fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

SEOWeb制作
SEOライティングのコツとは?記事を書くポイントと必要な準備について
2019/07/20


Webサイトを運営するうえで、SEO対策はとても重要です。
どれだけ優れた内容のサイトであっても、検索で上位に表示されなければ、ユーザーの目にとまることはありません。
SEO対策によって検索順位を上げてこそ、ユーザーの目に留まるサイトとして運営していくことができます。
そのため、SEO対策の1つである「SEOライティング」の活用も欠かせないでしょう。
今回は、SEOライティングのために必要な準備や知識について解説します。

目次

SEOライティングとは何か

SEOは「Search Engine Optimization」の略称であり、「検索エンジン最適化」とも呼ばれます。
Webサイトが、検索エンジンにおいて上位に表示されるための取り組みです。
SEOライティングは、そうしたSEO対策の一種であり、検索上位に表示されるようサイト内の文章を工夫して執筆することを指します。
SEOライティングが一般的なライティングとは異なるのは、「検索エンジンの評価を意識するかどうか」にあります。
通常のライティングでは、意識するのはユーザーにとってのメリットです。
読みやすさや内容のわかりやすさ、内容の重要性など、読者にとって有益になるような文章の作成が求められます。
SEOライティングでは、それに加えて「検索エンジンの評価を高めること」を考えなければなりません。
そのためには、検索エンジンの仕組みを理解しておく必要があります。

検索エンジンのアルゴリズムを意識する

検索エンジンでは、検索ワードの含まれるサイトを抽出して表示する仕組みがあります。
このとき、検索されたサイトには順位がつけられ、順位が高いものほど検索結果の上位に表示されます。
つまり、検索エンジンから評価されるサイトほど、多くの人の目にとまりやすくなるのです。
検索エンジンには、検索ワードを含むサイトを闇雲に表示するのではなく、各サイトを評価する「アルゴリズム」が組み込まれています。
その仕組みを理解し、うまく検索上位に表示されるようにすることこそ、SEOのコツです。
ただし、検索エンジンのアルゴリズムは公開されているわけではないため、その仕組みを簡単に理解することはできません。

また、検索エンジンのアルゴリズムは運営側によって変更されることがあり、常に同じというわけでもないのです。
それでも、SEOのためのガイドラインについては公表されています。
ガイドラインに沿ったサイト作りをすることが、一番のSEO対策となるでしょう。

見出しタグをきちんと使う

サイトに文章を配置する場合、見出しタグを適切に利用するとSEO対策になります。
見出しタグとは、「h1」「h3」といったタグであり、本文を読みやすくするための見出しを設定するためのものです。
検索エンジンは、サイトの文章を「タイトル」「見出し」「本文」の順に内容を把握します。
サイト内のコンテンツについて、検索エンジンが適切な評価を下すためには、見出しタグを利用することが欠かせません。
見出しタグにはそれぞれ順番があります。
「h2」は「h3」よりも上位の見出しという位置づけです。
見出しは検索エンジンにとって、サイトを評価する重要な部分です。

そのため、見出しとなる文には、なるべくキーワードを入れるように心がけましょう。
ただし、見出しは本文の内容を端的に伝える役割があるため、本文と関係のないキーワードを無理に入れるのは逆効果です。
タイトルと見出し、そして本文がきちんと関連するように書くのがポイントになります。

導入文では効果的にキーワードを配置する

SEOライティングでは、導入文を書くことが推奨されています。
本文に入る前に、コンテンツ全体の概要について解説する導入文を配置することで、検索エンジンに対して「どのようなサイトなのか」を知らせることができるからです。
同時に導入文は、読んだユーザーに対してコンテンツを紹介する役割も担います。
そのため、導入文を書くうえで注意する点は、「キーワードを埋め込むこと」「コンテンツを要約すること」「ユーザーへのメリットを書くこと」の3点です。
SEO対策としてもっとも重要なのは、キーワードを入れることでしょう。
導入文では、なるべく冒頭部分にキーワードを置くほうが効果的です。

時期を見て「リライト」する

サイト内の文章は、書いたらそのまま放置してよいというわけではありません。
SEOを意識してライティングをしたとしても、必ずしも成果につながるとは限らないからです。
なかなか検索上位にならない場合には、文章を見直してリライトする必要があります。
ただし、SEOライティングによって検索エンジンから評価されるまでには少し時間がかかる場合があります。
時には1~2カ月ほど経ってから、急に検索上位に浮上するということもあるのです。
そのため、リライトを行うならページ更新から1~2カ月ほど間を置いたほうが良いでしょう。

また、SEO対策だけではなく、「情報の更新」が必要な場合もリライトすべきです。
古い内容の記事のまま放置しておくと、検索順位がどんどん下がっていく場合があります。
情報そのものが新しくなった場合は、書き換えを行ったり追記したりして、記事を更新するようにしましょう。
そうすれば、時間が経ったことで検索順位が下がった記事も、再び上位に浮上する可能性があります。
新しい記事だけが、SEOの対象というわけではありませんから、以前に書いた文章についても見直してみましょう。

実際に検索してみる

SEO対策では、「どのような検索で上位になりたいか」を意識する必要があります。
そのため、検索エンジンで実際にそれらのキーワードを使って検索を行ってみるべきです。
その結果を見て、「どのサイトが上位にいるか」「どのような内容の記事が人気なのか」を確認してみましょう。
これは競合分析であり、上位サイトで共通して使われている内容やワードを探すことが目的です。
検索上位における共通点は、SEOライティングでも利用すべきなので、しっかりとチェックしておきましょう。

また、実際に検索を活用することで、「ユーザーがどんなニーズを持っているのか」を発見する可能性もあります。
そこから記事のアイデアを広げれば、検索されやすいワードを拾ったり検索上位に浮上しやすいコンテンツを見つけたりできるケースもあります。
検索ニーズを発掘するというのは、継続して検索上位の記事を作り続けるうえではとても重要です。
検索エンジンから評価されるSEOライティングを目指す以上、実際に検索エンジンを利用するというのは不可欠でしょう。

ユーザーの知りたいことを書く

SEOライティングでもっとも大切なことは、「ユーザーの知りたい内容を書く」という点です。
当然だと感じるかもしれませんが、これを忘れるとSEOはうまくいきません。
なぜなら、検索エンジンのアルゴリズムは、「ユーザー視点」に近づくように改良されているからです。
以前のSEOでは、「人気ワードを盛り込む」といったもので成立していました。
しかし、検索エンジンの性能が上がるにつれ、そういった粗野な方法は通用しなくなっています。

だからこそ、SEOライティングではユーザーが求めるコンテンツを提供することに意識を向けるべきです。
「どういうキーワードが気になるのか」「どのような悩みを抱えているのか」という点を考え、それに応える内容を提供しましょう。
見出しや導入文の活用は、ユーザーに対して「こういうコンテンツがあります」とアピールするためでもあります。
単純なSEO対策ではなく、有益な情報をユーザーに届けるために、SEOを行うという意識が重要です。

SEOライティングで検索上位を狙おう!

どれほど優良なコンテンツがあっても、サイト自体が検索上位にならなければ、見てもらうことさえできないでしょう。
だからこそ、SEOについて学ぶことは必要です。
コンテンツ内容に関しても、SEOを意識したライティングを行うことで、より多くの人に読んでもらえるようになります。
「内容が良ければ評価される」という考え方から抜け出し、しっかりとサイトをアピールしていくことを考えましょう。
SEOライティングの効果的な活用は、そのための一歩になるはずです。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP