fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

Web制作事業ハウツー
選ぶべき結婚相談所は大手or中小?マーケティングから見る3大集客方法
2019/03/24

親子と男性

結婚相談所は数も多く、ユーザーは何を基準にどこを選ぶべきか迷っています。
この記事では、中小結婚相談所がその魅力をアピールして、効率よく集客するためのポイントを紹介します。

目次

変化する婚活ビジネス市場

インターネットやスマホが普及したことにより、婚活のスタイルも多様化してきました。
結婚相談所など従来の方法だけでなく、街コンや婚活サイト、婚活アプリなどを使って気軽に婚活する人も増えています。
その反面、初婚年齢は年々高くなっており、生涯未婚率もアップしていますが、結婚したいが相手が見つからないという人も多いのです。

国立社会保障・人口問題研究所が18~34歳の未婚の男女を対象に行った2015年社会保障・人口問題基本調査によると、男性の85.7%、女性の89.3%が「いずれ結婚するつもり」と答えています。
また、離婚する夫婦も増加しており、再婚したいと考えて婚活する人も増えています。

そのため、本当に結婚したい人を結びつける結婚相談所へのニーズは高まっているといえるでしょう。
結婚を真剣に考えている人に、どうアプローチできるかが、集客するための大きなポイントになります。

大手結婚相談所のメリットとデメリット

カラーで書かれた人のイラストイメージ

大手結婚相談所のメリットとしては、相談所のサイトを利用して希望の相手を探したり、メッセージを送ったりできる点が挙げられるでしょう。
相談所のスタッフに過度に干渉されることなく、自分のペースで進めることができるので、ライフスタイルに合わせた婚活が可能です。

入会金や毎月の会費は必要ですが、お見合い料や成婚料などが必要ないという特徴もあります。
そのため、「本当にこの人でいいんだろうか」などと迷わずに、積極的にお見合いをすることができます。

また、登録している会員数が多いのも大手結婚相談所のメリットです。
条件を絞り込んでも選択肢は多いので、自分にあった人に出会える可能性も高くなるでしょう。

大手結婚相談所のデメリットとしては、入会金や毎月の会費が高いということがあります。
特に入会金は、結婚を真剣に考えている人に絞り込む意味でも、高めに設定されているのが一般的です。
成婚しても追加費用は発生しませんが、入会している間は会費をずっと払い続けなければなりません。

大手結婚相談所ではスタッフは基本的にタッチしないため、手厚いサポートが受けにくいという側面もあります。
初対面の人と話すのが苦手な人、自分から積極的に動くのが得意でない人には向いていないかもしれません。

中小結婚相談所のメリットとデメリット

中小結婚相談所のメリットは、入会金や会費が安いことです。
その分、お見合いや成婚時に追加料金が発生しますが、費用を気にせずに婚活を続けることができます。
婚活の期間が長くなっても、コストを負担に感じることはないでしょう。

アドバイザーが親身になって相談にのってくれるのも、中小結婚相談所のメリットです。
会員数も少ないだけに、ひとりひとりの性格や状況を踏まえて適切にアドバイスしてくれます。
結婚にこぎつければ成婚料が発生するので、積極的に婚活を応援してくれるのもメリットといえるでしょう。

中小結婚相談所のデメリットには、会員数が少ないことがあります。
年収や身長、趣味などで条件をどんどん絞り込んでいくと、かなり選択肢は限られてきます。
ただし、中小結婚相談所でも連盟に所属しているケースが多く、連盟が主催する婚活パーティなどに参加すれば他の結婚相談所の会員と出会うことができるので、婚活の幅も広がるでしょう。

アドバイザーが親身になって相談にのってくれるのが大きなメリットですが、なかにはうっとうしく感じる人がいるかもしれません。
そのため、自分のペースで婚活を進めたい人には、向いていないという側面もあります。

集客のポイント1:ホームページ

マルチデバイスに表示された結婚のイラスト

婚活や結婚相談所についての情報が欲しいと思ったら、インターネットで検索する人がほとんどでしょう。
それだけに、ホームページを作成して内容を充実させることが重要です。
その際にポイントになるのが、ユーザー目線で情報を載せることです。

結婚という大きな問題に取り組むだけに、ユーザーはとても慎重になります。
「大手のほうが安心だろうか」「本当にここで大丈夫だろうか」「ちゃんとした人を紹介してもらえるだろうか」など多くの不安を抱えていますそのため、できるだけていねいに説明して、これらの不安を取り除いてあげることが大切です。

中小結婚相談所だからこそのメリットである、入会金や会費の安さ、会員に対する親身なアドバイスなどを積極的にアピールすると効果的です。
そのうえで、自社ならではの強みやポリシーを伝えると、他の結婚相談所との違いも明確になるでしょう。

また、結婚相談所に申し込むのは、どうしても敷居が高くなりがちです。
ですから、どんな人が実際に対応するのか、スタッフを紹介すると、安心感や信頼感を持ってもらいやすくなります。
そのうえで、資料請求フォームや問い合わせフォームまでスムーズに誘導すれば、見込み客数を増やす効果が期待できます。

集客のポイント2:ブログ

ブログの活用も中小結婚相談所にとって、集客に効果的なツールです。ブログを利用すれば、自分で簡単に記事を書き込むことができるので、タイムリーな情報発信が可能になります。

ブログは無料のブログサービスを利用する方法もありますが、広告が入るなど結婚相談所の品位にも関わりますので、ホームページ内に設置するのがおすすめです。WordPressなどのCMSを利用して、ホームページ内にブログを設置すれば、高いSEO効果も期待できます。

ブログを通じて事務所内部の風景や婚活パーティの様子などを継続して伝えることで、ユーザーにどんな結婚相談所なのかを知ってもらうことができます。
特にユーザーが気になるのは、どんな所長やスタッフがいるのか、どんな関わり方をしてどの程度サポートしてもらえるのか、実際にどれぐらいの人が結婚に至っているのかということです。

特に所長・スタッフの人柄や会員への思いが伝わるような記事をブログに追加していくと、「この人なら信頼できそう」「この人に相談してみたい」と思ってもらえるようになります。

集客のポイント3:Web広告

スマートフォンと手

ホームページを多くの見込み客に見てもらうためには、検索エンジン対策が重要になります。
たとえば、「○○市結婚相談所」で検索した際に上位表示されれば、大きくアクセス数を増やすことができます。
しかし、上位に表示させるのは簡単ではありませんし、必ずこのキーワードで検索するわけでもありません。
「○○市婚活」や「○○市お見合い」のようなキーワードで検索する人も多いでしょう。

そこで、おすすめなのが、リスティング広告などのWeb広告です。
Web広告には、キーワード、地域、年齢、性別、興味などで細かくセグメントできるというメリットがあります。
そのため、狙ったターゲットにピンポイントでアプローチすることが可能です。

Web広告には費用対効果が高いというメリットがあります。
表示されただけでは費用が発生せず、ユーザーがクリックした段階で課金される仕組みになっています。
結婚したい人、結婚相談所に興味のある人だけを効率よく呼び込むことが可能です。
また、詳細に効果測定ができるのも、Web広告のメリットです。

広告が何回表示されて、何人の人がどんなキーワードでクリックし、そのうち何人が資料請求や問い合わせに至ったのかを正確に把握できます。
これらのデータを見直して、キーワードや広告文を改善すれば、より資料請求や問い合わせの件数を増やすことにつながります。

中小結婚相談所ならではの強みをアピールして集客につなげよう

人のイメージをタッチする指

所長やスタッフによる手厚いサポートなど、中小結婚相談所には中小ならではのメリットがあります。
自分の結婚相談所は、どんな人に最適なのか、どんな人に来てほしいのか、ターゲットを絞り込んでメッセージを発信すると、対象となる人の胸に響きます。

自社ならではの強みをアピールして集客につなげて行きましょう。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP