最先端のWebマーケティングを発信するメディア

最先端のWebマーケティングを発信するメディア
デジタルマーケティングについて

デジタルマーケティングとは?用語、企業の事例、施策など紹介!

最終更新日:
SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

近年注目され続けているデジタルマーケティング。うまく活用することで商品やサービスの売り上げが伸びる期待が持てます。

コンピュータ技術の進化・発展が加速しマーケティングの手法が非常に多様化する現代において、従来の施策とは一線を画すデジタルなやり方で収益アップにつなげた企業は少なくありません。
目まぐるしく変化するビジネスシーンにおいて、その波に乗り遅れないよう、マーケターはもちろんセールスに従事する方全般、デジタルマーケティングについて知ることは必須といってもいいでしょう。

そういうわけで、本記事にて徹底解説。
言葉の定義にはじまり、代表的な施策、具体的な成功事例など、さまざまな切り口でお届けします。
デジタルマーケティングのイロハに対する理解はもとより、ここで言及した知識や情報をぜひ普段の業務にも生かしていただけますと幸いです。
どうぞ、ご一読ください。

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは、ずばりそのまま、デジタル技術を効果的に活用したマーケティングのことです。パソコンやスマートフォンに限らず、幅広い種類のデジタルテクノロジーを活用した、いわば最先端のマーケティングを指します。
Webサイトの運用やインターネット広告、スマートフォンのアプリや電子メールを利用した商品宣伝、いずれも典型的なデジタルマーケティングの一種です。

セールス手法がデジタルマーケティングへとシフトしてきた背景

時代の変遷とともにテクノロジーは発達し、デジタルマーケティングが注目されるようになったわけですが、やはり消費者の行動に左右された結果、現代の最適解として重用されているといえるでしょう。ひと昔前までは、テレビや雑誌などのマスメディアに広告を出せば、わかりやすく売れたものが、近年の多様な購買プロセスにおいては、そう容易にはいきません。明らかにかつての方式だけでは、有効なセールスが成り立たなくなっています。
市井の人々、消費者は過去から続く購入誘導のからくりに半ば食傷気味と化し、もっとも、徐々にコミュニティの場がインターネットへと移るフェーズにて、“お買い物”に対する新たな価値観を身に付けるようになったのです。
それゆえ今は、SNSを駆使しながらトレンドの把握に努めるなど、デジタル技術の利便性を生かすことが効果的とされています。
そうやってデジタルマーケティングは、着実に世の中との親和性を高めているのです。

デジタルマーケティングとWebマーケティングの違い

デジタルマーケティングと混同して使われやすい言葉にWebマーケティングという用語があります。デジタル全般の前者に対して、Webマーケティングは、シンプルにWebサイトを媒体としたマーケティングのことと捉えていいでしょう。運用するWebサイトへの流入分析や回遊状況を考察し、改善を繰り返していくなかで、収益へとつなげていくものです。とりわけECサイトはダイレクトに結果がマーケティングに左右されるでしょう。

デジタルマーケティングでよく使われる用語

デジタルマーケティングでよく使われる用語

デジタルマーケティングでは、さまざまな言葉が使われています。
ごく一部の界隈における専門用語だったはずのものでさえ、近年の急速的な波及に伴い、当たり前に見聞きするほどの浸透度合いをみせています。
ビジネスの現場で頻繁に飛び交うため、自然と自身の語彙のなかに定着された方も多いことでしょう。また、二度聞き、確認するのが忍びなく(あるいは恥ずかしく)、あとで慌てて調べたといった経験をされた方もきっといらっしゃるはずです。
実際は、使用頻度、領域、範囲が限られている言葉も少なくないため、Webマーケターやコンサルタントなど特化したプロフェッショナルでなければ、そう深刻に捉えることもないとは思いますが、もはや知っておいて当然といった空気があらゆる職場で以前に増して流れている印象を覚えます。

以下、いくつか主な用語を並べます。
なお、次章の施策紹介で取り上げる各種広告もデジタルマーケティング用語としておさえておくようにしてください。

SEM

SEMとは、「Search Engine Marketing」の略称です。
検索エンジン上でWebサイトへの訪問を促すためのマーケティング手法に当たります。主な施策はSEO(検索エンジン最適化)とリスティング広告(PPC広告)です。

サングローブ株式会社のSEMサービス

マーケティングオートメーション(MA)

マーケティングオートメーション(MA)とは、マーケティングにおける各フェーズでのアクションを自動化するために作られた仕組みやプラットフォームを指します。
顧客への打ち手を記録し、ユーザー行動を踏まえたうえで、新たに届けるコンテンツやお知らせ情報の配信タイミング、方法を最適化することが目的です。
このプラットフォーム内には、主に「メール配信」「セミナー管理」「Webアクセス履歴」「フォーム機能」「リード管理」「スコアリング」などのアクションが集約されています。

マーケティングオートメーション(MA)ツールとは?目的別に機能を比較!

カスタマージャーニー

カスタマージャーニーとは、顧客が自社商品を購入するまでに辿るプロセスです。顧客のあらゆるタッチポイントを横軸に、ブランドや商品がそれぞれの段階においてどう接触し、どう心情を変化させ、どう行動を起こすのかを縦軸に据え整理していきます。
そこから、潜在ニーズや購入の決め手などを浮かび上がらせていくまでがセットです。

マーケティングの課題が見つかる!カスタマージャーニー作成の手順

ファネル

ファネル(Funnel)自体は、日本語で漏斗(ろうと)を意味する言葉です。が、これがデジタル含むマーケティングの世界でも使われることがあります。
この場合ファネルが指すものは、見込み客が商品やサービスを認知し購入にいたるまでのプロセスです。
ファネルをモデル化するとちょうど漏斗のような逆三角形になるため、そう呼ばれます。

ファネルの意味を問う!デジタル時代のセールス、マーケティング

CRM

CRMは、「Customer Relationship Management」の略称です。顧客関係管理と翻訳されるように、顧客との良好な関係を構築し、その価値を高めるためのマネジメント全体を指します。
顧客への理解と継続的にアクション(コミュニケーション)をとるためのシステムです。
抽出したデータによって顧客情報を把握。属性などを整理したあとで適切な施策を講じます。

MAとSFAとCRM~マーケティングツールの効果、運用方法~

LTV

LTVとは、いうなれば顧客が取引開始から特定の期間内にその企業の商品やサービスを購入した金額の合計です。CRMにおける重要指標といってもいいでしょう。
新規顧客の獲得よりも、リピーターの育成やエンゲージメントの向上が重視される指標です。

LTVとは?意味や計算方法、最大化する施策、成功事例など

デジタルマーケティングにおける代表的な施策(テキスト広告)

デジタルマーケティングにおける代表的な施策(テキスト広告)

デジタルマーケティングにはさまざまな手法が存在するなか、多くの企業に活用されているのが、デジタルデバイスを使った各種広告です。
以下、いくつかご紹介しましょう。

行動ターゲティング広告

デジタルマーケティングの代表的な施策といっていいでしょう。サイト内でアクセスしたページのデータを取得し、ユーザー個人の興味分野を特定したうえで、それらに関する広告を提供する方法です。

リターゲティング広告

ユーザーへの印象付けにはリターゲティング広告がおすすめです。自社のサイトへ一度でも訪問したユーザーを追跡し、再度アプローチする(広告を打ち出せる)ことができます。

インフィード広告

ページ内の途中、コンテンツで挟まれるように配置されている広告を目にしたことはありませんか。このタイプはインフィード広告と呼ばれるものです。どうしたって目につく位置にあることからユーザーに認知させるのに適しています。SNSやアプリなどでもよく使われている広告です。

デジタルマーケティングにおける代表的な施策(動画広告)

デジタルマーケティングにおける代表的な施策(動画広告)

デジタルマーケティングでは、動画広告も人気の施策です。
近年、さらに目立つようになっています。
以下、確実に知っておきたい広告の種類です。

インバナー広告

デジタルマーケティングのなかで重用される動画広告の一つにインバナー広告があります。サイト内の広告枠に掲載される動画タイプの広告です。動画サイトに訪れることの少ない層にも自然とアプローチできます。

インストリーム広告

インストリーム広告は、動画サイトで挿入されているタイプです。動画閲覧者へバナー広告よりも大きな画面で商品やサービスの動画を映すことができます。そのため、記憶に残りやすい広告といえるでしょう。かつては動画の本編が始まる前に流れるのが一般的でしたが、最近では、途中や終わりに組み込まれているものも多いです。

インリード広告

インリード広告の特徴は、スクロールしてたどり着いた時点で動画が再生されることです。つまり、インプレッションと同時に動画ははじまります。また、ユーザーの目に触れやすい配置もメリットといえるでしょう。広告として自然と機能する印象を覚えます。

デジタルマーケティングによる成功事例

デジタルマーケティングによる成功事例

多くの企業がデジタルマーケティングを活用するなか、具体的にどういった成功事例が存在するのかご紹介します。

とある外資系の企業は、日本での知名度を向上させるために、SNSを中心に広告活動に乗り出します。
注力したのは商品の写真投稿。とにかく商品の見栄えで訴求した結果、フォロワーから数珠つなぎに口コミが拡散され、話題性を集めることとなりました。そう、“バズった”わけです。当然、企業の認知にもつながり、売り上げも伸びたといいます。

SNS経由で多くのユーザーを自社サイトへ引っ張り、お買い物にまでもっていく流れは、まさしくデジタルマーケティングの正攻法です。
インターネット上での広告出稿もときに大きな利益を生み出しますが、必ずしも普遍的に当たるわけはありません。やはり大事なのは、適材適所で施策を打つこと。上述した外資系企業の場合、SNSを軸に据えたことが、勝負の分かれ目だったと思います。つまりは、デジタルマーケティングの戦略が優れていたということです。

ECサイトの成功事例をもう一つ挙げましょう。
ある企業では商品の販売促進のために広告展開を繰り広げていました。が、十分な予算をかけてメディアに掲載しているにも関わらず、売り上げは減少。苦悩の末、マーケティング戦略を根本から見直すことにします。そこで行ったことは、各施策とそれがもたらす効果の調査です。結果、施策にかけた費用と売り上げは比例しないことが判明。そのことを踏まえて予算の配分を調整し、また、新たにSNSマーケティングにも着手。さらには有料広告ではなくSEOへの注力など、これまで疎かにしてきたデジタルマーケティングを強化する方針に舵を切ったのです。
すると、思いのほか売り上げ、利益がアップ。気付けばSNSでのフォロワー数も増え、軒並み多くのワードで検索順位が上昇。一つのカテゴリに対してその企業が代名詞になるほどのブランディングにもつながります。
もちろん、たゆまぬ努力があってのこと。加えて、施策の時期や状況、環境など全体的に追い風が吹いていたのかもしれません。ただ一番の要因はおそらく、選択したデジタルマーケティングとの相性でしょう。そしてそこにチャンレンジしたことで結果的に花開いたといえます。
要するに、これまで試すことのなかった施策のなかに、この企業の成功の種が隠れていたわけです。

デジタルマーケティングの注意点

デジタルマーケティングの注意点

前述の通り、デジタルマーケティングによって恩恵を賜る例がみられる一方で、過剰に期待を寄せてしまい残念な結果に終わる方々がいらっしゃるのも事実です。
デジタルへの幻想とでもいいましょうか、デジタル施策を打てば無条件に成功するものだと思い込みまるで成果が生まれないケースが一定数見受けられます。
デジタルは完璧、万能、なかには魔法とさえ捉えている向きがあるのも決して大げさな例えではありません。仮に魔法だとしても、それなりに修業が必要です。魔法は努力せず習得できるものではありません。
と、軽口はさておき、やはりデジタルマーケティングには特性があります。そして、限界があります。AIですら本質的にヒトになるにはまだまだ途上です。おそらくこの先も相当時間が掛かると思われます(そもそもゴールは無いかもしれません)。

したがって、デジタルマーケティングとの付き合い方が大事です。
感情の機微、データでは測れないアクシデント、結局は一方向的なコミュニケーション……等々、超えられない(計り知れない)現実・真実が存在するなか、あくまで既存のやり方に対して効率化を図れるものとして機能する手段と考えた方がいいでしょう。
もちろん、そこから着想を得て、大きな収益につながることもあります。だからこそ、有益です。
ただし、闇雲に盲信してはいけません。ゼロからユーザーの本音を引き出すこと、顔色を察知すること、前提条件を覆すことなどはデジタルの力で及ぶものではないのです。
デジタル至上主義者になってしまっては、無駄なコストを費やす恐れもあるでしょう。

仮説を立て、ときに泥臭くユーザーの生の声を調査し、費用対効果が見込めそうだとある程度決め手となる材料を揃えたうえでデジタルマーケティングに着手するなど、段階を踏み、施策を実行することが結果的に功を奏すかもしれません。
いずれにせよ、思考停止は禁物。
着目するポイントを間違えないように慎重に構え判断することが大事です。

進化も限界もデジタルマーケティングには冷静な判断が必要!

進化も限界もデジタルマーケティングには冷静な判断が必要!

デジタルマーケティングは日進月歩の世界です。最新の手法は次々と開発されていきます。そうしたなか、次世代に期待されているのが人工知能の活用です。すでにAI搭載のデジタルマーケティングがいたるところで躍動している今、将来的にはその精度がより高くなることが望まれています。
莫大な量のデータと繊細なユーザー行動、その感情の機微を、自動的に抽出できる時代は、そう遠くないはずです。いずれにせよ、趨勢やトレンドには常にアンテナを張っていく必要があります。それゆえ、ビジネスシーンの先頭集団に乗り遅れないよう、日々インプットは怠らず、積極的にアウトプットしていく姿勢が大切です。

が、その進化を絶対的なものとして崇めることも危険だといえます。各施策ひいてはデジタルマーケティング全般の本質を理解せず、ただそこに依存してしまっては、成果が出ないときに袋小路へと陥ります。
なぜ、その施策を選択したのか。既存のビジネス戦略では賄えないものなのか。データの確からしさ、実際のユーザー心理との乖離はないのか。同じ結果であっても(ユーザーの)ポジティブな決断かネガティブな妥協か……。
挙げればキリがないとはいえ、考え得るあらゆるケースを自身に問いかけたうえで、舵を切ることが、結果的にリスクを回避する策にもなるでしょう。

つまるところ、デジタルマーケティングの理解を深めることがまず必要です。そのうえで、アドバンテージやメリットにつながるか否かの冷静な判断も求められます。
肝要なのは思考を放棄せず、柔軟に取り入れることです。その試行錯誤のなかで、活用方法のベストプラクティスが生まれるのではないかと筆者は考えます。

SHARE
FacebookTwitterLineHatenaShare

この記事を書いた人

ヒゴ
無知、無能、無粋、無才、無点法……。SEOやアクセス解析に腐心しつつも、それらはまるで逃げ水のように追いかけては遠く離れ、ようやく掴んだと思った矢先にはシビアな現実を突きつけられる有様です。あるいはライターとして名を連ねることに気後れしながら、日曜大工のスタンスで恣意的かつ箸にも棒にもかからない駄文をまき散らしています。隠し切れない底意地の悪さ。鼻持ちならない言い回し多数。どうかご容赦ください。

UPDATE 更新情報

  • ALL
  • ARTICLE
  • MOVIE
  • FEATURE
  • DOCUMENT