fbpx

As Best Creative, Do Everything For a Goal…

Blog 社員ブログ

BLOG

社員ブログ

SNSWeb制作事業ハウツー
教育・スクール業界で生き残る!少子化時代を乗り切る5つのWeb活用方法
2019/03/10

倒れるドミノを止める男性の手
少子化などの背景もあり、教育・スクール業界を取り巻く環境は、ますます厳しいものとなっています。この記事では、学習塾や英会話教室など中小スクール業が生き残るためのポイントについて紹介します。

目次

スクール業界の現状

学習塾や英会話教室、資格スクールなどの倒産件数は2015年以降3年連続で増加しており、リーマンショック直後を超える勢いです。少子化の影響で競争が激化するなか、大手企業は売り上げを伸ばしており、中小スクールが淘汰される形で倒産に追い込まれています。総務省統計局の人口推計によると、2018年の15歳未満の子どもの数は1533万人となっています。2017年に比べると17万人減少しており、減少は37年連続となっているのです。

しかし、学校外教育費の支出割合は増加傾向にあるため、生徒を獲得できれば、売り上げを伸ばすことができます。中小スクールが大手に負けずに、効率的に生徒を獲得するための方法を紹介します。

1:Webサイトの構築

パソコンでWebサイトを閲覧する男性

子どもに通わせたい学習塾や自分が行きたい英会話教室を探すにあたっては、スマホなどを使ってWebで情報を集めるのが一般的です。たとえば、チラシを折り込んだような場合でも、チラシをみて気になったユーザーは、インターネットでより詳しい情報を求めようとします。そのため、中小スクールにとってWebサイトは必須といえるでしょう。Webサイトであれば、チラシとは違って掲載できる情報量に制限がありません。

自スクールならではの教育法や生徒への思いなどを、詳細に説明することができます。Webサイトには、問い合わせや体験学習などにスムーズに誘導できるというメリットもあります。問い合わせフォームや申込みフォームを設置すれば、高い集客効果が期待できるでしょう。Webサイトを構築する際は、WordPressなどのCMSを利用するのがおすすめです。WordPressであれば、管理画面上でページの作成や更新が簡単に行えるので、ホームページに関するスキルがなくても問題ありません。

自分で情報発信ができるようになるので、キャンペーン案内などもタイムリーに行うことができます。デザインテンプレートであるテーマも豊富なので、スマホ対応のレスポンシブデザインにすることも可能です。また、WordPressはSEOに強いという特徴もあります。「地域名+学習塾」などのキーワードで検索された際に、上位表示される可能性も高まるので、生徒獲得に効果的です。

2:SNSの活用

スマートフォンを見る女子高校生

LINEでコミュニケーションをとる母親やTwitterで情報を探す若者が増えているなか、中小スクールにとってSNSの活用は見逃せないものになっています。SNSの活用法としては、まずFacebookでスクールのページを作るのがおすすめです。Facebookページは無料で利用でき、ブラウザから簡単に記事を投稿できます。ページにボタンを設置して、そのまま問い合わせや申込みに誘導することも可能です。

教育メソッドのアピールやイベントの案内などを告知するのに、最適な媒体といえるでしょう。Facebookは実名登録が原則なため、情報への信頼度が高いという特徴があります。「いいね!」をしてもらうことで、コミュニケーションの輪が広がり、スクールの認知度を高めるためにも効果的です。LINE@は情報発信やコミュニケーションを深めるのに効果的なツールです。

見込み客に友達登録してもらうことができれば、一対一でコミュニケーションできるだけでなく、イベント情報やキャンペーン情報を一斉配信することができます。情報を受け取ったユーザーは、そのままLINEで知人・友人に知らせる可能性も高いので、拡散される効果も期待できます。Twitterの魅力は拡散性の高さです。話題性の高い情報や面白い情報であれば、爆発的に広まる可能性も期待できます。ただし、古い情報は埋もれてしまいがちなので、こまめに情報発信を続けるのがポイントです。

3:動画マーケティング

ちょっとした空き時間を利用してスマホで動画を視聴するのも、あたりまえの時代になってきました。そのため、動画を使ったマーケティングも生徒獲得のためには、効果的な方法です。動画は短時間で大量の情報を届けることができます。動画を使えば、テキストや写真だけでは伝えきれない微妙なニュアンスやその場の雰囲気までも伝えることができるのです。しかも、視覚と聴覚の両方に訴えかけるので、記憶に残りやすいというメリットもあります。

たとえば、授業風景を撮影すればその場の熱気までも伝えられますし、授業を撮影してネット上の体験学習に利用することも可能です。Webサイトへの掲載はもちろんですが、YouTubeにアップロードすれば、たくさんの人に視聴してもらえ、拡散される効果も期待できるでしょう。また、YouTubeに掲載すると、Googleでの検索結果に表示されやすいという特徴もあります。

動画マーケティングを行う際には、どれだけスムーズにWebサイトに誘導できるかがポイントになります。「成績を上げるためのポイント集プレゼント」「合格虎の巻プレゼント」のような仕組みを作って動画からWebサイトに誘導すれば、高い集客効果が期待できるでしょう。動画撮影というと、大きなコストが必要になると考える人がいるかもしれませんが、デジカメやスマホで撮影した動画を利用すれば、コストを抑えて動画マーケティングを行うことが可能です。

4:限定キャンペーン

ホワイトボードで割り算を教える男性と学習する小学生

体験学習や季節ごとの講習会、模試などのイベントをうまく活用すると、集客に役立てることができます。ユーザーは、入校したいと思っても、いざ行動に移そうとなると敷居が高いものです。「授業内容はわかりやすいだろうか」「自分に続けられるだろうか」などの不安を抱えています。そのため、その不安をできるだけ取り除いてあげることが重要なポイントになります。不安を取り除くために効果的なのが、無料体験学習です。

無料体験学習に参加してもらうことができれば、見込み客とつながりができますし、その後のアプローチを工夫すれば、高い割合での入校が期待できます。ただし、いつでも申し込める無料体験学習であれば、「次の機会にしよう」となりがちです。常時、無料体験学習を行っているスクールであっても、期間や募集定員を限定してキャンペーンを実施しましょう。人は誰でも期間や人数が限定されていると、行動に移しやすくなるものです。それをWebサイトやSNSで告知すると、「すぐに申し込まなくちゃ」と思ってもらえるようになるので、集客につながりやすくなります。

5:口コミの促進

会話をする3人の女性

人は誰でも、友人や知人の口コミを重要視します。「あそこのラーメン屋が美味しい」などと聞くと、ついつい行きたくなってしまうのもそのためです。中小スクールにも、これがあてはまります。生徒獲得のために口コミほど効果のある集客方法はないでしょう。しかし、ただ待っていれば、誰かが積極的に口コミしてくれるというわけではありません。そのため、積極的に口コミされる仕組みを作るのがポイントです。まず、誰が口コミしてくれるのかを考えましょう。学習塾などでは、生徒本人ではなく、母親の口コミの影響が大きい場合もあります。

口コミされやすくするためには、口コミしてくれる人に、口コミしてもらうためのキャッチフレーズを伝えるのがポイントです。たとえば、「志望校合格率98%の学習塾です」と積極的にアピールすれば、それを耳にした人は「あそこは志望校合格率98%の学習塾なの」と口コミする可能性が高くなります。また、紹介プログラムを企画してチラシなどを配布すれば、それが口コミを促進させるツールになります。魅力的なインセンティブなどを用意すれば、紹介での生徒獲得も期待できるでしょう。

中小スクールだからこその魅力をアピールしよう!

中小スクールに何の特徴もなければ、大手より見劣りしてしまうだけです。しかし、独自の教育メソッドや授業内容、講師のキャラクターなどをアピールすれば、中小だからこその魅力が際立ってきます。

WebサイトやSNSで中小スクールならではの魅力をアピールして、生徒獲得につなげていきましょう。

SHARE

PLEASE CONTACT US

Web制作、SEO、各種デザイン制作など、集客についてお困りのことがあれば、
いつでも下記のボタンからお問い合わせください。

Go to TOP
Go to TOP