As Best Creative, Do Everything For a Goal…

blog 社員ブログ

社員ブログ

blog

LINE@で集客力アップ!店舗集客での活用方法2018/03/23


店舗経営を行ううえで、LINE@(ラインアット)を活用することは店舗の宣伝や集客につながる可能性があります。
LINE@でどのようなことができるのか、活用のポイントについて詳しく解説します。

目次





LINE@の基本的な仕組み




個人間のコミュニケーション手段として用いられるLINEとは異なり、LINE@では不特定多数に向けて配信を行うことができます。
メールマガジンのような役割を担うものであり、活用の仕方次第で効果的に情報を発信できる手段となるでしょう。

店舗経営を行っているのであれば、登録してくれたユーザーに対して店舗の情報だけでなく、クーポン券を配るといった使い方もできます。
利用料金が高めに設定されている公式アカウントと比べると、LINE@は無料で使えるプランも組まれているなど、使い勝手がよいのが特徴です。
「集客は行いたいものの、宣伝費をそれほどかけられない」といった事情を抱える小さな店舗や会社向けのツールといえるでしょう。


LINE@の登録方法


LINE@を利用するには、通常のメッセージアプリとは別のアプリをインストールする必要があります。
事前にLINEのアカウントを持っていることが前提であり、連携させることでLINE@の認証が完了できます。

また、登録作業はパソコンでは行えないため、スマホアプリを使って作業を進めましょう。
年齢認証を済ませて、アカウント名・プロフィール画像・業種などを設定します。画面の指示に従って必要事項を入力していくと、アカウントの作成は完了です。
友だち登録を促すためにも、アカウントの紹介ページや各種メッセージなどを充実させておくとよいでしょう。


LINE@で利用できるさまざまな機能


アカウントを作成したら、LINE@のさまざまな機能を把握しておきましょう。

自動配信メッセージ


「自動配信メッセージ」を設定すれば、時間がなかなかとれないときでもメッセージを送ってきてくれた人に対して自動応答してくれます。
ただ、送られてきたメッセージを確認できないため、一対一のやりとりは行えません。

キーワード応答メッセージ


「キーワード応答メッセージ」機能を使えば、送られてきたメッセージに特定のキーワードが含まれていると、そのキーワードに対応したメッセージを送ることも可能です。
特定のユーザーに絞って情報発信や返信をしたいときに便利に活用できる機能です。

1:1トーク


LINE@では友だち登録をしてくれたユーザーと、「1:1トーク」が行えるのも特徴です。
トーク画面で個別のユーザーから直接問い合わせを受けたり、質問に答えたりすることができます。
また、迷惑行為を行うユーザーに対してブロックすることもできます。

一斉メッセージ


1:1トークは対面での接客をSNS上で行っているイメージであり、できるだけ素早い返信を心がけることで販売につなげていくことができるはずです。
そして、「一斉メッセージ」の機能を使えば、登録しているユーザーに一斉に情報を送ることができます。
新商品やおすすめ商品をユーザーにアピールしたいときに活用してみましょう。


PRページを活用して集客を図る



LINE@の機能の一つとして、「PRページ」というものがあります。

これは店舗や商品をアピールできるページであり、クーポンを配布できる機能でもあるのです。
業種によってはなかなか客足が伸びない閑散期もあるため、PRページをうまく活用して既存の顧客に再度店を訪れてもらう工夫もしてみましょう。

単に新規顧客を開拓するというよりも、「既存の顧客にファンであり続けてもらうために何ができるか」といった視点を持つことが大切です。
PRページを活用して、すでに来店したことのある顧客を大事にしていき、ファンが拡散してくれる情報によって新規顧客を開拓していく流れをつくってみましょう。
店舗のファンをコツコツと増やしていくことが、収益の安定化にもつながっていくはずです。


新聞を読まないユーザー層にアピールしていく



店舗の宣伝を行う一つの方法としては、新聞の折り込みチラシがあります。
しかし、販売している商品によっては新聞を読まない顧客層がターゲットになることもあるでしょう。

LINE@を活用すれば、普段は新聞を読まない人たちに向けても情報発信を行うことができるため、きめ細かい宣伝を行えます。
すでに自社のポイントカードを持っていたり、会員となっていたりするユーザーに向けてアピールをすると効果が期待できるでしょう。

「LINE@の友だち登録をすれば、300ポイントをもれなくプレゼント」といった形で特典を用意することで、登録者数を増やしていけるはずです。
普段来店する客層などを分析したうえで、ユーザーに好まれる情報を発信してみましょう。


LINE@を活用すればコストを抑えた宣伝や集客ができる


店舗ビジネスにおいては、顧客とのコミュニケーションが何よりも大事です。
とはいうものの、宣伝や集客に割ける時間や予算には限りがあります。
LINE@をうまく活用して、コストを抑えながら店舗の宣伝や集客を積極的に行いましょう。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP