fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

SNSマーケティング
Twitter広告の運用をお考えorまだ知らない方へ伝えるアレコレ
2018/04/06

Twitter広告の成果をデータでチェックするイメージ
Twitter広告で得られる効果は運用次第で大きく変わってきます。
まずはその規模。日本国内のTwitterのユーザー数ですが、約4,500万人はいるといわれています。おそらく、そこにマーケットがあるというのは多くの人はイメージがつくはずです。
しかし、どのように運用していけばよいかがわからず施策を実行しないままのお店、企業も少なくないのではないでしょうか。
なかなか踏み出せない方へ捧げる本記事。あらためて検討し、試すきっかけになれば幸いです。

目次





Twitter広告の特徴


スマートフォンを見る人たち
はじめにそもそもどういったものなのか。基本的な仕組みや特徴について言及します。

Twitter広告は、タイムラインのインフィードやトレンド枠などに表示されるあれです。漠然とツイートを眺めスクロールしていたら、視界に飛び込み気になった広告ってあると思います。狙いはまさにそれ。
結果、Twitter広告を活用することで、商品販売や認知度の向上、フォロワーの獲得などが可能になるわけです。

Twitterの特徴として挙げられる点のなかに、ユーザー属性があります。若年層が多く、10~20代は50%前後の利用率というデータがあります。アピールする際は、若者に刺さるかどうか。このあたりが肝になってくるでしょう。

また、拡散性の高さもうまく活用したいポイントです。
広告がリツイートされることで二次的に知るユーザーは増えます。さらには数珠つなぎのように範囲を広げていき、気づけば人気商品となるケース、現象が生まれていきます。これは、決して珍しいことではありません。
ゆえにこの手段を無視するというのは勿体ないのです。


Twitter広告が掲載される場所


ツイッターのサインアップページの画面イメージ
Twitter広告には掲載する場所の違いとして、「プロモアカウント」「プロモツイート」「プロモトレンド」の3つの種類があります。
それぞれがどう機能するか、ご紹介します。

プロモアカウント


プロモアカウントは、右上のおすすめユーザー枠に表示される広告で、主にフォロワー数を増やす目的で掲載されます。
現在フォローされていないユーザーに対してのアプローチです。フォロワー数を一気に増やしたい場合は、このタイプで攻めるのが有効だと考えます。

プロモツイート


プロモツイートは、広告っぽくないというのが特徴です。自然と目につきやすいというメリットが情報宣伝やサイトへの誘導につながります。Twitter広告の定番、メインともいえます。リツイートやいいね!を獲得しやすく二次拡散に期待できます。

プロモトレンド


プロモトレンドは、タイムラインの右側に表示されるトレンドの最上部に掲載される広告です。
クリックするとハッシュタグや急上昇ワード等、関わるツイートを網羅的に確認できます。タイムリーなキーワードを活用することでキャンペーンの案内や新商品を知ってもらえるチャンスが増えるでしょう。認知度アップにはもってこい。タイミングを計り、使ってみてください。


Twitter広告のメリット


スマートフォンなどのアプリ画面
さて、メリットについてはすでに触れていますが、あらためて、何がありがたいかというと、Twitter広告には高いリーチ力が備わっている点です。
たとえば、多彩なターゲティング機能を利用することで、興味やフォロワーの特性、地域といった属性に対してアプローチが可能となります。つまりは、適材適所で広告を届けるユーザーを絞り込めるわけです。
結果、検索エンジンのリスティング広告などでは絞り込めなかった潜在層にアタックすることもできます。

また、コストパフォーマンスが高いのも、Twitter広告のメリットといえるでしょう。
CPC課金、CPE課金などの方法を選択することができるので、調整次第で低予算での運用が可能になります。
Twitter広告には、高騰傾向にあるリスティング広告に比べるとCPCが安いという側面もありますが、何よりも二次拡散には課金されないというのが大きいです。
広告を見たユーザーのリツイートによって表示されたそれをクリックしても課金されることはありません。
先述したTwitterならではの高い拡散性も相まって、費用対効果の向上が期待できます。


Twitter広告のキャンペーンの種類


ツイッターのアイコン
Twitter広告には、達成したい目的によってキャンペーンが用意されています。
ここをしっかり理解し、使い分けていくのが運用のコツです。

フォロワー


「フォロワー」は、フォロワーを増やすことを目的としたキャンペーンです。
タイムラインやおすすめユーザー枠に自社アカウント広告を表示させることができます。
広告によってフォロワーを獲得できた場合のみ課金が発生する仕組みです。

ツイート エンゲージメント


「ツイート エンゲージメント」は、自社の商品やサービスを話題にしてもらうことを目的としたキャンペーンです。
広告に対してフォローやいいね!などの反応があった際に費用が発生します。

ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン


「ウェブサイトへの誘導数またはコンバージョン」は、Twitterから自社サイトへ誘導するためのキャンペーンです。
ターゲティングしたユーザーに対して、自社サイトへの誘導またはコンバージョンを目的とした広告を表示します。
誘導した時点で課金するか、コンバージョンが発生した時点で課金するかで区別されていますので、目的に応じて使い分けることがポイントです。

ブランド認知度の向上


「ブランド認知度の向上」は、商品やサービスに関する広告をターゲットのタイムラインなどに表示させ、ブランドの知名度を上げていくことを目的としたキャンペーンです。
表示回数によって課金されますが、その後のエンゲージメントによって料金が発生することはありません。

アプリインストール数・アプリの起動回数


「アプリインストール数」「アプリの起動回数」は、タイムライン上に広告を表示させることで、アプリケーションのダウンロードまたは起動を促すためのキャンペーンです。
App StoreやGoogle Playに誘導した場合、またはそのアプリを開くためのクリックに対して課金される仕組みになっています。

プロモビデオ再生数


「プロモビデオ再生数」は、ターゲットのタイムラインに動画広告を掲載するキャンペーンです。
自動再生機能によって、ユーザーの画面に表示された時点で動画をスタートさせることができます。
視認性も高く注目されやすく、訴求できる情報量も増えるので、大きな効果が期待できます。


Twitter広告のターゲティング機能


他の章でも触れましたが、ターゲティング機能の充実度もおさえておきたい要素です。運用するうえで余すことなく活用したいですね。
具体的にいくつかピックアップします。

地域ターゲティング


「地域ターゲティング」では都市、都道府県や州、国……等々指定できる範囲は幅広く、その地域に限定したユーザーに対して効果的にアプローチできます。
商圏が限られるビジネスであっても有効です。

インタレストターゲティング


興味や関心からユーザーを絞り込むことができるのが「インタレストターゲティング」です。
教育やスポーツなど25のカテゴリーに分かれており、さらに350のサブトピックを選ぶことによって、細かなターゲティングが可能です。

フォロワーターゲティング


「フォロワーターゲティング」は特定のユーザーを選び、その選んだユーザーのフォロワーに似ている人をターゲットとするものです。
嗜好や行動の傾向が似た人に対して広告を配信することができます。

キーワードターゲティング


「キーワードターゲティング」は、指定したキーワードをツイートしたり、検索したりするユーザーを絞り込むものです。
検索エンジンのリスティング広告に似ていますが、Twitterという多くのユーザーが利用する媒体だからこそ使いたい機能だと思います。

その他


上記以外にも「言語ターゲティング」「性別ターゲティング」「端末ターゲティング」など、各属性をターゲットにしたものがあります。臨機応変に活用し、成果、反響へとつなげてください。


Twitter広告運用における+αで必要なポイント


スマートフォンやパソコンを見ながら仕事をするイメージ
Twitter広告を売り上げや集客につなげるためには、ここまで述べてきたようなキャンペーンやターゲティングをうまく使いこなすことが大切になります。
言及してきた特徴、仕組み、紹介してきたいくつかの機能。これらに対する理解度は多少なりとも高まったのではないでしょうか。
しかし、そこからもう一歩、意識するかどうかがカギとなることもあります。
その筆頭格として、やはり重要に思うのが広告の目的を明確にすることです。

販売する商品やサービスによっては、その告知をするよりも先にフォロワー数を増やすのが効果的な場合もあるでしょう。
また、詳しい情報提供が必要な場合は、自社サイトへ誘導したほうがよい場合もあります。
上記2例だと、フォロワー数を増やしたいのか、自社サイトの訪問者数を増やしたいのかで施策も変わります。Twitter広告によってどんな成果を得たいのかを、はっきりと掲げなければ意味がありません。単純に「良かった」「悪かった」の基準も生まれず、ただただ曖昧な運用に終始してしまいます。
いわゆる広告の効果を測定するためにKPIを設定しなければ、精度も上がらないでしょう。
きちんとした目的と、指標(数値)を設けると、改善すべき点もみえてきます。
ここは留意したいところです。

ターゲットもまた同様。
たとえば、「30代の女性」だけではまだあやふやです。より具体的に実在する人物像を描いてください。そう、ペルソナ設定です。それを踏まえ、結果的に周辺にまで訴求でき「30代の女性」を惹きつけられると考えます。
Twitter広告のターゲティング機能は便利ですが、そこに胡坐をかかず、思考や分析にも努めていく意識が必要です。


しっかりと検証し、Twitter広告の効果を高めよう


最後に、お伝えしたいのはしっかりと検証することです。大事な広告の効果を高めるためには、定期的に施策の見直しを行わなければいけません。これこそが運用です。
キャンペーンの種類やターゲティング、その内容においても随時チェックし、改善の余地が無いか見極めます。
設定したKPIと実際の成果に齟齬がみられないか確認しながら、次の一手を考えていきたいですね。
ABテストなどを行って複数のキャンペーンの反応を比べてみるのもおすすめです。

効果を継続して高めていく運用が難しいのであれば、パートナー企業をみつけるのも一つ。

Twitter広告に特化し、思考や分析を重ね、プロの専門家集団と協働しながら結果にコミットする。このフローがばっちりハマった時、思いもよらない反響を生み出せるかもしれませんね。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP