fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

Web制作事業ハウツー
ネイルサロンの売上はブランディングが鍵!4つの集客ポイントを解説
2019/04/02


売上を上げるためには、もっと技術力を高めなければ、そう考えているネイルサロンのオーナーも多いのではないでしょうか。
ネイルサロンが効果的に集客を行うためのポイントについて説明します。

目次

勘違い1:技術力が低いから集客できない

特に開業して間もない人、これから開業しようとしている人は、技術力があれば集客できると考えがちです。
そのため集客できないと、もっと技術力を高めなければと考えてしまうのです。
しかし、技術の上手い下手と売上はあまり関係がありません。

もちろん、お客様に満足してもらうためには一定レベル以上の技術力が必要ですが、技術力と売上はそのまま比例しないのです。
たとえば、行列ができているラーメン店で食事をして、「確かに美味しいけれど並ぶほどじゃないよね」と思ったことはないでしょうか。

行列ができている理由は味だけではなく、もっと別なところにもあります。
「行列ができていたから」「広告を見たから」「クーポン券をもらったから」など、味とはまったく関係のない理由で来店しているケースも多いのです。
ネイルサロンもまったく同じです。
繁盛店だからといって特別に技術力が高いわけではないでしょう。

そもそも、一度来店してもらわなければ、技術力が高いのか低いのかさえわかりません。
たくさんのお客様に来店してもらうためには、技術力ではなく集客力を高めることが必要です。

勘違い2:料金が高いから集客できない

料金が高いから集客できないというのも、ありがちな勘違いです。
その結果、集客できないと価格を下げてしまうのです。
一度も来店したことのないお客様からすると、値下げした価格が本当にお得な価格なのかどうかも判断できません。
なかには、安かろう悪かろうのイメージを持つ人もいるでしょう。
そのため、価格を下げたからといって、すぐに来店客が増えるようなことはないのです。

集客できないうえに価格を下げたのでは、利益はどんどん減ってしまいます。
結果的に自分で自分の首を絞めることにもなりかねません。

また、価格を下げると、価格重視のお客様が集まりがちです。
そういうお客様は、他にもっと安いネイルサロンがあればすぐそちらに行ってしまうでしょう。
料金を下げるということは、自分の技術を安売りすることです。
経営を軌道に乗せ、安定経営につなげるためには、少しでも高く売る工夫をするのが大切です。

勘違い3:場所が悪いから集客できない

場所が悪いから集客できない、特に自宅で開業した人はそう考えがちです。
これも大きな勘違いです。
確かに、繁華街や人通りの多い場所など集客に有利な場所はあります。
しかし、その場所で開業している人は大きな対価を支払っているのです。
保証金や礼金などの初期投資はもちろん、毎月高額な家賃を支払わなければなりません。

その固定費を支払うだけでも、多くのお客様の来店が必要になるでしょう。
また、どのような業種であっても、場所にかかわらず繁盛しているお店はたくさんあります。
立地の悪い店舗であっても、お店の存在や魅力をきちんと知ってもらうことができれば、予約でいっぱいのネイルサロンにすることができます。
集客できないのを場所のせいにするのではなく、どうしたらサロンまで足を運んでもらえるのかを考えましょう。

集客ポイント1:独自の売りを作る

他店ではなく、自分のネイルサロンに来店してもらうためには、「あなたは当店に来店すべきです。なぜなら~」と、その理由を説明する必要があります。
この理由になるのが、サロン独自の売りです。
サロン独自の売りを作ることができれば、それをアピールして効果的に集客することができるでしょう。

サロン独自の売りを作るためには、スタッフとサロンの棚卸しをしてみましょう。
まず、スタッフの経験や実績、資格、技術、得意なこと、苦手なこと、性格などを書き出してみます。

また、サロンについても同様に、施術の特徴、場所、設備、雰囲気など、思いつくことをすべてピックアップします。
これらを並べて俯瞰すると、自店ならではの強みが見えてくるでしょう。
その強みを明確にして、一言で言い表せるようにすると、サロン独自の売りになります。
たとえば、「駅から遠くても来店する価値のあるフェミニンフレンチ」「深爪矯正をしたいなら実績○○件の当サロンへ」のように独自の売りをアピールすれば、自店の魅力をわかりやすく伝えることができます。

集客ポイント2:ターゲットを絞り込む

独自の売りが明確になると、それに伴ってターゲットも絞られてくるでしょう。
たとえば、アート系のデザインを売りにするのと、深爪矯正を売りにするのとでは、ターゲットが大きく違ってきます。
ターゲットを絞り込むためには、自店独自の売りはどのような人の胸に響くのかを考えることが大切です。
そのためにおすすめの方法として、ペルソナの設定があります。
ペルソナとは自店にとっての理想の顧客像のことで、本当に実在する人間のように詳細に設定するのがポイントです。

たとえば、「32歳の独身女性で杉並区の賃貸マンションに一人住まい、新宿のアパレルメーカーに勤務しており年収は800万円、月に2回ネイルサロンに通っており、落ち着きのあるフレンチが好み」のように設定します。
さらに、ペルソナに名前をつけたり、顔写真を作ったりすると、よりリアルにイメージできるようになるでしょう。

ペルソナを設定すると、どのようなメッセージを発信すれば興味を持ってもらえるのか、来店につなげられるのかもみえてきます。
ターゲットの胸に響くアプローチができるようになるので、集客に効果的です。

集客ポイント3:Webで集客する

独自の売りや発信すべきメッセージが明確になったら、それをできるだけたくさんの人に知ってもらわなければなりません。そのために効果的なのがホームページです。
ホームページでは、メニューやデザインよりも、まず独自の売りをアピールして、来店するとどのようなメリットがあるのかを伝えることが大切になります。
そのうえで、「素敵なデザイン、どこでやってるのといつも聞かれます」「使っている材料がいいから品を感じます」のように、実際に利用したお客様の声を掲載するのがおすすめです。

ホームページを見た人は、自分が施術を受ける姿をよりイメージしやすくなるので、来店意欲を高めることができます。
また、Webで集客するためにはブログの活用も欠かせません。
デザインを選ぶ際のポイント、自宅でのお手入れ法など、ターゲットにとって役立つ情報をブログに投稿していけば、読んでくれるファンも増えてきます。
「いつも役立つ情報がもらえる」「このサロンは信頼できそう」と思ってもらうことができるので、集客にもつながりやすくなります。

集客ポイント4:再来店を促進する仕組みを作る

来店客を増やそうとすると、どうしても既存客よりも新規客に意識がいきがちです。
しかし、ネイルサロンでは再来店率をどう高めるかが、集客の大きなポイントになります。
新規客を1人獲得するためのコストは、既存客に再来店してもらうのに比べて何倍ものコストがかかるともいわれています。
既存のお客様は、お店や施術内容をすでに知っているので、簡単なアプローチでも来店を促すことが可能です。
しかし、新規のお客様はサロンについて何の情報も持ち合わせていないため、一から説明しなければなりません。

新規顧客を獲得するには、手間とコストがかかるのです。
そのため、来店客数を増やすためには、再来店率や来店頻度を高めるのが重要になります。
会計時に次回の予約をしてもらう、次回使えるクーポン券を渡す、スタンプカードを作る、などの施策を行うとリピート率を高めるのに効果的です。

またLINE@を利用した再来店促進もおすすめの方法です。
来店したお客様に友達登録してもらえば、直接つながることができます。
問い合わせや予約など一対一のコミュニケーションはもちろん、クーポンやお得情報などを一斉配信できるので、集客に役立てることができます。

独自の売りをアピールして集客につなげよう!

ターゲットの胸に響く独自の売りを作れば、数多くあるネイルサロンのなかから、自店を選んでもらえるようになります。
わかりやすい独自の売りを作るためには、お客様にどのようなメリットを提供できるのかをしっかりと考えるのがポイントです。

独自の売りをアピールして集客につなげていきましょう。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP