fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

事業ハウツー
工務店の集客はWebとリアルの両方から!効果の高い集客方法8選
2019/01/10


これまで、工務店の集客を、既存顧客や知り合いの紹介だけに頼ってきたけれど、年々顧客が減ってきている…、と悩んではいませんか?安さや規模の大きさで勝負するハウスメーカーが存在感を増すなか、自社を知ってもらうためには、積極的な集客活動をしていく必要があります。

ここでは「これまで簡単な集客をしたけれど効果がなかった」「そもそも集客の方法がわからない」といった悩みを解消するために、工務店が今すぐ取り組める8つの集客方法を紹介します。

目次

工務店はWebとリアルの両方から集客することを考える

地域密着型の工務店では、お客様は主に半径50km圏内くらいの地元の人であることが多いのではないでしょうか。そのためチラシや看板などのリアルでの集客は、自社の工務店を知ってもらうという意味では効果的です。

しかし、ネット検索が主流となってきているため、今はこれだけでは不十分といえます。

工務店のターゲット層である30代前後の若者は、インターネットで多くの情報を集め、事前に比較を済ませたうえで店舗に向かうことがほとんどです。そのためリアルでの集客はもちろん、インターネットを利用して幅広い人たちに自社の強みや雰囲気を知ってもらうことが大切といえます。

リアルとWEBの両方から集客を考えることで、意外なところから顧客をキャッチできる可能性が高まります。

効果の高い工務店の集客方法8選

顧客のファン化をあらわした画像

集客に力を入れるといっても、普段の業務に手一杯で時間がなかったり、資金面に余裕がなかったりする人もいるでしょう。しかし、待っていてもお客様は勝手に訪れてはくれません。

まずは集客方法にはどのようなものがあるかを知り、手軽にはじめられる方法から試してみましょう。リアルでの方法3つ、WEBでの方法5つを紹介します。

1、折り込みチラシ・ポスティング

主に地元の人がターゲットとなる工務店は、新聞の折り込みチラシやポスティングといった集客法は特に効果的です。

インターネットでは届きにくい層、例えばリフォームを考えている地域のお年寄りの目に止まれば、ちょっと相談してみようかなと思ってもらえる確率も高まります。

チラシは今や無料アプリなどを使って簡単に作成できます。今すぐデザインをして原本を印刷し、近くの新聞販売店に持ち込んだり、時間に余裕があれば自分で配ったりしてもいいでしょう。工務店の場合、施工例の写真を載せて具体的なイメージが湧きやすいようにすると効果的です。

また、場所を記載する際は住所だけでなく、地図を載せることで具体的な場所を想像してもらいやすくなります。

折り込みチラシにする場合、気になるのは費用のことです。1枚あたりの費用は紙の大きさや地域によっても変わってきます。相場はだいたい2円〜4円と考えるといいでしょう。具体的に知りたい場合は近くの新聞販売店や印刷業者に問い合わせると、詳しいことが聞くことが出来ます。

2、完成見学会、内覧会

家はほとんどの人にとって一生に一度の大きな買い物です。誰しも失敗したくないですし、最高のものを建てたいと思っているはずです。そこで工務店を選ぶ際に決め手となるのが、実際にその工務店が建てた家を自分の目で見ることでしょう。

大手のようにモデルハウスを建てなくても、完成見学会や建築現場を見学してもらうことにより、見込み客とコミュニケーションをとる場が設けられます。自社の強みをアピールするだけでなく、家を建てたいと思う人がどんなものを求めているかを知るいい機会になるでしょう。

実際に誰かが住むことを前提に建てられた家は、モデルハウスとは違い現実味があります。多額の費用をかけなくても、完成したものを見てもらうほうがむしろ参考になるのです。

3、看板広告

電車の駅構内やバス停、大通りに面した場所などに看板を設置するという手もあります。毎日通勤などで目にしていると、知らず知らずのうちに親近感を覚えてしまうものです。

まずは大きな看板で知ってもらうことからはじめ、そこへ自社のホームページやSNSのアクセス方法などを載せておくことで、興味を持った人に詳しく知ってもらうことができます。

看板設置の費用は、どこに設置するのか、どのくらいの大きさで設置するのかによってかなり変わってきます。自分の敷地内であれば費用はさほどかかりませんが、駅などの人通りの多い場所では、当然ですが許可を得ることと設置料が必要です。

工務店の場合、今まさに新築やリフォームを検討している人は少なく、長期的な見込み客を育成するほうが重要と考えられます。そのため、事務所の近くに設置して場所を案内するよりは、人通りの多い場所に設置して存在を知ってもらうほうが効率的といえるでしょう。

4、ホームーページ制作

事前にインターネットで情報を収集し、比較、検討を済ませてから工務店に行くというパターンが多いので、ホームページの作成は必須となります。ホームページがなければ比較の対象にすらならず、見向きもされない可能性があるからです。

ホームページは会社のイメージを大きく左右するものでもあるため、見やすさはもちろん、頻繁に更新されていることも大切になります。

すでにホームページがある場合も、自社のイメージに適したデザインであるか、特徴や強みが分かりやすくアピール出来ているかを、一度見直してみましょう。また、現在進行形で営業している感じを演出することも、問い合わせを増やすために重要になってきます。

スマホで見られることを前提に制作する
ホームページを作るときに一番頭に入れておきたいのが、スマホで見たときにどう見えるかです。
ホームページ制作会社に依頼する際に、パソコンでの見え方を重視してしまいがちになりますが、実際にはスマホでどう表示されているのかの方が、圧倒的に重要になります。

高い費用を払ったからといって必ずしも集客に役立つホームページになるとは限らないため、信頼できる業者を選ぶことは非常に大切です。

5、ブログ

先ほど、頻繁に更新されていることがホームページにおいては重要だと述べましたが、更新するにあたって一番効率的なのがブログを書くことです。

ブログを書けば会社の雰囲気も伝わりやすくなり親近感が湧きますし、営業中だとアピールすることもできます。

また、これから家を建てようと思っている人や、リフォームを検討している人に対して、役立つ情報を発信することで、検索エンジンからの評価が高くなり、GoogleやYahoo!で上位に表示される可能性を高めることも出来ます。

そのほか、工務店の場合は地域性も重要となるため、営業エリアに住む人々が知りたいような情報をブログで発信するのも効果的です。

ブログは無料で登録して利用できるものも多いですが、ビジネスとして活用するなら、自社ホームページ内にブログを設置して、更新できるようにしましょう。

自社ホームページ内にあることで、お問い合わせもスムーズに行えるため、集客にとって大きくプラスとなります。

6、SNS

ホームページの作成と合わせて活用したいのがSNSです。

Instagramに写真を載せたり、自社の工務店のFacebookページを作成することで、集客につなげることが出来ます。

これから家を建てたり、リフォームを考えている人が注目するような、施工事例や施主の体験談などを、ブログ記事と合わせてSNSでも発信していくことで、より多くの人に注目してもらえるようになります。

7、ポータルサイトへの登録

注文住宅やリフォームの施工をしている工務店に特化したポータルサイトに登録することで、知名度を高められたり、集客につなげることが出来ます。また、大手のサイトから紹介されていることで、ユーザーに対しての信頼感の獲得にもなります。

有名なところではLIFULL HOME’SやSUUMOなどですね。

気になる費用ですが、ポータルサイトの場合は定額型と成果型とがあり、自社の情報を載せるだけで費用がかかるものもあれば、問合せや売上が発生した時点で費用がかかるものもあります。また登録料も大切ですが、費用対効果を考えることも重要です。

特にサイトのアクセス数はいかに成果につながるかの大きな指標となるため、事前にしっかり聞いておきましょう。ポータルサイトに載せる場合は当然ながら、自社のホームページがあることが前提なので、ない場合はまずホームページを作ることが先決です。

8、ネット広告の利用

定期的にブログを更新する時間が取れない場合や、検索からの集客がうまくいっていないときなどは、ネット広告での集客も視野に入れてみましょう。

工務店の場合は地元のユーザーに絞って広告を出せばいいので、Facebook広告やリスティング広告が、費用対効果が高いでしょう。

特にFacebookは住んでいる地域や年齢などの個人情報に合わせた広告が出るようになっているため、非常に効率よく集客が可能となります。費用も他に比べると安く、操作も難しくないので、取り組みやすい集客方法といえるでしょう。

地域顧客を工務店に集客するためにWebとリアルを活用しよう

集客方法にはさまざまな方法がありますが、日々の業務をこなしながらできることには限度があります。まずは今すぐできる簡単かつ効果が見込める方法を試してみましょう。

特にこれからの時代は、WEBでの集客にいかに力を入れるかが鍵となります。地域のターゲット層に刺さるようなホームページの作成やSNSの活用で、これからの時代の流れに沿った集客を目指していくことが大切です。

ホームページ制作、集客でお困りでしたら、
弊社の無料相談をご利用下さい。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP