fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

Web制作事業ハウツー
外壁塗装のWeb集客|チラシ訪問営業に頼らず見込み客を集める
2019/03/07

光が広がる形に塗られたオレンジ色の塗装
外壁塗装の集客法というと、チラシのポスティングや訪問営業が主流ですが、反応が落ちてきたと感じたことはありませんか?

この記事では、インターネットを活用した効果的な集客方法について紹介します。

目次

反応が落ちてきた外壁塗装のチラシのポスティング

集合住宅のポストにポスティングされたチラシ

チラシのポスティングには、エリアを細かくセグメントできる、比較的低コストで行えるなどのメリットがあります。

そのため、チラシのポスティングを集客のために活用している外壁塗装会社も多いのではないでしょうか。

チラシポスティングの反応が落ちてきた理由

インターネットやスマホが普及したことによって、消費者の購買行動は大きく変わってきました。
欲しい情報があれば、いつでも簡単に探すことができるため、売り手側からの一方的な営業は敬遠される傾向が強くなっています。

以前であれば、貴重な情報源であったチラシも興味を持たれにくくなっています。

多くのユーザーは、「そろそろ外壁塗装しなきゃ」「外壁のヒビが気になる」と思ったときに、まずインターネットで検索するでしょう。

Webを使って、信頼できる業者や価格に関する情報を集めるのです。

これからの外壁塗装の集客にはWebサイトが必須

チラシのポスティングや、訪問営業の効率が落ちてきているなか、重要になってくるのがWebを活用した集客法です。

もし、ユーザーが検索した際に、自社のWebサイトが真っ先に表示されたらどうでしょう。

問い合わせや見積り依頼につながる可能性の高いことが容易に想像することが出来ますよね。そのため、外壁塗装会社もWebを使った集客法を展開していく必要があるのです。

外壁塗装のWeb集客法7選

外壁塗装会社がWebから集客するための手法を7つご紹介します。

Web集客法1:自社サイト

自社サイトは、Web集客を行う際のベース基地ともいえるものです。検索エンジンやSNSから誘導して、問い合わせや見積り依頼を受け付ける窓口になります。

多くのユーザーは、外壁塗装工事会社のサイトを見て信頼できる会社かどうかを判断します。それだけに、自社サイトを充実させることが大切です。

その際に、気をつけなければならないのが、ユーザーが本当に求めている情報が掲載されているかということです。企業側が伝えたい内容を掲載しただけでは、ユーザーの興味を引くことができません。

自社サイトに必要となるコンテンツ例
・塗装工事の内容
・塗料の種類
・価格
・耐用年数
・工事期間
・工事後のフォロー

上記のような、ユーザーが疑問に思いそうなことに対して、丁寧に答えることがポイントです。

いきなり問い合わせや見積り依頼といっても、ユーザーからすると敷居が高いものです。無料相談や塗装工事に失敗しないためのノウハウ集プレゼントなど、ユーザーがアクションしやすい仕組みを作ると、見込み客を集めやすくなるでしょう。

また、検索エンジン経由でくるユーザーは見込み度が高いと考えられるので、地域名や最寄り駅名などと組み合わせたキーワードでSEOを行い、検索結果に上位表示させることが重要になります。

Web集客法2:オウンドメディア

オウンドメディアとは自社が持つ媒体のことで、ブログやメールマガジン、広報誌、ニュースレターなどのことを指します。

外壁塗装会社が効果的にWeb集客するためのオウンドメディアとして、代表的なものがブログになります。

外壁塗装会社がブログを利用するメリット
自社サイトを制作しても、こまめに情報発信するのは難しいでしょう。そこで、自社サイト内にブログを設置して、記事を書き込んでいくのが効果的です。

売り込むための情報ではなく、「失敗しない塗装業者の選び方」「塗料と耐用年数の関係」「色を選ぶ際のポイント」など、ユーザーの視点に立った情報を提供することがポイントです。

ブログを通じて、外壁工事を考えているユーザーにとって有益な情報を継続的に発信していくことで信頼を得ることができます。

ユーザーが求めている情報を発信すれば、「この会社なら信頼できそう」「この業者に依頼したい」と思ってもらえるようになるのです。

また、ブログに記事を書き込んでいくと、サイト内のコンテンツが蓄積されて充実していくというメリットもあります。

Googleなどの検索エンジンは、サイトを評価するうえでコンテンツの量と質を重視しますので、高いSEO効果も期待できます。

(参考)
見込み客が集まる!育つ!オウンドメディアの成功事例を徹底解説

Web集客法3:ポータルサイト

外壁塗装工事は比較的地域性の高いビジネスですが、インターネットにはエリアを絞って業者を探せるポータルサイトがあります。

ポータルサイトは無料で利用でき、掲載すると地域名や駅名でそのエリアにある塗装会社を検索できるので、ユーザーに見つけてもらいやすくなるというメリットがあります。

無料であっても自社サイトと同様の情報量を掲載できるので、塗装工事に関する情報やビフォー・アフターの写真などを掲載することも可能です。

ポータルサイトには、口コミが掲載できるようになっているので、実際に塗装工事をしたお客様の口コミを見た人の相談や見積り依頼も期待できます。

(外壁塗装のポータルサイト例)
外壁塗装に関する総合ポータルサイト|TEPPEKI

Web集客法4:Googleマイビジネスへの登録

Googleマイビジネスは、Googleが企業向けに始めた集客サービスで、会社の名前や住所、電話番号、マップ、写真、紹介文、Webサイトなどを掲載することが可能です。

Googleマイビジネスに登録してあると、Googleで検索された際に登録した写真や紹介文が目立つ場所に表示されます。

Googleマイビジネスに登録していない塗装会社とは表示のされ方が異なりますので、クリックされる可能性も大きく高まります。

Googleマイビジネス

Web集客法5:SNS

検索エンジンではなく、SNSで情報を探すユーザーも増えており、Webで集客するにあたってSNSは見逃せないものになっています。

SNSには、それぞれの特性がありますので、それを踏まえて利用するのがポイントです。

Facebook
Facebookは実名登録が原則のため情報の信頼性が高いのが特徴です。ビジネスでの利用も多く、他のSNSと比べると年齢層が高い傾向があります。

他のSNSにはない機能として、キャンペーンやイベントの設定をし、集客する機能があったり、アンケート取ったりすることも可能です。

Twitter
Twitterの特徴は、情報がアップされる速さと、強い拡散力です。話題性のある情報、おもしろい情報は一斉にリツイートされ、爆発的に拡散される可能性があります。

ただし、Facebookとは違って匿名で投稿できるので、情報への信頼性はやや低いという側面もあります。また、140文字までという制限があるため、キャンペーン情報などを詳しくアピールできないこともデメリットです。

インスタグラム
外壁塗装をした方の口コミや写真を見たいというユーザーに対して、外壁塗装のビフォーアフターや、工事中の様子を画像で上げることで、アプローチが可能です。

基本的にインスタは画像中心のSNSになるので、文章による説明やPRには不向きです。

YouTube
YouTubeで動画を配信するのも効果的なWeb集客法です。外壁塗装工事に関するノウハウやビフォー・アフターなどの映像を公開して自社サイトに誘導できます。

YouTubeの動画は、Googleで検索した際に検索結果に表示されるので、アクセス増の効果も期待できます。

SNSによる集客のポイント
SNSで情報発信する際にはハッシュタグの活用がポイントです。

たとえば「#外壁塗装工事」「#会社名」「#地域名」のようなハッシュタグをつけると、ユーザーに見つけてもらいやすくなります。また、SNSでは古い情報は埋もれてしまいがちなので、継続して情報発信することが大切です。

Web集客法6:一括見積りサイト

一括見積りサイトとは、外壁塗装工事をしたい人が必要な情報を入力すると、数社からの見積りが一度に取れるというサービスです。

メリット
・営業活動をしなくても見込み客を紹介してもらえる

一括見積りサイトに登録すると、営業活動をしなくても見込み客を紹介してもらえるというのが大きなメリットになります。

また、一括見積りサイトを利用するユーザーからすると、業者を探す手間が省けるうえ、複数の業者の見積りを取る際に、1社ずつ説明を受けずに概算見積りを取って比較検討できるという点が大きなメリットです。

デメリット
・コストがかかる(登録料、手数料、紹介料など)
・価格競争に陥りやすく、利益率が低くなりがち

一括見積りサイトを利用するためには費用が必要です。見積り案件の紹介料や成約した場合の手数料が必要になりますし、最初の登録料や月会費が必要な一括見積りサイトもあります。

また、最初から競合案件なので、どうしても価格競争に陥りやすいという側面があるのもデメリットといえるでしょう。

価格競争をしたうえに、手数料も発生するので、利益率が低くなりがちな傾向もあります。どの一括見積りサイトに登録するかによって、紹介してもらえる案件の数が違ってきますので、慎重に検討することが大切です。

Web集客法7:リスティング広告

ユーザーがgoogleやyahoo!などの検索エンジンで検索したときに、検索結果に表示される広告です。1クリックに対して料金が発生する仕組みになります。

広告になるので、当然広告費は発生しますが、見込み客がどのようなキーワードで検索するかを考えて出稿することで、高い効果を得られるのがリスティング広告の特徴です。

また、広告を開始すれば、すぐに検索結果の目立つ部分に表示されるようになるため、即効性のある集客方法になります。

ただし、同一キーワードで競合が多い場合は、1クリックあたりの価格が高くなってしまうこと。また、自社のWEBサイトへアクセスを集め、問い合わせや見積もりにつなげることになるので、しっかりとした自社のホームページが必要になります。

戦略的にWeb集客を進めよう!

パソコンの前でスマートフォンを見る女性

Web集客は、外壁塗装工事の見込み客を集めるために効果的な方法ですが、ただ自社サイトを開設してSNSを始めたからといって集客できるわけではありません。

それぞれの方法の特性を踏まえながら、誰にどんなメッセージを届けるのかを明確にし、戦略的に進めるのが大切です。

顧客視点に立って、ユーザーが求めている情報を提供し、集客につなげていきましょう。

ホームページ制作、集客でお困りでしたら、
弊社の無料相談をご利用下さい。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP