As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

社員ブログ

Blog

マーケティング
売上=客数×客単価×購入頻度を意識してビジネスを成長させよう!
2019/01/07



売上をアップさせるためには客数や客単価、購入頻度といった点に意識を向けておく必要があります。
基本的なポイントを押さえて、改善策を実行してビジネスの成長につなげていきましょう。

目次

売上=客数×客単価×購入頻度という計算式

どのような商品/サービスを販売/提供するとしても、売上について理解を深めておくことは非常に重要です。
一般的に売上をアップさせるための計算式として、「売上=客数×客単価×購入頻度」があげられます。

売上を高めるためには、多くの顧客を呼び込むための集客や、一度購入してもらった顧客がリピーターとなってくれるように工夫をしていくことが大切です。
また、客単価を向上させるために商品やサービス、業態を見直してみるといった部分も必要でしょう。

原則として、経営規模や資金力などの違いによって、どの部分を改善していくべきか異なってきます。
「売上が伸び悩んでいる」「曜日によって客数にバラつきがある」といった悩みを抱えているときには、的を絞った取り組みが必要になるでしょう。
売上がどの要因によって伸び悩んでいるかを分析したうえで、対策を行っていくことが重要なのです。

広告運用やSNSの活用を通じて客数を伸ばす

ビジネスを拡大させるためには、できるだけ多くの人に訪れてもらう必要があります。
見込み客を獲得するためには、広告の運用方法を見直したり、SNSを積極的に活用していったりすることが大切です。

すでに自社の商品やサービスを知っている人に対しては、クーポンを配布したり、キャンペーンを設けたりしてみると良いでしょう。
過去に購入してくれた顧客に対しては、新商品の情報などを発信することで、再び購入する動機を作ってあげることが必要です。
また、自社のことを知らない人に対しては、ターゲットとなる客層をよく見極めたうえで広告を運用していきましょう。

特に、若年層をターゲットとするなら、TwitterなどのSNSを活用することが重要になります。
どのようなニーズがあるのかを踏まえたうえで、ユーザーにとって有益な情報を発信していくことが肝心です。
SNSはそれほど費用をかけずに宣伝が行えるツールであるため、客数を伸ばしたいときには力を発揮するはずです。

客単価の基本的な考えとアップさせるための方法

客単価は1人の消費者が一度の買い物で支払う金額の平均を指すものであり、売上の合計値を客数で割って求めます。
ただ、注意点としては新規顧客とリピーターの区別がつかないため、必要に応じて分析したい客層の数で計算する必要があるでしょう。

ビジネスを行うにあたって、客単価は売上目標を立てる段階から意識しておくことが大切です。
いくら客数が伸びたとしても、客単価が下がってしまえば売上は伸びていきません。
売上規模を拡大していくためには、客数と客単価のバランスを考えていくことが重要です。

客単価を分析することは、事業のブランディング化にも役立ちます。
客単価を上げるために、事業のコンセプトや業態を変更するといった判断の材料にもなるのです。
客単価を意識することで現状の経営状態を把握するだけでなく、将来的な事業の方向性も見定めていくことができるでしょう。

客単価を引き上げるためには、提供する商品やサービスの値段を上げればよいものの、単に価格を引き上げるだけでは消費者は納得しません。
値上げに見合った付加価値の提供がなければ、逆に客足が遠のいてしまう恐れもあります。
消費者に対してどのようなメリットがあるのかを提示できれば、値上げに対しても受け入れてもらえるでしょう。

購入頻度を高めるためには時間軸を意識することが重要

同一の消費者に何度も購入してもらえば、売上を押し上げていくことができます。

購入頻度を上げるためには、飲食店であれば店舗が比較的空いている時間に、お客さんを呼び込むことを考えてみると良いでしょう。
「空いているから、ゆっくりと食事ができる」「ゆっくりしてもらうためにドリンクをサービスする」といったメリットを提示することで、購入頻度のアップにつなげられます。

また、しばらく来店していない人に対して、ダイレクトメールやチラシを送ったり、SNSで交流したりすることも大切です。
すでに自社の商品やサービスを購入してくれた人に対して、また来店したくなるような仕掛けを作ってみましょう。

何度も試行錯誤して取り組んでみよう

売上を向上させるためには、新規顧客を増やしつつ購入頻度を上げ、さらに客単価をアップさせていくことが重要です。
また、流出する顧客の数をできるだけ減らすことも意識しておきましょう。

すべての取り組みを一度に行うというよりは、ひとつひとつ試しながら取り組んでいくことが大切です。
そして、売上が伸びたときにはどの要因で伸びたのかを分析して、集中的に取り組んでみましょう。
ビジネスの種類やターゲットとする客層によって、客数・客単価・購入頻度のどれを重視すべきか違ってきます。

ビジネスによっては、売上アップのための取り組みを行っても、すぐに結果につながらないこともあるでしょう。
既存顧客や新規顧客のニーズを汲み取って、コツコツと継続的に改善策を実行していくことが大切です。

SHARE

おすすめ記事

RECOMMEND

最新記事

NEW ARTICLE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP