fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

Web制作Web知識事業ハウツー
WordPress でネットショップを開設する方法
2021/03/17

ネットショップ
今やネットショップ(ECサイト)を開設できるサービスは多く、どれを選択したらいいか迷いますよね。オリジナリティや手軽さ、費用など何を優先するかによって最適なサービスは変わりますが、要望が多岐にわたる場合はWordPressをおすすめします。

WordPressと言えばサイトを管理するCMS(コンテンツ管理システム)でおなじみですが、実はテーマとプラグインを組み合わせればネットショップの開設が可能です。

WordPressはパターンに柔軟性があるため、とっつきやすく準備から開設まで一通りの作業を手間なく進めることができます。

目次

WordPressでネットショップを開設するメリットとデメリット

まずは、WordPressでのネットショップ開設におけるメリット・デメリットを紹介していきます。

メリット

無料で開設できる
WordPressは無料で使うことができるため、必要な費用はサーバー代とドメイン代だけです。ネットショップに必要なEC機能も無料プラグインがあるため、トータルで初期費用や固定費用を抑えることができます。

拡張性が高い
無料・有料問わずプラグインが多くあるので、ショッピングカードやカード決済などの機能を追加したいと言う場合でも簡単に機能の拡張を行うことができます。新機能を構築する手間を省くことができるので、効率よく運営することができるでしょう。

オウンドメディア化で集客できる
WordPressはブログ機能がメインとなっているので、ネットショップ内に記事やコンテンツを増やすことができます。このようなコンテンツは検索結果に表示されやすいので、潜在顧客に商品を宣伝することもできるでしょう。また、WordPressはSEO施策に適した作りになっているので、集客しやすい点も大きなメリットです。

デメリット

セキュリティのリスク
WordPressは世界中で多くのユーザーに使用されているCMSであるため標的にされやすく、オープンソース(無料で使えるCMS)のため脆弱な部分がはっきりと見えてしまいます。また、セキュリティ対策を自身で行う必要があり、こまめに更新して常に最新の状態にしておくことが重要です。

ネットショップで個人情報とカード情報の漏洩があれば信用を損ねるだけでなく、損害賠償責任を負うことになるので、セキュリティ対策は最優先で取り組みましょう。

プログラミングやコーディングのスキルが必要
ネットショップに必要な機能はプラグインをインストールすれば実装できますが、細かい調整やアレンジしたい場合はPHPなどのプログラミング知識が必要です。また、サイトのデザインも同様で、イメージしているものがない場合はカスタマイズする必要があり、CSSやHTMLを使ってコーディングする必要があります。

新しい決済方法はすぐに対応できない
WordPressの決済方法は導入したプラグインに依存するため、最新の決済方法の対応には時間がかかる場合があります。クレジットカードや代金引換のみの対応であれば問題ありませんが、スマホ決済やサブスクリプション(定期購読)を実装したい場合は注意が必要です。

おすすめのテーマ

ではここから、WordPressでネットショップを開設する際に必要なアイテムを紹介していきます。WordPressには無料で使えるものをはじめたくさんのテーマがありますが、今回はその中から5つを選んで紹介します。

Fukasawa(フカサワ)

Fukasawa

無料
サイト:https://www.andersnoren.se/teman/fukasawa-wordpress-theme/

シンプルなデザインで、写真が全面に出ているので写真映えする商品を扱う際に最適です。機能は必要最低限に抑えられていますが、5つのカスタムウィジェットがあり、色合いも合わせて変更すればオリジナリティを出すことができるでしょう。

ICONIC(アイコニック)

ICONIC

有料 :価格39,800円
サイト:https://tcd-theme.com/tcd062

ミニマルデザインで統一されており、商品の魅力を引立たせてくれます。トップページにはスライダーを始め、バナーや3点ボックス、カルーセルスライダーなど、インパクトのあるアイテムを置くことが可能。ブランドの構築や受注管理など、ネットショップの構築から開設にかかる手間を大幅にカットするパッケージもあるため、すぐにでもネットショプを始めたい方にもおすすめです。

Market(マーケット)

無料
サイト:https://inkhive.com/product/market/

商品画像がメインにデザインされており、ユーザーに必要な情報が一目でわかるようにUIが設計されています。

また、トップページに配置するメニューバーは種類が多く、テーマオプションもあるため、コーティング不要で扱うことができます。シンプルな作りになっていますが、サイドバーのレイアウトやトップページのスライダーなど、デザイン面での自由度が高いテーマです。

FlatSome(フラットサム)

有料:価格60ドル
サイト:https://flatsome3.uxthemes.com

ネットショップ専用のテーマです。レイアウトの編集は画面を見ながらドラッグ&ドロップで行うことができるので、コーティングが不要です。トップページにスライダーやセールスカウントダウンといった機能も簡単に実装できます。

EGO.(エゴ)

EGO.(エゴ)

有料 :価格39,800円
サイト:https://tcd-theme.com/tcd079

これからネットショップを開設する人でスキルやノウハウに不安がある人でも扱いやすい設計となっており、レイアウトも自由に変更することができます。マウスカーソルを商品画像に乗せると画像が切り替わるなど、遊び心があるアニメーションをつけることができます。
また、重要ページに誘導する導線が複数確保されていたり、ランディングページ(LP)作成機能が搭載されていたりと、売り上げにつながる機能も揃っています。

おすすめのプラグイン

WordPressにEC機能を持ったプラグインを導入することで、ネットショップが開設できます。

ショッピングサイトで最低限必要となるプラグインは下記の4つです。

・ショッピングカート
・決済システム
・売り上げ管理
・顧客管理

プラグインを導入する際は、使用するテーマに対応しているかどうかの確認を忘れないようにしてください。

WooCommerce(ウーコマース)

無料
サイト:https://woocommerce.com

ショッピングカートを始めとした多くのEC機能を備えたプラグイン。世界中で利用されており、インストールすることですぐにお店を開設することができます。SSL化(HTTPS)に対応しているため、セキュリティ面を強化したい場合にもおすすめです。

外国産のプラグインのため、日本のテーマとの相性が悪い場合があるので注意してください。

Welcart(ウェルカート)

無料
サイト:https://www.welcart.com

WooCommerceと並んでWordPressの2大ショッピングカートの1つです。国産のプラグインで日本語に対応しているので使い勝手がいいでしょう。こちらもショッピングサイト開設に必要な機能が備わっており、新規会員登録ページや配達日数設定など、細かな機能もあります。

Easy Digital Downloads(イージー・デジタル・ダウンロード)

無料
サイト:https://easydigitaldownloads.com

電子書籍や画像など、デジタル商品をダウンロード販売できる機能が揃っています。ショッピングカート機能もあり、PayPalにも対応。専用のアドオンを導入すればその他の決済機能も使用できます。

ネットショップ管理プラグイン

有料:価格55,000円
サイト:https://www.cmswp.jp/plugins/net_shop_admin/

独自アフィリエイトやダウンロード販売機能、クーポンコード対応など様々な高機能が備わっており、これ1つで事足りてしまうでしょう。「費用はかかってもいいのでEC機能は全て抑えたい」という方におすすめです。

もし使い方に迷った場合でもメールでのサポート(有料)を受けることができるので安心です。

WordPressでネットショップを開設する方法3つ

WordPressでネットショップを開設する方法を3つ紹介します。以下でそれぞれの方法を見ていきましょう。

自身でデザイン・プラグインを導入して開設する

すでにWordPressに慣れている方であれば、これまで説明した手順を用いてネットショップを開設することは難しくないでしょう。簡単なネットショップを作成したい場合や、難しいサイトでもスキルがあるため問題ないというのであれば、自身の手で構築する方法最もがコストを抑えられます。

外部ECサイトと連携する

WordPressとASPカートやオープンソースのECシステムを連携し、決済ページや商品ページなどは外部で構築する方法です。ちなみにASPカートというのはECサイトを運営できるサービスのことで、CMで有名なBASE(ベイス)などが挙げられます。

外部ツールと連携することで、外部に構築した箇所の設定は自動で行ってくれるので、スムーズにショップを開設することができ、セキュリティ面の強化もできます。ただし、固定費用が発生する点には注意が必要です。

制作会社に依頼する

WordPressは扱いやすいですが、他者との差別化や質を高める場合はスキルだけでなくノウハウも必要です。ネットショッピング開設に力を入れたい場合は制作会社に依頼することをおすすめします。

サングローブ株式会社では、ネットショップ構築のサービスを提供しており、文章、写真、サイトデザイン、プログラミングなどサイト制作に必要なことを全て請け負います。システム利用料・ロイヤリティは無料ですので、気になる方はこちらまで一度ご相談ください。

WordPressを使えばブランド力が高まる

WordPressでネットショップを開設すれば固定費用を抑えることができるため、長期的に見た場合、利益が出る可能性が高くなるでしょう。また、オウンドメディア化ができるなど自由度が高いため、ブランド力を高めることができ、商品を扱うだけでなくブランドや会社を成長させていきたいと考えている場合に適しています。

ただ、「WordPressでネットショップを開設したいが手間をかけたくない」や「スキルやノウハウに不安がある」という不安を持っている方も多いはずです。その場合は当社にぜひお問い合わせください。お客様のカラーを活かしたネットショップの開設をお手伝いします。

ネットショップによってお店の印象が決まってしまうこともあります。メリットやデメリットを慎重に検討し、満足できるネットショップの開設を実現してください。


(本文・荒井隆一)

SHARE

PLEASE CONTACT US

サングローブのサービスにご関心のある方は、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP