fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

Web制作事業ハウツー
プライベートサロンの開業に使える知識&集客方法
2019/03/12

プライベートサロンの内観
プライベートサロンは比較的低コストで開業できるため、始めてみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。ただ、漠然と進めては、失敗してしまう可能性が高くなるだけです。そうならないためにも、メリットやデメリットといった知識、集客方法をしっかりおさえておくべきでしょう。
その辺り、今回の記事では開業を検討している人向けに、要点をおさえ、わかりやすく説明いたします。

目次

プライベートサロンとは?

施術する人と、施術を受ける人

まずは、基本をおさらい。
プライベートサロンとはずばり、マンションや自宅の一室などのプライベート空間を利用して営業する小規模なサロンのことです。エステやオイルマッサージ、脱毛、ネイルケアなどさまざまなスタイルがあり、男性をターゲットとしたサロンも増えています。

一度に施術する顧客は1人に限られるサロンも多く、ユーザーからすると周囲に気兼ねなくリラックスできるという魅力があります。オーナーのこだわりを反映させやすいため、珍しい施術方法や内装にこだわったプライベートサロンが人気であるのも特徴です。また、オーナーがセラピストとなってすべてを担当するサロンも定番と化しています。ほとんどの場合、完全予約制です。ゆえに特別感をもたらします。

プライベートサロンを開業するメリット

プライベートサロンを開業するメリットとしては、開業資金を抑えられる点が挙げられます。自宅の一室を利用すれば、新たな物件を契約して開業するのと違い、敷金や礼金、保証金などの費用は必要ありません。

毎月の家賃負担がないのも大きな要素です。
固定費という観点で考えると、お店の家賃はたとえ売り上げがゼロであっても支払わなければなりません。特にお客様の少ない開業当初は、大きなプレッシャーになるでしょう。
それを踏まえ、その分のコストが抑えられるなら、料金を低めに設定しても十分な利益を上げることが可能です。

また、自宅で開業する場合には、時間が自由に使えます。
通勤する必要がないので、家事や育児の時間を調整しながら予約を受け付けるようにすれば、効率的に収入を得ることができます。

そして距離感が近く、親しみやすさを与えやすい点。お客様と良好な関係を築きやすいのもプライベートサロンのメリットといえるでしょう。そこから派生して、新しいお客様の紹介や口コミでの予約も期待できるはずです。

プライベートサロンを開業するデメリット

プライベートサロンを開業するデメリットとしては、大きく看板を掲げてアピールしにくい点が挙げられます。一般的に集客しにくいものという印象はここからきているでしょう。
隠れ家的な魅力がある反面、現実問題としてマーケティングの難易度は高いかもしれません。
同様に、施術の内容などについても告知しにくいため、ブランドイメージを築きにくい面があるのも確かです。サロンの所在や施術の特徴などの認知度を高め、ブランディングを行うためには工夫が必要になります。

さらには、プライベートサロンは比較的低価格と思われやすい傾向にあります。高価格のメニューを設定しにくい、もしくはお客様が価格に納得するだけの施術を行わないと、リピーターを増やすことができないでしょう。

メリットの裏返しでマイナスに働く場合もあります。
親近感やリラックスできるはずの自宅空間とはいえ、隣室での生々しいほどの生活感は、オン・オフの切り替えをしたい人には向いていないため、敬遠される可能性も否めないでしょう。凝った内装やアロマで雰囲気作りをしても、子どもの泣き声や料理の臭いが入り込んで台無しになってしまうリスクもあります。

こう並べてみると、ちょっとデメリットが目立ちますね。
しかし、ここを知っているか知らないかは開業するうえで非常に大事。
そのうえで、うまく経営していくにはどうすればよいか。
次の章からは、いわば応用編。そう、集客方法を具体的にお伝えします。

集客のポイント1:独自のセールスポイントを作る

アロマオイル

数多くあるサロンのなかから、自分のサロンを選んでもらうためには、ユーザーに選ぶべき理由を説明しなければなりません。
そのためには、他のサロンにはない独自のセールスポイントを作る必要があります。
どこがセールスポイントだかわからないという場合は、自分の棚卸しをしてみるのがおすすめです。

今までの経歴や資格、得意な施術、勤務していたサロンで評価されたこと、自分なりのこだわりなどをすべて書き出してみましょう。
それを客観的に眺めることで、どの部分がアピールすべき自分の強みなのかが見えてきます。

また、サロン環境についても同様に見直してみましょう。
立地や雰囲気、設備などを客観的に見つめることで、他とは一線を画す独自の魅力を作ることができます。
そして何より、顧客視点で考えること。
「○○の施術」などと施術名と内容をつらつらと説明するのではなく、そのサービスを受けることで、どんな素敵な思いができるのかを詳細に伝えられるかが肝となってきます。

集客のポイント2:ホームページを作る

さあ、独自のセールスポイントが明確になったら、ホームページを作ってそれらをアピールしましょう。
ユーザーの多くは、インターネットで検索して自分が行きたいサロンを探します。
企業の規模や個人運営等々、競う条件は異なるにせよ、ホームページは必須といえるでしょう。

費用面に頭を悩ませることもあるかもしれませんが、ブラウザ上で簡単にホームページが作れるサービスを利用すると、低コストでホームページを持つことができます。
とはいえ、せっかくなのである程度のクオリティは担保したいものです。
何せ、ホームページは、掲載できる情報量に制限がないのが魅力です。
施術内容やメニューはもちろん、ビフォー・アフターの写真、お客様の体験談、オーナーの自己紹介、地図などを掲載すれば、ユーザーにサロンの内容を詳しく知ってもらうことができます。
また、予約ページを用意して、そこに誘導すれば、予約を増やす効果も期待できるでしょう。
「地域名 ○○サロン」「施術内容 ○○サロン」のような検索されやすいキーワードでの検索エンジン対策、いわゆるSEOを行えば、検索結果に上位表示されて、ユーザーの目にも留まりやすくなります。
このあたりのノウハウや運用などを考えると、どうしたってプロの制作業者に頼むのが得策のように思いますが、どこにお願いするのか、その選定は慎重にしなければいけません。
いずれにせよ、うまく活用することでホームページのアクセス数は増え、高い集客効果が期待できるでしょう。

集客のポイント3:SNSを活用する

スマートフォンで写真をSNSに投稿する女性

情報収集はTwitterで、ファッションやメイクの画像はInstagramで探すユーザーが増えています。
それだけに、プライベートサロンの集客にSNSは欠かせません。

Instagramは若い女性ユーザーが多く、画像に特化していますので、ネイルサロンなどにはもってこいといえるでしょう。
サロンの名前やデザイン別のハッシュタグを用いることで、自分のサロンのカタログとしても利用できます。

一方でTwitterの魅力は拡散性の高さです。
ビフォー・アフターの画像など、注目度の高い情報を意識し投稿すると、リツイートされやすい傾向にあります。もしも爆発的に拡散されれば、それだけで認知度が一気に高まるでしょう。効果は期待大。考えるとニヤニヤしちゃいますね。

Facebookの利点は、個人ページだけでなくサロン用のページを作ることができるところ。
「予約するボタン」を設置してうまく誘導することも可能です

LINE公式アカウントも有効な手段です。友達登録してくれた人と直接つながることで、パーソナルな面でアプローチすることができます。また、クーポンを一斉配信できる機能も備えているので、ここぞという時(たとえば、セールやサービスといったお知らせを発信する際)には非常に有効です。

集客のポイント4:ブログを活用する

ブログの活用もプライベートサロンの集客に欠かせません。
無料で利用できるブログもありますが、広告が入る、検索エンジンに表示されにくいなどのデメリットがあるので、できればサロンのホームページに設置するのがおすすめです。

好きな時間帯に最新の情報を発信できるので、ユーザーと接点をつくる機会に自由がききます。ブログの記事で見込み客を集め、ホームページの予約フォームに誘導するような使い方もあり! やり方次第で効率的に集客できます。
大事な注意点は、ただの日記にしないこと。
お肌をキレイに保つコツ、自分でできるネイルケア、賢いサロンの選び方のような、プロならではの情報を発信するのがポイントです。
ユーザーが知りたい情報、ユーザーにとって役立つ情報を継続して発信することでファンも増えていきます。
すると、「この人はすごいノウハウを持っている」「このサロンで施術を受けてみたい」と思ってもらえるようになるのです。
そのうえで、クーポンや特別キャンペーンを設定して予約を促してみてください。きっと反響が感じられるでしょう。

プライベートサロンの開業は戦略的に行いましょう!

本を持つ女性

開業に挑むにあたって、予備知識や戦略を持つことは大切なことです。
本稿の序盤では、プライベートサロンには、コストを抑えて開業できるというメリットがある一方で、集客しにくいというデメリットもあるとお伝えしました。そして後半、そこを生かし、克服し、工夫し、巧みに活用することが集客方法になり得るという話をしています。
手前味噌で恐縮ですが、拙稿にていくつかのヒントは散りばめているはずです。
開業後、もし不安になったら、もう一度読み直してもらえると嬉しく思います。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP