTと非常に似ており、使い方も基本的には同じと思っていただいて構いません。

たとえば、Bing AIに「バレンタインデーにおすすめのチョコレートを教えてください」というプロンプトを入力した結果は以下のとおりです。

Bing AIの強みは「無料なのに幅広い機能が搭載されている」という点にあります。DALL-Eと呼ばれる画像生成AI機能も搭載されているからです。

「洞窟を探検する猫とその仲間の動物たちの画像を生成してください。」というプロンプト

1つのサービスで「文章生成AI」と「画像生成AI」の役割を担うことができます。ChatGPTも画像生成に対応していますが、有料プランの契約が必要です。Bing AIは無料なので、「生成AIの使い勝手を幅広く試したい」という方におすすめします。

Bing AIの画像生成に関しては、こちらの記事を参考にしてください。

>>>【無料あり】DALL-E 2・DALL-E 3とは?使い方や商用利用について解説!

※ Bing AIは現在「Copilot」という名称に変更されています

SAKUBUN(サクブン)

SAKUBUNとは、マーケター向けのAIライティングツールです。SEO記事をはじめ、アイキャッチ画像、SNS投稿文などを作成できます。無料トライアルが7日間用意されているので、使い心地を試すことも可能です。

参考までに、「30代 異業種転職」という記事を生成してみます。結果は以下のとおりです。

かなりクオリティの高い記事が生成されました。SEO目的の文章生成AIをお探しの方におすすめします。

Notion AI

Notion AIとは、多機能メモアプリのNotionに搭載されたAIアシスタントサービスのことです。テキストの作成をはじめ、文章の要約や翻訳、SNS投稿文や営業メールの作成など、幅広い文章生成に対応可能です。

(Notion AIにテキストを作成してもらっている様子)

また、Notion AIは20回までなら無料で利用できます。本格的に活用する場合は有料プランの契約が必要です。詳細はこちらの記事を参考にしてください。

>>>Notion AIとは?何ができるの?主な使い方について解説します!

Bard

BardはGoogleが提供するチャットAIです。ChatGPTやBing AIと同様、コメントボックスにプロンプトを入力することで、文章を生成することができます。

参考までに「20代におすすめの節約方法を教えてください」と入力した結果は以下のとおりです。

Bardの詳細に関してはこちらの記事を参考にしてください。

>>>【使い方】Google Bardとは?日本語対応?一般公開はいつから?

Catchy(キャッチー)

Catchyとは、ChatGPTを搭載したAIライティングツールのことです。記事作成をはじめ、広告用のキャッチコピー、Youtubeの企画アイデア、LINEの返信など、さまざまな文章生成のニーズに応えてくれます。

たとえば、「鰻屋の集客方法」についての記事を作成した結果は以下のとおりです。

Catchyでは毎月10クレジット付与されるので、無料でも使い続けることができます。しかし、1記事の生成に約10クレジット消費するので、本格的な活用を予定している場合は有料プランへのアップグレードが必要です。

Magic Write

Magic Writeとは、グラフィックデザインツールのCanva上で利用できる文章生成AIです。ブログ記事などの長文形式はもちろん、SNSアカウントの自己紹介文といった短文形式まで、幅広いニーズに対応しています。

残念ながら、無料版のCanvaではMagic Writeを利用することはできません。有料プランのCanva Proへのアップグレードが必要です。

また、Canvaでは文章生成AI以外にも画像生成AI機能が搭載されています。詳細はこちらの記事を参考にしてください。

>>>Canva aiで画像生成!使い方を解説!商用利用できる?スマホ版は?動画は?

AIのべりすと

「AIのべりすと」とは、日本のゲームクリエイターであるSta氏が開発した文章生成AIです。「AIで小説を書こう!」という文言通り、プロンプトを入力するだけで小説を生成することができます。

参考までに、「今日も満員電車だ。3駅過ぎても座れずにいる。」という書き出し(プロンプト)を入力した結果は以下のとおりです。

PlayAI/ぷれあい

「PlayAI/ぷれあい」とは、人工知能を活用した文章作成ツールです。ユーザー登録不要かつ無料なので、誰でも手軽に利用できます。

使い方は「AIのべりすと」と似ており、冒頭のテキスト(プロンプト)を入力すれば、続く文章を生成してくれます。参考までに「今日はパスタを食べたい。」という冒頭文を入力した結果は以下のとおりです。

実用性の観点からは少し課題があるので、ビジネスへの活用ではなく、「文章生成AIを触ってみたい」という方におすすめします。

ELYZA Pencil(イライザペンシル)

ELYZA Pencilとは、東大松尾研究室が開発・提供する文章生成AIです。ニュース記事やメール、職務経歴書などの作成時に役立ちます。

基本的な使い方は、「キーワード(プロンプト)」を2~8つ入力するだけです。今回は「満員電車」「新宿」「座れない」にしてみました。結果は以下のとおりです。

ビジネスへの本格的な活用を検討している方は、法人用のプランがあるのでそちらをおすすめします。

文章生成AIを利用する際の注意点

文章生成AIは非常に便利なサービスですが、利用時の注意点もいくつかあります。具体的には以下のとおりです。

  • 必ずファクトチェックを行う
  • できるだけコピペチェックする

それぞれ詳細を解説します。

必ずファクトチェックを行う

文章生成AIによるコンテンツは必ずファクトチェックを行いましょう。誤った情報が紛れている可能性があるからです。

Bardの利用時にはこのようなアナウンスが行われます

AIが事実と異なる回答を堂々と行う現象を「ハルシネーション」と呼び、ChatGPtなど高性能なAIでも完全には回避できません。また、学習データに問題がある場合、生成されるコンテンツにもその影響が及びます。

文章生成AIによる記事は、編集作業を通してから公開するといいでしょう。

できるだけコピペチェックする

コピペチェックもできるだけ行うことをおすすめします。生成AIによるコンテンツかどうかに関わらず、著作権侵害の有無は「類似性」と「依拠性」で判断されます。つまり、文章生成AIで作成した記事をそのまま公開した場合、著作権侵害に該当する可能性があるということです。

コピペチェックツールはいくつかありますが、おすすめは「CopyContentDetector」。4,000文字までの文章なら無料でコピペチェックできます。

文章生成AIのまとめ

今回は、文章生成AIについて解説しました。押さえておきたいポイントは以下のとおりです。

  • AIが文章を自動生成してくれるサービス
  • 幅広い記事作成に活用できる
  • 本格的な活用の際は各サービスの有料プランを検討
  • ファクトチェックやコピペチェックは必須

また、文章生成AIと同じかそれ以上に注目を集めているのが画像生成AIです。こちらの記事で詳細を解説しているので参考にしてください。

>>>【無料】画像生成AI・イラスト自動生成サービス16選!おすすめスマホアプリやWebサイトを紹介

SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

UPDATE 更新情報

  • ALL
  • ARTICLE
  • MOVIE
  • FEATURE
  • DOCUMENT