最先端のWebマーケティングを発信するメディア

最先端のWebマーケティングを発信するメディア
ショートカットキーの一覧・早見表、便利な設定、使えない時の対処法【Windows 10】

ショートカットキーの一覧・早見表、便利な設定、使えない時の対処法【Windows 10】

最終更新日:
SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

Windows 10での作業の効率化を図るべく、確実に覚えておきたいショートカットキーを一覧・早見表形式で紹介します。加えて、便利な設定、トラブル時の対処方法などもピックアップ。ぜひ、ご活用いただけますと幸いです。

■Macのショートカットキーが知りたい方はこちら
【保存版】Mac ショートカットの一覧表! 自分で作成する方法も解説します!

ショートカットキーを覚えるコツ

ショートカットキーを覚えるコツ

ショートカットキーは意外と多く存在します。慣れないうちはなかなか覚えられないこともあるでしょう。しかし、ひとたびマスターすればその後は楽ちん。いわば、ちょっとした時短テクニックです。しかもこれが侮れない。積もり積もれば生産性向上にも大きく役立ちます。

と、決して一気に暗記する必要はありません。
まずは、基本となる使用頻度の高い「Ctrl」(コントロール)、「Shift」(シフト)、「Windows」(ウインドウズ)、「Alt」(オルト)の4つのキーを軸に自分のペースで着実に覚えていくことを推奨します。

ショートカットキーを一覧でチェック!

ショートカットによく使うキー

以下、基本キーごとに一覧でまとめました。

「Ctrl」を使用するショートカットキー

ショートカットキー操作内容
Ctrl+Aすべてを選択
Ctrl+Cコピー
Ctrl+N新規のウインドウを開く
Ctrl+Oファイルを開く
Ctrl+P印刷画面の表示
Ctrl+Sファイルの保存
Ctrl+Vコピーを張り付ける
Ctrl+Wファイルを閉じる
Ctrl+X選択項目の切り取り
Ctrl+Y戻した操作を取り消す
Ctrl+Z操作を戻す
Ctrl+クリック複数のファイルを選択する
Ctrl+Space列全体を選択する
Ctrl+ドラッグ+ドロップファイルのコピー
Ctrl+マウスホイールデスクトップのアイコンやリソースサイズを変更する

Shiftを使用するショートカットキー

ショートカットキー 操作内容
Shift+Delete完全に削除する
Shift+クリックファイルを複数選択する
Shift+矢印項目を複数選択する
Shift+F2コメントを挿入する
Shift+F8セルの選択範囲を追加する
Shift+F10右クリックメニューを表示する
Shift+Space行全体を選択する

Windowsを使用するショートカットキー

ショートカットキー操作内容
Win+Aアクションセンターの表示または非表示
Win+B通知領域のフォーカス
Win+Cコルタナを起動する
Win+Dデスクトップの表示または非表示
Win+Eエクスプローラーを起動する
Win+FフィードバックHubを起動する
Win+GXboxゲームバーを表示する
Win+IWindowsの設定を起動する
Win+Kデバイス接続画面を開く
Win+Lパソコン画面をロックする
Win+M全部のウインドウを最小化する
Win+P外部ディスプレイへ出力する
Win+Qウインドウズの検索を表示する
Win+Rファイル名を指定し実行する
Win+Sカーソルをタスクバーの検索ボックスに移動する
Win+Tタスクバーのアプリの切り替え
Win+Uウインドウズの設定から「簡単操作」を起動する
Win+Vクリップボードの履歴を表示する
Win+Xクイックアクセスメニューを表示する
Win+Pauseシステム画面を開く
Win+PrintScreenスクリーンショットを撮影して保存する
Win+Tabタスクビューを表示する
Win+Home最前面のウインドウ以外を最小化する
Win+.キーボードから絵文字や顔文字を追加する
Win+,全ウインドウを透明化する
Win+「+」拡大鏡をオンにするまたは拡大鏡を拡大する
Win+「-」拡大鏡を縮小する
Win+Esc拡大鏡をオフにする
Win+数字キータスクバーのアプリを起動する
Win+↑アクティブなウインドウを最大化する
Win+↓アクティブなウインドウを元に戻す
Win+←アクティブなウインドウを左半分に配置する
Win+→アクティブなウインドウを右半分に配置する

Altを使用するショートカットキー

ショートカットキー操作内容
Alt+Pファイルのプレビューを表示する
Alt+Enterプロパティを表示する
Alt+Tab開いているアプリやウインドウを表示する、切り替える
Alt+Spaceコマンドランチャーを呼び出す
Alt+F4アクティブなアプリを終了する
Alt+ひらがなひらがな入力のオンまたはオフにする
Alt+PrintScreenアクティブなウインドウだけを画像キャプチャする

各基本キーを複合的に使用するショートカットキー

ショートカットキー操作内容
Ctrl+Shift+ESCタスクマネージャーを起動する
Ctrl+Shift+F10IMEのプライベートモードのオンまたはオフにする
Win+Ctrl+Cカラーフィルターをオンまたはオフにする
Win+Ctrl+D新規の仮想デスクトップを作成する
Win+Ctrl+F4使用している仮想デスクトップを閉じる
Win+Shift+Mウインドウを最小化して表示する
Win+Shift+Sスクリーンショットを撮影する
Win+Alt+数字キータスクバーのアプリの右クリックメニューを表示する
Win+Alt+D日付と時刻を表示する
Alt+ Ctrl+Delロック画面を表示する

ショートカットキーの便利な設定

ショートカットキーの便利な設定

ショートカットキーは、自身で追加やカスタマイズが可能です。しかも簡単に設定できます。追加、カスタマイズ、それぞれ以下の通りです。

ショートカットキーの追加

よく使うアプリにショートカットキーを割り当てたい場合、まずスタートメニューを開きます。
(ショートカットに)追加したいアプリを右クリックし、表示された一覧から「その他」にマウスポインターを合わせて、「ファイルの場所を開く」をクリックします。エクスプローラーが起動し、(アプリの保存場所にある)目的のアプリ名を右クリックし、表示された一覧から「プロパティ」をクリックします。ショートカットタブに切り替えると、ショートカットキーの入力欄(ボックス)が用意されています。そこで任意のキーを押すと、「Ctrlキー+Altキー+任意のキー」が表示されます。これだけで新しくショートカットキーを追加することができます。「OK」をクリックして完了です。
追加後は正常に使用できるか、実際に操作して確認しましょう。

なお、注意点として使えないキーが存在します
「Esc」「Enter」「Tab」「Space」「PrintScreen」「Shift」「BackSpace」の7つです。
また、F1~F12のファンクションキーもおすすめできません。なぜなら、ファンクションキーは、各々が既にショートカットキーとして機能が備わっているからです。そこに新たな(ショートカットキーの)役割を追加してしまうと、上書きが発生します。つまり、ファンクションキー元々の機能が使えなくなるのです。

上記の通り、簡単に追加できるとはいえ、落とし穴もあるので設定する際は慎重に行いましょう。

ショートカットキーのカスタマイズ方法

Word上でショートカットキーはコマンド、マクロ、フォント、スタイル、またはよく使用する記号に割り当ててカスタマイズできます。
手っ取り早い方法は次の通りです。
ファイル(タブ)→オプション→リボンのユーザー設定→ユーザー設定へと進み、任意の分類、コマンドを選択後、カスタマイズしたいキーを入力し、割り当てをクリック。
現在のキーを確認し、閉じれば完了です(カスタマイズについても正常に使用できるか、実際に操作して確認するようにしましょう)。

ショートカットキーが使えない時の対処法

ショートカットキーが使えない時の対処法

作業中に突然ショートカットキーが使えなくなるというトラブルは思いの外多いものです。遭遇した際は、まずキーボード自体が壊れていないかチェックしましょう。他のキーは正常に動くか、マウスは動かせるかなど確認してください。パソコンがフリーズしている可能性も追いましょう。また、ゲーミングモード機能が搭載されているキーボードを使用している時には注意が必要です。オンの状態ではキー操作に制限がかかり、ショートカットキーが使用できなくなることがあります。
F1~F12のキーが使えないこともよくあります。これは、Fnキーと同時にファンクションキーを押すことで解決することが多いです。
キーボードの固定キー機能が有効になっていることも考えられます。スタートメニュー→設定→簡単操作→キーボードへと進み、「キーボードショートカットで一度に1つずつキーを押す」の項目をチェック。オンになっていればオフに切り替えましょう。ちなみに、「固定キー機能を起動するショートカットキーを許可する」のチェックを外すと、誤操作でうっかり固定キー機能をオンにしてしまうミスをなくせます。

多くのショートカットキーを“無意識”に使えるよう“意識”すべきこと

ショートカットキーを自在に使えるようになろう!

無駄なアクションを減らすことで、素早い作業はもちろん、ストレス軽減にもつながります。すなわち、ショートカットキーは仕事におけるパフォーマンス向上だけでなくコンディションを整えるうえでも欠かせないわけです。
となれば、一刻も早くなるべく多くを知る必要に(心理的に)迫られるかもしれません。が、焦りは禁物です。無理矢理頭に詰め込む学習方法ではなく、一つずつ身体に馴染ませるように覚えていきましょう。できれば知り得たショートカットキーはすぐに試すことをおすすめします。まとめてではなく日々コツコツと習慣化させるのが効果的です。理想でもある普段の業務で“無意識”に使えるようになるまで、ぜひ“意識”して取り組んでみてください。

SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

この記事を書いた人

ヒゴ
無知、無能、無粋、無才、無点法……。SEOやアクセス解析に腐心しつつも、それらはまるで逃げ水のように追いかけては遠く離れ、ようやく掴んだと思った矢先にはシビアな現実を突きつけられる有様です。あるいはライターとして名を連ねることに気後れしながら、日曜大工のスタンスで恣意的かつ箸にも棒にもかからない駄文をまき散らしています。隠し切れない底意地の悪さ。鼻持ちならない言い回し多数。どうかご容赦ください。

UPDATE 更新情報

  • ALL
  • ARTICLE
  • MOVIE
  • FEATURE
  • DOCUMENT