fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

SEO
【SEO初級テクニック集】ロングテールSEOで検索エンジンを完全攻略!
2019/03/16

SEOイメージ

タイトルにキーワードを埋め込むなど基本的なSEOは行っても、なかなか検索順位に反映されないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
この記事では、もっと順位を上げるためのSEOテクニックを紹介します。

目次

検索エンジンの仕組みをおさらいしよう

SEOイメージ

Googleなどの検索エンジンに評価してもらうためには、検索エンジンの仕組みを理解したうえで対策を行うことが大切です。

検索エンジンが検索画面に最適な結果を表示するためには、世界中のWebサイト内のデータをチェックして、その内容を把握する必要があります。
これが、検索エンジンのクローリングと呼ばれるものです。

このクローリングは、Webサイトのリンクをたどって行われます。
そのため、バックリンクが多いWebサイトほどクロールされやすい傾向があります。
クローリングして集められたデータは、検索エンジンのデータベースに登録される仕組みです。

このデータベースへの登録はインデックスと呼ばれ、Webサイト内の各ページのタイトルや説明文、コンテンツ、URLなどがインデックスされます。
特定のキーワードで検索された際に、検索エンジンはインデックスされているデータのなかから最適なものを選び出して検索結果に表示します。
その際には順位付けがなされますが、これがランキングと呼ばれるものです。

Googleはランキングする際の指標として、200以上の要素を使っているとアナウンスしています。
検索エンジンには、このように「クローリング」「インデックス」「ランキング」の3つの仕組みがあります。
これをしっかりと理解したうえで、SEOを進めるのがポイントです。

クロールされやすいサイト構造にしよう

検索エンジンに適切にインデックスしてもらうためには、クロールされやすいサイト構造にすることが大切です。
特にページ数の多い大規模なサイトは、サイト構造も複雑になりがちなため、クローリングからもれてしまう可能性もあります。

クロールされやすいサイトにするためには、リンク階層を浅くするのがポイントです。
4回も5回もクリックしなければたどりつけないページは、クローラーからも認識されにくくなります。
多くても2~3クリックでページが表示できるようにリンク階層を設定しましょう。

また、ディレクトリの構造をわかりやすくするのも、インデックスされやすくするために効果的です。
ページ数が多い場合には、それをただ並列的に並べるのではなく、カテゴリごとにディレクトリを作成すると、クローリングされやすいサイト構造になります。

最適なアンカーテキストを使って内部リンクを調整するのも、クローラーにサイト構造を知らせるのに効果的です。
たとえば、「詳しくはこちら」ではなく、「詳しいバラの育て方はこちら」のようにすると、SEO効果が期待できます。
また、sitemap.xmlを作成してサーバーにアップすると、クローラーに全体のサイト構造を知らせることができるので、クロールされやすくなります。

ユーザーフレンドリーを心がけよう

スマートフォンイメージ

SEO効果を高めるためには、サイトを訪れたユーザーの使い勝手にも心を配ることが大切です。
Googleは、ユーザーフレンドリーについてもサイトを評価する際の基準としています。

2018年7月には、ページの読み込み速度を検索ランキングの指標にすると発表しました。
ページの読み込み速度は、検索順位だけでなく、ページビュー数やコンバージョンにも大きく影響するでしょう。
実際に表示に3秒以上かかると、半数以上のユーザーがページを離脱してしまうというデータもあります。

また、アメリカのAberdeen Groupが2008年に行った調査では、表示速度が1秒遅くなるとページビューが11%、コンバージョンが7%、顧客満足度が16%低下するとの結果がでています。
ページの表示を高速化するためには、重くなりがちなJavaScriptやCSSファイルを軽量化するのが効果的です。
不要なコードは削除する、余分な改行やインデントを取り除くなどして、最適化しましょう。

ページの表示を速めるためには、画像を見直すのも効果的な方法です。
適切なサイズの画像を使用しているか、画像の使用枚数は多くないかなどチェックしてみましょう。
動画を設置する場合は、スクロールすると読み込まれるレイジーロードにすると表示を高速化することができます。

モバイルファーストインデックスを意識しよう

Googleは2018年3月に、検索順位を決定するにあたって、「モバイルファーストインデックス」を開始したと発表しました。
これは、今まではパソコンサイトを評価の基準にしていたが、今後はモバイルサイトを基準に評価するというものです。

従来は、Webサイトを構築するにあたっては、まずパソコン用のサイトを設計し、それをスマホ用に最適化してモバイルサイトを設計するという方法を取るのが一般的でした。
そのため、スマホの画面に合わせて、コンテンツを一部省略するようなこともあったのです。

しかし、モバイルファーストインデックスが導入されたことにより、今後はモバイルサイトのコンテンツが重要になります。
ページを作成する際には、モバイルファーストインデックスを意識することが、SEO効果を高めるためには大切です。

また、Googleモバイルフレンドリーに対応しているかのチェックも必要です。
トップページがモバイルフレンドリーに対応していても、新たに作成したページが対応していなければ意味がありません。

スマホでページを見たときに、文字の大きさは適切か、文字と画像の間隔が確保されているかなど、モバイルフレンドリーテストで必ずチェックしましょう。

ロングテールSEOを行おう

ロングテールSEOイメージ

ビッグワードで上位表示を狙っている人でも、上位表示させること自体が目的ではないでしょう。
上位表示させることでアクセス数を増やし、その結果としてコンバージョン数を増やすのが目的のはずです。
その目的を達成するために効果的な方法としてロングテールSEOがあります。

ロングテールSEOとはビッグワードで上位表示を狙うのではなく、関連するさまざまなキーワードで上位表示させてアクセスを増やす方法です。
たとえば、「小顔」や「小顔グッズ」のキーワードで上位表示を狙うのではなく、「小顔グッズ 通販」「小顔グッズ 激安」のキーワードで上位表示させるのがロングテールSEOです。

ロングテールSEOには、競合サイトが少ないため比較的簡単に上位表示させやすいというメリットがあります。1つ1つのキーワードからのアクセス数は多くありませんが、キーワードを増やすことで全体のアクセス数を増やすことが可能です。また、ワードの数が増えるだけに、検索意図を把握しやすいというメリットもあります。

そのため、キーワードの設定によってはコンバージョンを増やすこともできます。ロングテールSEOを行う際は、コンバージョンにつながるスモールワードを意識しながら、ページ数を増やしていくのがポイントです。

バックリンクをチェックしよう

会議イメージ

SEOのための施策を行っても、なかなか順位が上がらない場合は、バックリンクをチェックしてみましょう。
低品質サイトからのバックリンクが多いことが、サイトの評価に影響している場合もあります。

Google Search Consoleを利用すると、バックリンクの状況を確認することが可能です。
Google Search Consoleの管理画面にログインし、「検索トラフィック」の「サイトへのリンク」をクリックすると、リンク元サイトやリンクされているページを確認できます。

バックリンクをチェックして、自サイトとはテーマのまったく違うサイトから大量にリンクが貼られているような場合や不審なバックリンクを見つけた場合には、Googleにバックリンクの否認を依頼しましょう。
否認するURLまたはドメインを記載したリストを作成し、Google Search Consoleのリンクの否認ツールのページからアップロードすると、Googleにバックリンクの否認を依頼することができます。

否認されたリンクは、Googleからはリンクされていないものとみなされるので、サイトの評価に影響しなくなります。

ユーザーに有益なコンテンツを提供するのが最強のSEO

Googleに高く評価されるのは、質の高いコンテンツが豊富で、ユーザビリティの高いサイトです。
そのため、ユーザーにとって役立つ情報を提供することが、SEO効果を高めることにつながるのです。

ユーザーに「ためになる」「面白い」と思ってもらえるコンテンツを提供して、検索順位を上げていきましょう。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP